呪われたサボテン・・・マンドラゴラ・マンドラゴラ

自分で種から育てたサボテンが、はじめての花をつけてくれた時は、なんとも嬉しいものです。
栽培をはじめた中学生くらいのときも、いまも、その素朴な喜びはまったくかわらない。
進歩がないつうことかな?

とりわけ、種を蒔いてから10年あまりもかけて、やっと咲いてくれたなら。
なおかつ、それが幾重もの秘密めいた物語に彩られた、珍奇無類の植物なら・・・。


その名を、「ツルビニカルプス・マンドラゴラ・マンドラゴラ」という。

そう・・・あのハリーポッターにも出てくるし、古今の魔術呪術錬金術の世界ではお馴染みの、伝説の植物。
マンドラゴラ(マンドレイク)の名を戴いたサボテンです。
マンドラゴラは、地中に人体の形をした塊根を埋め、その成分?が様々な魔術呪術のタネにされてきた、
空想上の植物。とにかく無数の物語が語られているので、興味あったら検索してみて。

ちなみに、空想世界ではない実在のマンドラゴラ(Mandragora officinarum)は、ナス科の薬草で、ときに
"ど根性大根"みたいな、気合いの入った塊根になることはあるみたいですが、人型になるかどうかは??
葉っぱも花も鑑賞価値があるし、育てている人はけっこういるかも知れません。


で、前おきが長くなったけど、下の写真が、サボテン界の「マンドラゴラ」。


tur-mand2S.jpg


拍子抜けした? 地味すぎ?

いやいや、こっちのマンドラゴラにも、物語があるんです。 

和名は「美針玉」。別名を「コケシ玉」 学名は Turbinicarpus mandragora ssp.mandragora 。
メキシコはコアウィラ州(Coahuila)の原産。

上の写真の株で、直径3cmくらいですが、それでもタネから10年かかっている、というところに、マンドラゴラの
マンドラゴラたるゆえんあり。鉢のなかには、地上部と同じくらいおおきな塊根も、ちゃんとある。
ちなみに、おととしの植え替えの時点では人の形してなかったけど、花の咲いた今では、どうだか、わからんよ。

コケシ玉、という和名は、球体と地下の塊根の間が細くくびれて、コケシみたいだから。
あんまり怖いという印象はなかったんでしょうね、そんなかあいい和名つけた人は。
私は、美針玉、のほうが好き。・・・するどい針の群れは美しく尖り、その切っ先に滴るのは・・・うーん奥深い。
などという私はマンドレイクの妄想に冒されすぎているらしい。


tur-mand1S.jpg


この種は、産地での採取が行われていた30~40年前までは、輸入株がそれなりに出回っていて、栽培の難しい
高級品、珍品サボテンとして知られてました。当時の私はまだ子どもで手も足も出ず。
その後、海外からいろいろタネを取り寄せて蒔くようになってからも、なかなかこの種そのものを見つけることは
出来ず(近縁種はあるんだけども)、永く憧れの植物でした。

ところが、10年あまり前、輸入種子実生育成の大先輩、Yさんがこの稀少なタネを送って下さったのです。
うおおホンモノのマンドラゴラだ!と歓喜し、腐りやすいといわれるこの植物、大事に大事に、年に数度しか
灌水しない超保守的栽培で、ここまで来ました。それで、やっとの処女花というわけです。


ツルビニカルプスは、一般に栽培の難しい植物ではないのです。大きく育つものではないけど、ふつう実生から2年
くらいで開花する。でも、この種はちょっと違った。水が多いとすぐ腐る。実際、発芽したのは20本くらいあったと
思うけれど、落ちがとっても多かった。数年経てからは、こんどは地上部球体と塊根をつなぐ細い部分が枯れてしま
ったり・・・。で、なんとかここまでこぎ着けた3本つうわけです。
来年は、複数が開花してくれて、タネがとれますように・・・。

ちなみに、この美針玉 (T.mandragora ssp.mandragora) には、よく似た近縁種がいろいろあって、
国内ではしばしば、そういう“マンドラゴラもどき”が美針玉の名前で流通してます。
これらは、たしかに塊根をもつ生態など含めて、美針玉ととっても良く似ているけれど、圧倒的に栽培しやすい。

でも、マンドラゴラの中のマンドラゴラでは、ない。

たとえば・・・


tur-subterS.jpg


これはサブテラネウス(Turbinicarpus mandragora ssp.subterraneus)。
塊根と球体をつなぐ部分がより長く、ヒョロヒョロのたくって、ある意味こっちのほうが魔術っぽいです。
種小名は同じマンドラゴラだけど、亜種レベルで違う。マンドラゴラ・サブテラネウス。
ですが、栽培はずっと簡単で、生育も遅くない。

さらに・・・


booleanusS.jpg


こっちはより美針玉に似ている植物で、ブーレアヌス(Turbinicarpus mandragora ssp.booleanus)というもの。
花がなかったら区別できないくらいだけど、産地が違う。
花いろが派手な分、こっちのほうが鑑賞価値は高い?くらいだし、かわいらくしくて、とっても素敵な植物。
しかも、この苗は実生4年くらいのもので、2年目から咲いてます。美針玉と違って、途中の落ちもほとんどない。
でも、マンドラゴラの中のマンドラゴラではない。これでは、ハリーをもってしても、魔法は生み出せない。

実は、ツルビニ・マンドラゴラ種は、亜種レベルでみていくと、いまでは白狼玉(T.mandragora ssp.beguinii)や、
ザラゴザエ(Turbinicarpus mandragora ssp. zaragozae)なんてのものも含まれているわけで、これらなどは、
殆んどテロカクタスなみの頑丈植物。もちろん、だからといって魅力がないわけじゃないけど。

やっぱり・・・


tur-mand0S.jpg


マンドラゴラは、亜種名まで、マンドラゴラでなくては。

おなじツルビニのマンドラゴラ種は数あれど、美針玉=真正のマンドラゴラ(mandragora ssp.mandragora)だけが
難物なのは、なぜか?
産地の土壌が特殊であるため、微気象的にきわめて過酷な場所に生えているから、とか諸説あります。

しかし私には、やっぱりマンドレイクの呪いが二重にかけられているからだと・・・


ここはやっぱり、そう思いたい。



コメント

非公開コメント

旧ギムノカクタスの中でも一番興味深いマンドラゴラ一家を取り上げていただき、勝手に感謝しています。
こけし玉とブーレアヌスとの違いが今ひとつはっきりせずに、もやもやしていましたが、霧が晴れました。
ごく希に国内の業者さんの所にも、ヒョロヒョロの今にも枯れそうなこけし玉を見ることがありますが、こちらのものは細くなったところが土に隠れていますね。これも栽培の秘訣と関係あるのかなと愚考しました。

ともあれ、マンドラゴラとかスブテラネウスという種名を見ると、コケシ玉に限らず、気になってしまいます。現在はMaihueniopsis minuta ´mandragora´を実生中です。

>queiitiさん
美針玉はコワウィラ州産で、ブーレアヌスはヌエボレオン州産だったかな?
と記憶しています。細くなってる軸の部分、その下の塊根の伸び縮みで、だんだん地中に潜ります。アリオカルプスなどと同じ。水辛め~、の栽培だからだと思いますが^^;。そうそう、マイウエニオプシスにもマンドラゴラ、こっちもきっと塊根できるんでしょうね。発芽祈念!

>SKさん
コメントありがとうございます。すごく嬉しいコメントだったのに、操作ミスで消えてしまいました(涙)。申し訳ありません。
黒田芳明園、なつかしーです。美針玉もあったのですね。当方関東なので訪ねたことはないのですが、中学生のころ、黒田氏の「大阪エキゾチック」から送られてくるコピー版?写真リストを涎たらして眺めていました。天狼とか月想曲とかの野生株も出てましたね。「根部良々の極珍品美々苗」とか書いてあって、買えなかったけど欲しかった。あの頃買った人でいまも育てている人いるのかな。私のサボテン難物道の原点です。

コメント誤消去ほんとに申し訳ありません。これにこりず今後とも宜しくお願いいたしますm(_ _)m。








プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる