冬のマミラリア。

たまの休日、植物の世話をしてやろうと張り切って、朝のコーヒーもそこそこ、自宅から離れた栽培場へ。
しかし、到着してみるとハウス内はまだひんやりと薄暗いままで、吐く息が白く浮かびます。
私のところは東側に山があるので、陽差しの低いこの季節、10時近くにならないと光が入ってきません。
しばらく周辺の片づけなどで時間をつぶし、やっと明るくなってきたハウスで軽く水やりをすませると、
どっかの公共事業みたいに、完遂の見通しのない植え替えに黙々と取り組みます。
すると、あっというまにお午に。


IMG_0027S.jpg

IMG_9543S.jpg


この日はよく晴れて、ハウス内のそこここで、冬咲きのサボテンたちが花を開いていました。
昼食をかんたんに済ませ、陽だまりにサボテン鉢を持ち出して撮影。
いま時分は、光線が斜めから照らすので標本撮影にはむきませんが、サボテンの薄い花弁を光が透かすような、
綺麗な写真が撮れることもあります。

こちらは、マミラリアの白子法師(Mammillaria solisioides L671,Petlaltzingo,Puebla,Mex)。
といってもこの和名はいまいちヘンチクリンで馴染みがわかないので、
ソリシオイデスと呼ぶほうがしっくりくるかな。黄花の白マミはあまりないので、目を惹きますね。
属名の由来となった、多足類のような刺の生え方も、よーく見れば味わい深い。
花どきにならないと目につかない、自己主張しないところも、奥ゆかしくてよろしい。


IMG_0057S.jpg

IMG_0064S.jpg


別の一隅では、マミラリアのヘルナンデシー(Mammillaria hernandezii FO-023 Telixtlahuaca,Oax.Mex)も
咲いていました。この種は、去年は11月の中頃に花をつけました。最近は、サボテンの開花時期が年によって
まちまちで、気候のブレ幅が大きくなっている印象を受けます。
小型大輪系のマミはほかにも色々ありますが、この植物はカリっとした感じの硬くて短い刺が好きです。
花は地味ではないが、派手過ぎず、植物本体のストイックな雰囲気を壊さないところが良い。
この株は、こんなに小さいですが、種を蒔いて10年くらい育てていると思います。いっこうに子も吹かず、
群生などする気配もありません。小さな頑固者!

この季節、写真が撮れる時間は、わずか数時間。光線がだんだん黄色みを帯びてきたなぁと思うと、もう日暮れです。
サボテンたちがあわてて花弁を閉じてしまう前に、もう少しだけ。


IMG_0076S.jpg

IMG_0089S.jpg


冬のサボテン、という呼び名がいちばん似合うのはやっぱりこの植物かも知れません。
白星(Mammillaria plumosa SB834 Arroyo Huizache,NL,Mex)は、痛くないフワフワの刺
(という呼び方より、羽毛というほうが適切かも)に柔らかく包まれた球体から、うっすらクリームがかった
白い小さな花を咲かせます。
私が小さな虫だったら、寒い日は間違いなくこの暖かそうな羽毛のなかに潜り込みますね。
栽培は難しくないし、育つのも早く花も良く咲く・・・と、駄モノの条件を満たして?いますが、
撫でたり触ったりしていて癒される、というサボテンは他にあまり例がないし、他種をもっては代え難いところ。
自生地で岩の透き間にはまるように生えている写真を見たことがありますが、綿毛が分厚くて食害されにくい
だけではなく、なにか神々しい印象を野生動物にも与えるのかも知れません。
あと、これは個人的見解ですが、白星の花は圧倒的に白じゃなきゃいけない。これが赤やピンクだったら、
決定的な何かが損なわれてしまう。
クリスマスの朝に、すっかり町並みを覆った雪帽子みたいな濁りのない存在感が、このサボテンにはあるのです。
今年は降るかな。ふんわりメレンゲの雪。


IMG_0078S.jpg



コメント

非公開コメント

白星、特別好きというわけではないのですが、なぜか狭いベランダに3タイプもあります。桃花のは交配種なんでしょうか。

Mammillaria、大家族なだけに手を出したら大変...と避けてきましたが、やっぱり魅力的ですね。いつもはタネの注文リストを作って眺めるだけ、送らずに妄想世界のコレクションにしていて、あと一歩を踏み出す勇気が湧きません。でもShabomaniac!さんの素敵な画像と魅惑の文章...フラフラと気づけば崖っぷちに追い詰められた感が。あぶないあぶない...ところで普及品の M.geminispina(白玉兎とか白神丸)のフィールドの種子、どこかにありませんか。私の探し方が悪いのか、さすがの採種人も商売にならないのか、なかなか見つけられません。これさえあれば妄想サボテン園も充実するのですが。

shabomaniac!さん、こんにちは。
ここに出ているマミラリアの花はメセンの花によく似ていますね。
小さめな花が幾つも咲いて可愛いです!
冬に花が咲くサボテンは比較的寒さには強いけど、夏の蒸れに要注意なのでしょうか?

Shabomaniac!さんが色んなサボを紹介される度に
欲しいものがどんどん増えていきそうです。>∀<

>きくぞうさん
うちには2タイプしかないので、たぶんきくぞうさんの方が白星好きです、たぶん^^。桃花の由来、調べたのですがわからず。カルメナエの桃花は交配みたいですが、こちらはどうでしょうね。かわいいピンク花のコロニーがあっても不思議はありませんから、花の形や刺の具合で、違う血が入ってなさそうなら、野生種オリジンじゃないかと思います。

>noria さん
マミはむかし、シャボテン誌の平尾さんがこだわって何度も特集していて、影響された気がします。後年、ご本人が実生されたマミをいくつか戴いて、大事に栽培しています。白神丸、むかし何度か見た大きな群生株は見事でした。M.geminispina いぜんメサのリストにあった気がしますが、今は見あたらず・・・。古典種はだんだん忘れられていくのか、ちょっと寂しいですね。妄想サボテン園で永久保存しましょ^^。

>saeさん
サボテンとメセンは遠縁だし、花の色素構造とか似ているからかも知れません。それにどっちも透過光に映える花です。マミのなかでも白い系統は蒸れには弱いので、夏に綿毛をぬらしたまま高温環境に置くと
ダメになることがあります。とはいえ、春~秋が生育期ではあるので、メセンみたいに断水しちゃうとかわいそうだと思いますが^^;。

>zilzianaさん
そうなんです。なにしろサボテンだけで数千種類あるわけだから、本質的にキリがないです><。私が「難しいの」蒔くのも、全部が育てないで、数がしぜんと抑制されるからかも・・・。どうも間引いたりするのはかわいそうな気がして苦手なんですよ。

>サルコさん
あれ?お答えしようと思ったら元コメント消えてしまいましたが、ペニクリナムはナミビアのRosh Pinah と Orange River の間の乾燥地に生えているそうです。おそらく冬は毎日霧か夜露で水分補給されますが、雨は殆どふらない地域だと思います。
http://www.bihrmann.com/caudiciforms/subs/mon-pen-sub.asp に自生地の写真が出ています。行ってみたいですね~。

ヘルナンデシーは小さい球体で、いい花を咲かせますよね。花に惹かれて、先日、Mammillaria fraileanaを入手してしまいました。白星の花が白じゃなきゃダメ、というのはよくわかりますw

Shabomaniac!様
コメント削除しまして申し訳ございません。
質問後に恥ずかしくなりまして…。
自生地環境を調べ、今後の管理の参考にさせていただきます。
ありがとうございました。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる