球根栽培法。

季節はすでに冬というべきですが、まだその名残りがあるうちに、秋咲き球根の花をいくつか。
今年のような残暑のあとは、なかなか目覚めてこない地中の姫たちにやきもきさせられますが、
ご機嫌麗しう花を咲かせ終えた彼女たち、いまは大半が元気に葉を茂らせています。
なので少し前に撮った写真から、まずはこちら。



IMG_5680S_20111125221353.jpg

IMG_5681S_20111125221407.jpg
                 Haemanthus humilis ssp.hirsutus


ハエマンサス・ヒルスタス(Haemanthus humilis ssp.hirsutus)。
ヒガンバナ科。この属の中でも変わり種で、白い花、うぶ毛に包まれた葉が目を惹きます。
基本種のssp.humilisは、このうぶ毛がないか、ごく少ないタイプを指すようです。
しばしば夏成長型とされている種ですが、我が家では秋から春に成長しています。
この写真は9月半ばに撮影したもので、この時点では葉がありませんが、いまは展開中。
おそらく、我が家では夏に水を切るからで、水をやれば夏場も葉が出るのではないかと。
リトープスなどでも、夏型とされるもの(曲玉など)がありますが、他の種と一緒に秋~春に
動かすことが可能なのと、似たような感じでしょうか。



IMG_5685S.jpg



この株は、十年ほどまえに南アから自分で輸入したものですが、毎年花を咲かせてくれます。
ですが、球根の径はなかなか大きくならず、実生からの育成したら開花までかなり時間がかかりそうです。
この仲間は葉っぱと花が一緒に出ないので、花だけの紹介になりましたが、葉姿もなかなか美しいものです。

続いては・・・



IMG_7325S.jpg

IMG_7327S.jpg
                  Eucomis undulata


パイナップルリリー。最近は鉢花として町の園芸店でも見かけますね。
これはEucomis undulataとして、上のハエマンサスと同じときに輸入したもの。
とても丈夫で、植えっぱなし、放りっぱなしでも枯れずに生き残っていますが、植え替えないと
花が咲かなくなるようで、ここ数年咲きませんでした。去年はちゃんと植え替えてあげたので、応えてくれたわけです。
いかにも変わった形の花ですが、葉っぱは地味なので、咲いてくれないとつまらない。



IMG_7334S.jpg



白花や、多少カラフルな花色の種類もあるようですが、私はこの緑色のヒヤシンスみたいなタイプが好き。
花の奇天烈な形態がより際立つような気がするのです。

最後は、目にも鮮やかなこちら。



IMG_7786S.jpg

IMG_7774S.jpg
                 Nerine sarniensis cv.'Osyo'


ダイアモンドリリーとも呼ばれるネリネ(Nerine)。輝く色彩を引き立たせたくて黒バックで撮影しました。
実はネリネの栽培はあまり経験がありません。この株は、拙ブログにも遊びにきてくださる某大家から
去年戴いたもので、「王将」と名づけられた園芸改良種。その方が育種実生されたものだと思います。
原種のなかでも鮮やかな赤花を咲かせるsarniensisをベースにした改良種ということですが、
とにかく強烈な赤なんです。クラクラするくらい。そのインパクトを写真でどこまで表現することが出来たか・・・。



IMG_7792S.jpg



寒さにも強いし、夏場の休眠でダメになることもなさそうで、基本、頑丈で育てやすい球根と感じています。
なのに、戴いた数株のなかで咲いたのはこの王将含めてまだ2種だけなのは、実にお恥ずかしい限り。
来年はがんばって、花をもっと咲かせてやろうと思っています。でも、このダイヤモンドの輝きが群開したら、
それこそ目眩がするくらいの光景になりそうですね。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

私は何故か~パイナップリリリーwが好きです!
エウコミスというのは元々大きい球根、葉種なのでしょうか?ラケナリアサイズのエウコミスがあったら可愛いのに~なんて思います。たまに行く園芸店に黒葉のエウコミス(巨大葉)をみました!あまりに大き過ぎて・・・通りすがりましたw

球根植物もお好きだったのですね.
実はボクもヒガンバナ科やユリ科の球根が結構好きで,最近は南アの球根を主に眺めています.無加温室さえあれば結構楽しめますよね.夏に寝てくれるので,暑い日本の夏も関係なしです.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この手の球根植物って何度も蒔いてはみるのですがなかなか発芽しないんですよね。何かコツがあるのでしょうか?
来年1月に15畳ほどのルーフバルコニー付きのマンションに引っ越す事になりましたので栽培面積が一気に5倍になります。何に手を出そうか考えるとわくわくしてしまいます。さぼだけではなくいろんな奴と付き合ってみたいのですが知識が追いついていないような…。また、いろいろと教えてください。

Haemanthus humilis ssp.hirsutusは私も栽培しているのですが、花がまだ咲いたことがありません。こんなに可憐な花が咲くのですねー。最近アヤメ科に傾倒しつつあります。

球根植物、私も好きです。
サボ栽培に復帰するまでは、もっぱらこの類を楽しんでいました。とくに冬型のグループは夏の水やりの心配が要らないので、一週間家を空けても安心・・・という現実的な理由もあったりして(^_^;)
Nerine sarniensis:ダイヤモンドリリー は写真で見る限りさほど魅力を感じないのに、実物を見るとハマるんですよね・・・まるでギリシャ神話にでてくる妖女みたいにアヤシイ魔力を持つ花。そういう私も憑りつかれた一人です。

お早うございます。
こちらで紹介された三種とも栽培したことがありません。
ユーコミスは随分前から園芸誌に紹介されていましたが、
その時にどちらにしようかと迷って購入した物は白筋アマリリスでした(笑)
こちらで拝見してまたユーコミスを欲しいな!っとそんな気になっています。

ヒルスタスは可愛いですね~。やっぱ小さめがいいです。
パイナップルリリー、去年から植え替えてませんがなぜか花は小さいですが今年咲いてくれました。
王将って名前がこのお花にしたら変わってる気がします。

ネリネについて、苗を下さった方から、教えていただいたこと、付記します。
上の真紅の花の株は、園芸種「王将」そのものではなく、王将をベースにしてその方がさらに改良を
すすめた株だそうです。不正確なことを書いてしまいましたが、花の美しさに免じてお許しを・・・^^;。

>takoyashikiさん
パイナップルリリー、この株は決して大きくないですよ。ロゼットの差し渡しが10cmちょい、と言ったところでしょうか。だから花も親指より少し大きいくらい。まあ、ラケナリアサイズといってもいいかも知れません。
黒葉のエウコミス、というも、面白そうですね。

>さぼちゃんだいすき さん
なんでもかんでも好きになるのでキリがなくて、困ってます^^;。南ア球根には、ユニークな葉っぱや花のものが多くて、深みにはまりますね。ヒガンバナ科は種の寿命が短いせいか、種を輸入するのが難しく、そこが難点です。この株も苗輸入です。

>TK-Oneさん
ハエマンサスなど、ヒガンバナ科球根の多くは、種の状態で既に発芽しているようなものも多くて、海外のリストにもなかなか出ていません。あと、ヒヤシンス科などは小さいうちの成長がごく遅くて、とくに一年目、夏越しできるサイズまで育てるのが難しい、と感じますね。

>roka79さん
アヤメ科球根は、囓ったくらいでまだまだ未知の領域ですが、とても魅力的です。こちらも成長が遅いので、種から育てていると、いつのまにか消えてしまったり。 Moraeaとか、ずいぶん撒きましたが、開花株までの生存率が1%もない。これはネグレクトのせいもあるのですが^^;。

>noriaさん
球根は、子どもの頃のヒヤシンス、チューリップ栽培からはじまって、サボテンと並行して常に身近にあった植物です。どうしてもサボテン屋さんが扱うハエマンサスとか、ブーファンといったのが、多かったのですが、最近ネリネの花、光線の加減や角度で色や輝きが変わる魅力に惹き込まれています。

>saeさん
球根植物は、痛いトゲトゲを好きになってくれない家内にも評判が良いです。ユーコミスみたいなけったいな花でも、可愛いと言ってもらえます。白筋アマリリスといえば、20年も前に手に入れたものが、あったはず・・・植え替えて大事にしてやりたくなりました。素敵な植物ですよね。

>zilzianaさん
ヒルスタスは、葉っぱも花茎もサワサワ柔らかい毛が生えてて、かわいらしいです。ネリネの王将という名前、たしかに花の感じとちょっと違う感じもしますね。でも、作出した人が、比類なく見事な赤花に惚れ惚れしつつ、そう名づけた気持ちも、よくわかります。ハオルチアの園芸名なんかでも、そういうの、よくありますよね^^。


プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる