花ざかりコノフィツム。

コノフィツム、リトープスといったメセン科の多肉植物ほど、
季節季節でドラスティックな変化を見せてくれる植物はありません。
しかし、私などはその極端さゆえメセンの仲間を栽培することなく、敬遠していました。


IMG_1337S.jpg
          Conophytum burgeri RR1265

たとえばコノフィツム。サボテンや多くの草花が我が世の春を謳歌する季節になると、瑞々しくカラフルだった
植物体は色褪せ萎びた皮ばかりになってしまいます。どう見ても、鑑賞には向いていない姿・・・
生きてるのか死んでるのか判然としない、萎びた物体を、恭しく鉢に植えこんだまま拝む日々が半年は続くことに。
いくら小さくて場所をとらなくってもそれじゃ経済効率が悪すぎるだろ、こんな地代の高い都会でさ、という具合でした。


IMG_8095S.jpg

IMG_8099S.jpg
            Conophytum lithopsoides ssp. arturolfago RR964

転機になったのは、同じ様な貧乏性から思いついた「キャスターつき収納可能棚」を温室に置いたこと。
棚はふだんは通路を塞いでいますが、ひとが中に入るとき、または植物を日にあてないで良い時には、スライドさせて
従来の固定棚の下に滑り込ませます。ゆえに高さのある植物はおけません。そこでコノフィツムの登場と
相成った訳ですが、彼らの多くは夏の休眠期にはそのまま棚下でお過ごし戴くことも可能と考えたからでした。


IMG_8672S.jpg

IMG_8676S.jpg
            Conophytum auriflorum R133

そんなわけで当初私のメセン栽培は、夏場完全日陰の棚下栽培から始まりました。9月くらいになると「棚下棚」を
ズルズル引っぱり出し、水をやります。するとすぐに、瑞々しい新球が姿を見せ、花をつけてくれるという訳です。
キレイな時ばかり顔をあわせていると、良いところばかりが見えてきます。次第にコレクションの数も増えました。
だんだんわかってきたのは、夏場棚下でうまく育つコノフィツムはごく一部だということ。具体的には、
アンゲリカエ(Conophytum angelicae)やスルカツム(C.sulcatum)など、休眠期に旧皮の下ではあまり動かない
仲間はうまく育ちますが、秋の目覚めが早いペルシダム(C. pellucidum)などは徒長してしまいます。
なので、今ではサボテン同居組(一部のコノフィツムとリトープスなど)と夏場棚下組にわけて栽培しています。


IMG_7389S.jpg

IMG_7396S.jpg
            Conophytum pellucidum ssp. neohallii
            
そうやってそれなりの環境を整えて育てるうちに、コノフィツムをキレイに長い間育てることが存外難しいことに
気づかされます。ローディアエ(C.roodiae)やルゴサム(C.rugosum )など「難物」といわれる種があったり、
易しいとされるペルシダムなどでも一頭一頭を美しく育てつつ年々分頭する群生株を姿よく保つのはなかなか難しい。
ブルゲリ(C.burgeri)やマウガニー(C.maughanii)など透明窓を有する品種は割と育てやすいと思っていましたが、
サボテン棚に同居していたため、今年の猛暑では随分斃れました。
サボテンとは35年つきあって、だいたいの性格はのみこめましたが、メセン類とはまだ10年足らず・・・
まだまだ彼らの心模様はつかみきれていません。


IMG_4522S.jpg
            Conophytum chrisolum CR1266IMG_0830S.jpg
            Conophytum roodiae ARM1236

一年のこの時分、満開の花を飾り我が世の秋?を謳歌するコノフィツムたち。その晴れ晴れとした姿を
目の当たりにすると、夏場シワシワに縮こまった旧皮の裡側で、この美しい花を咲かせるための支度を怠りなく
整えていた彼らのけなげさに、少しばかり胸を打たれます。
サボテンの裏作扱いにして申し訳なかったな、と思うと同時に、裏作でも何でも、縁が出来たのは幸せだった、と。

花盛りのコノフィツムを前に、無粋なつぶやきでした^^;。




コメント

非公開コメント

一斉に咲くとホントに綺麗ですね。見事ですw。
うちにあるのは少しだけで、ほんの僅かしか咲かなかったけど
あのカラカラの皮が剥がれて蕾が出てきた時はすごく嬉しかったです。
動きが遅くて、ちょっとイタズラで落書きしてしてしまった子も
いてますけど・・・
chrisolmおもしろいですね^^
来年はこんな子も仲間入りしてたらいいかぁって思います。

すごいすごいすごいっ!!
群開がすばらし~♪
ものすごく色が鮮やかに感じるのはまとまって咲いてるからでしょうか?

白の花いっぱいのコノちゃんいいっ!
また欲しくなってしまったです(--;

コノフィツム、我が家にも小鉢が二つ三つ。花どきだけ待遇がよくなったりしますが、普段は影の薄い存在です。リトープスは周年模様が楽しめるのでそれなりの管理をしてもらっていますが・・・きっと「同じメセンなのに不公平だ!」と文句を言っているでしょうね・・・ちょっぴり反省。
それにしても「棚下棚」とは面白いアイディアですね。しかもキャスター付きとは!! 
これも作ってみたくなりました。

やっぱりコノフィツムかわいいですね。chrisolumなんかかなりツボです。
前から美花・小型のスペックに惹かれてはいたんですが、僕もサボの裏作から始めてみようかな…と言っても全然場所無いんですが。メセンの種ってかなり細かいイメージですが、蒔き床はどんなものが適しているんでしょうか。


私もブログ始めてみました。拙い内容ですが、よろしければ一度覗いてみてください。

 コノフィツムもこれだけたくさん花をつけると美しいですね。白い花もとてもいいです。しかしshabomaniac!さんの撮られる写真は本当に美しいですね。毎回感激しています。
「棚下棚」とは、うまいこと考えましたね。確かに花のない時期は、可愛くないですからねえ……。毎年涼しくなり花をつけた姿を見るとついつい購入してしまうんですが、夏になると溶かしてしまいます。来年はいくつ残っていることやら(苦笑)。

>zilzianaさん
落書きコノ、拝見したときは笑いました。これも脱皮というワザがわる彼らならではですね。サボテンにはちょっと勇気がいります^^。クリソルムは旧皮被ったまま花が咲くおもろい子です。休眠期は思い切り存在感ないですが^^;。

>l-marshさん
群開みごと&花保ち良いのが、コノフィツムのいいところです。何かの本で読んだのですが、メセンとサボテンは花の色素の化学的組成が近いそうです。どちらもちょっと陽光を浴びるとキラキラする鮮やかな花ですね。白花もだからなのか、鮮やかです。

>noriaさん
我が家でも、以前は2~3鉢、貰ったモノなどがあっても、いつのまにか消えてしまう、の繰り返しでした。難しいからムリ!と思っていましたが、ちゃんと向き合えばそれなりになんとかなるものですね。棚下棚は、都会の栽培家の苦肉の策です^^;。

>きくぞうさん
クリソルム、人気がありますね^^。この花筒の長さが気に入ってます。小さいし、難しそうに見えますが、丈夫で育てやすいものです。メセンの蒔き土は、赤玉微粒(芝目土)にピートモスの微粉を半々混ぜたものを使っています。南米サボなどもこの土です。

>バリューさん
コノフィツムは溶ける、リトープスは二重脱皮で形悪くなる・・・私も長年その繰り返しでした。というより、今もその傾向は続いてますが^^;。成長サイクルが少しずつわかってきて、だいぶ改善しましたが・・・花のない時期にかわいがるのも大事みたいです^^;。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

はい~。
たしかにディンテはパックマンみたいだし、やってみたい衝動にかられました^^。

はじめまして。
今はコノフィツムの開花時期なんですね。
ホームページのほうのメセンのお花もとても綺麗ですね~
種から育てようかなと思いまして、参考にさせて頂きました。
Phyllobolusから幾つかやってみようと思っています。
またお邪魔させて頂きます。よろしくお願いします。

>saeさん
ようこそ、こちらこそよろしくお願いします。やっぱり花が綺麗な植物は嬉しくなりますね。フィロボロスも渋くて良いいですねー。塊根からヌードル、みたいなのがたくさんありますね。花も素敵だし。好きみたいです。気楽にコメントください^^。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる