FC2ブログ

『多肉植物サボテン語辞典』『The Succulentist』 新刊と新サイト


新刊 「多肉植物サボテン語辞典」


 久しぶりの更新になりました。
先週と、その前の週末と、夏に出る「多肉植物サボテン語辞典」という本の入稿目前でパソコンと睨めっこ。この40年間、無原則に脳髄に詰め込んできた植物についてのあれやこれやを、引き出しをひっくり返すみたいにして総ざらいしてました。




resize1171.jpg




 それがこの本。表紙を見ても何の本だかわかるようで、わからない。
サボテンや多肉植物を育てる人が、どこかで見たり聞いたりする様々な言葉。植物の名前、栽培上のテクニカルターム、業界のスラングに生物学用語・・・。融通無碍に1200語ばかりが五十音順に並んでいる本です。辞典なんで、言葉選びと語釈(解説内容)がキモなんですが、これは私と、本を企画した石倉さんの合作です。初心者にもわかり、中級者以上も知りたくなる内容を、読み物として面白く、というのがテーマ。と説明しても、なんだかまだわかんないので、手元のゲラの一部をお見せするとこんな感じ。




resize1164.jpg




 言葉だけじゃなくて、写真もかなり沢山載っています。そもそも、この本は多肉・コーデックス系の専門書として好評を博した「Bplants」と同じシリーズで、これらの本を制作した石倉ヒロユキさんの企画です。石倉さんは植物に限らず様々な書籍を手がけてきた本作りのプロで、実は絵本作家でもあります。彼が国内外で撮り、集めた写真がもうひとつの本の魅力。
 私への依頼は、監修役として、載せる言葉や植物の種類を選定して、解説文のチェックをしてください、というものでした。たしかに、サボタニを端から端まで無差別に育てているし、40年分の植物雑学が活きるなら、ということで、わりと軽い気持ちでお引き受けしたのです。




resize1163.jpg

resize1167.jpg




 まずはサボテン・多肉園芸の長い歴史で何かしら輝きを放った代表的な植物をリストアップ。つづいて、解説文のチェック。といっても、実際は直すより書いた方が早いので、半分くらいは自分で書くことに。ただ、私の選ぶ種類や用語ばかりだと、初心者にはとっつきにくいし、必ずしもトレンドと一致しないという問題も浮上し、このあたりは結構激しく議論しました(石倉さんごめんなさい)。
 結局、新刊本の編集経験をベースに、石倉さんが最新の人気種などを写真入りで大量追加して、用語の部分でもトレンドワードや#SNSワードなどを多数盛り込んで、しっかり2020年の多肉本らしくアップデートしてくれました。専門性の高いエケベリアやアガベ、ハオルチア等々については、私より詳しいエキスパートの方が担当してくれた部分もあり、このあたりも石倉さんの人脈のなせるわざです。

 その結果が、1200ワード、写真●●枚(いま数えてます!)、となったわけですが、石倉さん曰く、図書館に置いて欲しい真面目な本である一方で、サブカル本の面白さもある本なのだそうです。流行りのアガベはじめ、ハオやエケ、コーデックスなどの人気種グラビア本的な色彩もあります。ともあれ、全体としては”Shabomaniac!的サボタニ観”の押し売りにはなっておらず、異なるアイディアが渾然一体となっている本。初心者から中級者まで、読んで楽しく役に立つ、になっていれば嬉しいな、と思う次第。「多肉植物サボテン語辞典(主婦の友社)」6月30日刊行予定です。




新ウェブページ 「The Succulentist」


 さて、今日もうひとつ紹介したいのが、先週スタートしたばかりのウェブページ「The Succulentist」です。
若き畏友、河野忠賢さんが新たに立ち上げたもので、一見、国内のサイトとは思えない垢ぬけたビジュアルが印象的。扉にはこうあります。「毎回特別に思い入れのある植物をとりあげて、まつわるストーリーやそのバックグラウンドを紹介していこうと思っています。方々を旅して見つけて来た、新しい導入品の紹介や、幻の種、忘れられた銘品など、他では紹介される機会のない本当に貴重な植物に、ひとつ一つ光を当てていく場になればと思います」。




resize1161.jpg




 この考え方は、私が20世紀の終わりに“Shabomaniac!”の名でサイトを立ち上げたときの思いにも重なり、自分よりふたまわりも若い河野さんが、今、こういう発信を始めたことが、なんだか嬉しかったりもします。もっとも、“Shabomaiac!”が「サボテンきち〇い」だとしたら、“The Succulentist”は「多肉主義者」なので、だいぶ洗練されてますね。ちなみに、私は多肉も好きなサボキチですが、河野さんも、サボテン鑑定眼をもつ多肉師なので、共通するのは雑食性だということ。私はこれだけです、みたいに対象を絞り込むことが出来ない、欲深い植物好きなのです。だから、彼の記事は誰が読んでも面白いと思うし、まだ知らない植物の世界へ、興味と関心を拡げてくれるものになるかと。




resize1159_202006061715375ce.jpg




 ちなみに、初回の記事はパキポディウム・エニグマチクムの物語。去年出した本、「珍奇植物」のなかの雑談会でも、彼が熱弁してたパキポの最新最稀少種の物語です。 ぜひ、訪ねてみてください!















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

祝・新刊

こんにちは。

「多肉植物サボテン語辞典」予約しました。
1200語とは、チェックするだけでも目眩がしそうです。お疲れさまでした。到着が楽しみです。

No title

>conoconoさん
ありがとうございます。。1200語といっても、初級者向けの基本用語もあるし、あとは植物の種名がかなり入っていて、雑食性の本ですね^^。コノフィツム全書もとっても楽しみです。凄い本になりそうですね。

No title

サボテンはずっと好きでしたが今年やっと始めた初心者なのでいつも勉強させていただいてます!
本も予約済みで楽しみにしてます。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる