斑鳩への道。

このブログをはじめて、ちょうど1年くらい経ちます。
嬉しいことに、読んで多少なりとも共感して下さる方がいるので、なんとか続けて来られましたが、
そもそもは、世界の沙漠を好き勝手に飛び回ることが出来ない鬱屈した気分?が少しは晴れたらいいね、
なんて具合で書き始めたんで、最初の稿のテーマはニューメキシコの大草原に
「月の童子(Toumeya papyracantha)」を探す話でした。

怠け者の手なぐさみがここまで続いたので、今回もふたたび、大草原に隠れてる小さな妖精を訪ねたときの記憶を
辿ってみます。何年も前に食べた飛びきりウマいものの記憶をサカナに、何度も酒を呑むみたいな感じですが。


IMG_04483S.jpg
               unknown small hill of northern Arizona

このブログのトップ、表紙に貼り付けてある△の山の画像です。
どこなんだ?と思った方もおられるかも知れません。ここが、そのときの目的地でした。
ペディオカクタスの斑鳩(Pediocactus peeblesianus ssp. fickeisenii)が自生すると言われる場所。
斑鳩は、ともかく小さい上にだいたい地中に埋まっているので、これまで「ここにある」という所を訪ねても、
出会えたためしが殆どない。そんな植物がホントに地上に実在しているのか、疑わしくなるくらい、見つからない。
ちなみに、下の写真は私が種から育てている斑鳩で、蒔いて7、8年経ちますが、大きさ1cmちょっとしかない。
こんなモノを大草原で探そうっていうんだから、落としたコンタクトを場所指定なしで探すくらいの酔狂です。

では、物好きの旅のはじまりはじまり。


IMG_2798S.jpg
               seed grown plants of Pediocactus peeblesianus ssp.fickeisenii JB2

アリゾナ州の真ん中を南北に貫く89号線というハイウェイがあります。
州都フェニックスから北上するインターステーツハイウェイ17号線からFlagstaffでバトンを受け継ぎ、
グランドキャニオンノースリムへと続くアリゾナの背骨のような道で、サボテンの見どころも沢山あります。
道行きの景観は雄大で美しく、高低差があるため、走っていると景色の移り変わりがダイナミックです。

この89号線沿いに、斑鳩の自生地があると言うのです。


IMG_0386S.jpg
                  highway89 near Flagstaff,Arizona

このとき、私のところにあった手がかりは次のようなものでした
この89号線の北のほうにある町、「TubaCityからさらにhwy89を北上した処に、ネイティブアメリカンの小さな村があり、
そこから西へ、ダート道を何マイルか行くと、三角形の目立つ山がある。その周辺で石の多い場所を探せ」
・・・というものでした。以前、一緒にキャンプしたヨーロッパの愛好家からの情報。
実際は、その集落の名前までは教えて貰ったのですが、これを探すのも一苦労。というか、地図にも載っていないし
それっぽい集落はいくつも点在しているので、アテ勘で「これだろ」と決めるほかなかったんですが・・・。


IMG_0511S.jpg
                    a small village along the hwy89

これが、ハイウエイ89から分岐しているダートロードです。で、奥に見えるのが問題の集落らしきもの。
そこで、このダート道をまずは西に行ってみようと思ったわけですが、この手の道は無数にあり、その先が
どうなっているかは皆目不明。まあ、ダメなら引き返せばいいや、と気楽な感じでスタートしました。


IMG_0459S.jpg

IMG_0508S.jpg


小さな集落を通り過ぎると、ダート道は大草原の果てまで続いているようでした。
方向的には、この先にグランドキャニオンがある筈。道の状態も悪くないので、ちんたら走っていきます。
空は青くて広いし、視界をさえぎるものもないし、とっても気分がいい。ときどき、遠くにウシさんが見えたりして、
ここが放牧地帯で、そのための道なんだなとわかります。

クルマをとめて窓をあけると、風の音だけがする。
自分の近くじゃなくて、遠くのほうを吹き過ぎていく風の音まで聞こえる。


IMG_0472S.jpg

IMG_0465S.jpg
               may be Cylindropuntia whipplei

小一時間走っても、風景はかわりません。三角の山なんてどこにもない。途中分かれ道がいくつもあり、
道なりに、走り易そうな道を選んできたので、違う方向に来ているのかも知れないけど、考えないようにする。
めぼしい植物はありませんが、景色がいいのでそのうち植物探しをしていることを忘れてかけてしまいます。
風景を撮ろうとクルマを停めたら、足下にこんな植物がありました。なんだろうね、これ。
Cylindropuntia whipplei かな。黄色い実が可愛いけど、ウシさんは痛くてかなわんだろうなぁ。

それでもってこんどはお馬さんに会う。


IMG_0468S.jpg


あんた、何しにこんなとこ来とんの?ニンゲンが喜ぶものは、このあたりにはねーよ。

と、言われたのかどうか知らないけど、ガタゴト、ずっーっと走ってゆく。あいかわらず風の音がする。
ここまで、一台のクルマも見かけないし、もちろん誰にも会っていない。ニンゲンの数が多すぎるこの地上にも、
見渡す限り誰もいない場所は結構あるもんです。でもどうして、こんなに開放感があるんだろう。

さらに走っていくと、向こうの方に多少、丘陵地っぽい地形が見えてきます。とりあえずあそこまで行っとくか。


IMG_0473S.jpg


やがて視界にいくつも丘が現れ、地形がそれらしくなってきて、そのへんから写真を撮るのを忘れていたようです。
ついに、三角形の山?というか丘に行き当たりました。


IMG_044481S.jpg


なるほど三角形といえば三角形だわね。
たしかに、山の中腹や尾根筋あたりには、石がゴロゴロした場所もけっこうあります。
周辺にも似たような山や丘があり、そちらも有望な感じです。よーし。


IMG_0476535417S.jpg


当たるも八卦、当たらぬも八卦ですが、とりあえず石がゴロゴロしている、あまり急ではない斜面を歩き回る。
河原で見かけるような小石を敷きつめた感じで、石と石の隙間を赤土が埋めています。草はチョボチョボ。
いかにも斑鳩が生えていそうな場所だけど・・・。

しかし、ない。やっぱりというか、見つかりません。だんだん目がチカチカしてくるし、1時間以上も地面に
這いつくばるように歩いていると、腰も痛くなってくる。
「やっぱり違う場所なんじゃ・・・」という思いにもかられてきます。

それでもいっか、こんな地の果てみたいな場所まで来たんだし・・・と、あきらめとともに、なぜか心地よい脱力感。
でも、1時間半も探したんだし、引き上げる前にもうちょっとだけ・・・。


あ・・・。


IMG_0485S.jpg


出来過ぎの展開だけど、まさに諦めて帰ろうとしたその瞬間、何かが目に飛び込んできました。
ずーっと同じような「石石草石石」みたいなパターンを刻んできた瞼の裏側に、異物というか、違うパターンが
突然飛び込んできた感じです。その瞬間は何だか判らない。でも、「ん?今なんか見たな」という感覚。
・・・わかりますか?画面真ん中のやや右よりに、その姿があります。
白くて長いコルク質の刺。直径1.5cmくらい。立派な開花サイズ!


IMG_0488S.jpg

IMG_0495S.jpg
               Pediocactus peeblesianus ssp. fickeisenii in habitat, Coconino Co. AZ

近づいてよく見てみると、地面とすれすれの高さで、刺だけが外に出ている感じ。ちょっとだけ覗いている球体は、
水を吸っている様子ですから、数カ月以内のそんなに遠くない過去にお湿りがあったんでしょう。
もし、カンカラに乾いてたら、完全に埋没していて見つけられなかったと思います。じつに運が良かった。

でも、このあと欲が出て、さらに30分以上探してみたけど、1個体も見つからなかった。これだけでした。
このコロニー(といっても見たのは1個体だけだけど)が、さらに繁栄することを祈り、こんどは花どきに会えると
いいね、などと名残を惜しみつつ、別れてきました。

丘の上から見渡す景色もまた、格別。なんで自分がこんな処にいるのか不思議で、からだじゅうの力が
さらに抜けてゆく。トーキョーの生活が、妙に非現実的なものに思えて、帰るのが面倒くさくなりました。


IMG_0479S.jpg


以上で、小さな旅の報告おわり。

半日あまりをかけて、ホコリみたいなちっこい植物に1本出会えただけなんて、おそろしく効率が悪い道行きに
見えますが、いろいろ旅行したなかでも、とても記憶に残ってます。
なんというか、途中でみた果てしない草っぱらのだーれもいない感じとか、遠くからきこえる風の音とか、下を見て
歩いているときの石を踏むジャリジャリした感覚とか、そういうぜんぶと一体になって、斑鳩の記憶があります。
またいつか、訪ねてみたいと思う。会える会えないは別として。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

Shabomaniac!さんには小さな旅の報告かもしれないですが私にはにはとても大きなものに感じます。
初めてblogにコメントしたのが一年前のこのShabomaniac!さんのこのblogの確か月の童子の記事にですから。
サボも多肉もろくに知らないでよくコメントさせてもらったなぁって。今考えると冷や汗出ます(≧∀≦;)

まさか今年から自分も斑鳩の種まきするなんて・・・。ひとつでもいいから育って欲しいです。

斑鳩を見に行きたいです。なんにもないところなのにすごく魅力的な場所に感じます。
宝物のありかのように・・・。
宝探しですね。

私だったら、途中のCylindropuntia whipplei があるところで引き返してもOKでしたね。もちろん黄色い実は持ち帰られたんですよね。
満を持して用意された斑鳩の記事に横槍を入れてしまったコメントで恐縮です。

U.S.89

Shabomaniac!さん、こんばんは。
Pediocactus peeblesianus ssp. fickeisenii とんでもない
ところに自生しているんですね! どう考えても、あの1株との
出会いは、奇跡のように感じます。 強く愛する気持ちが、きっと
かなえてくれたのではないのでしょうか。
なにせ30km四方くらいが一目瞭然といったところですから。
 私もそのような気持ちを大切にしながら、何度でも彼や彼女に
会いに行きたいと思っています。

見つけることから難しい。

奇跡に近い発見、自分なら途中で引き返すかも。Pediocactus peeblesianus ssp. fickeiseniiの種を安易に蒔いていた自分に反省。自生地旅行は夢物語なので、せめて気を入れ直し今まで以上に彼らを大切に扱わなければ。

こんばんは。
以前こちらでこの斑鳩を拝見しまして、先日種を頼んでみました。
実はもう少し固体が大きいものだと思っていました(笑) 
色々なサボテンがありますが、この独特の刺が体を取巻くその姿が好きです。


表紙の素晴らしい景色は斑鳩の自生地だったんですね。そんな大変な思いをしてたどり着いたとは思いもよりませんでした。奇跡的に巡り会えた斑鳩の貴重な姿に感動しました。斑鳩の実生は以前失敗したので、また挑戦したくなってきました。

ブログ開設一周年、おめでとうございます。次はどんな話題なのかな~と毎週の更新を楽しみにするうち、あっというまに一年が過ぎてしまいました。
斑鳩の自生地、不思議な場所ですね。人間界から遠く離れた妖精たちの世界。似たような場所はたくさんあるはずなのに、どうして彼(彼女?)らがこの場所を選んだのか...そのことだけでも興味は尽きません。

先日メサから届いた種子に、偶然同じ産地のものがありました。P. peeblesianus v. fickeisenii SB903 Coconino Co, AZ。 手元の粒粒を眺めながら、その故郷を垣間見ることができたことに幸せを感じています。ありがとうございました。

>zilzianaさん
いつもコメント戴いて励みになってます^^;。高価で立派なサボテンなどは持っていないので、山で撮ってきたチビッ子サボテンの写真くらいしかお見せできるものがなくて・・・。でも、月の童子と斑鳩(飛鳥)、どっちもいちばん好きなサボテンのひとつです。見つけるのが大変・・・とはいうものの、治安の厳しいメキシコのサボテン見に行くよりはラクですよ。グランドキャニオン見に行くついでにでも是非。

>queiitiさん
このC.whippleiも不思議なことに、まさにスタンドアローンな感じで、周りにはまったく生えていません。斑鳩の山にもありませんでした。黄色い果実はケシ粒みたいなダメ種しか入っておらず、最初未熟果なのかな?とも思いましたが、たぶんお相手がいないせいで種が入っていなかったのかなぁ、とも思います。という訳で、斑鳩ともども、記憶だけがおみやげです。

>Yuccaさん
じつは、ダート道を2時間くらい走っただけで、捜索時間も1時間半くらい・・・そんなに大したことないとも言えそうです。むかし読んだFritzさんの本で、キャンプしながら丸二日歩いて5時間探して彩虹山ハバスパイエンシスを見つけた、なんて話も読みました。でも、この1本だけが、たまたまアテずっぽうに探した場所で見つかったというのは、不思議な感じがしましたね。

>sileriさん
たぶん途中で引き返さなかったのは、景色もよくて、空気もおいしくて、道行きそのものが楽しかったから、だと思います。そのうえ斑鳩にも会えたのでラッキーでしたね。私も家に戻って温室の実生斑鳩たちを見て、よくこんな日本くんだりまで来たねーと感慨ひとしおでした。バス通りに面した温室で、彼らが春には花を咲かせることも奇跡に思えます。

>saeさん
斑鳩、最大では3-4cmになりますよ。うちのはシメて作りすぎてるので、育ちがワルイんだと思います。発見した株は、2cmくらいはあったかも知れません。それに、なんというか実物は存在感があるので、大きく感じました。実生苗も2-3年過ぎればそれらしい姿も出てきて、わりと丈夫なので、saeさんみたいな植物に対する鋭い感性のある方なら、きっとうまく育つと思います。

>yoyonさん
実は初回にこの話を書こうと思っていて表紙にしたんですが、話が長くなりそうだなー、と思って、ずっと後回しにしてました。話が長い割に、落ちがちっこいサボテン1本だけですからね^^;。斑鳩は、月の童子とならんで難物系のなかでは育てやすいと思います。英冠あたりよりはとっつきやすいです。実生苗をウィルスフリーの実生台木に接いで子吹きさせてカキ子挿し木、というやり方でも、スクレロみたいに徒長せずに綺麗に仕上がりますよ。

>noriaさん
いつも見て戴き感謝です。飛鳥も斑鳩もエリア内のどこにでもある訳ではなく、隔絶したメサ(台地)等の上にだけ小さいコロニーがある、という具合です。鳥が運びそうな種でもないし、何故そこに暮らすようになったか不思議。実はSB903は、ここより100マイルくらい北のコロニーで、10年ほど前、SB氏に連れていって貰って実物を見ました。SB氏曰く「フェロのようなナバホア」だそうで、この三角山個体よりも刺がすごく長いです。しかし、どうしても自力で斑鳩を見つけたくて、この三角山で初めてそれが叶ったのでした^^;。


あまりに大きなところであまりに小さな探しものでしたね~。
こういうの見ちゃうとやっぱり不可能ってないんじゃないか、
思えば叶うんじゃないかって思います(^m^)

それにしてもこんなに広い地べた、
大の字で寝っ転がって空をまっすぐと見たくなりますね。

>l-marshさん
こんな広々した場所で下ばっかり見て歩き回っている姿はさぞや怪しく見えただろうと思います^^;。でも、途中の道のりが長かったので、遠足気分もじゅうぶん味わえました。ついに発見!の直後は力が抜けて、しばし天を仰いでひっくり返ってましたよ。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる