FC2ブログ

「サボテン図鑑(仮題)」に乗せる写真、募集。


 今の季節、次々と花を咲かせる植物たちの写真を撮るのも楽しみのひとつです。
じつは来年、サボテンの図鑑本を刊行することのなっているので、花が咲いたら即撮影、というのがルーティンになっています。サボテン・多肉園芸では、姿や刺に注目が集まるので、存外花は軽視されがちです。ですが、じつは沙漠の植物の花はカラフルで美しいものが多い。それに花の咲いている時期は、だいたい植物にとってのベストシーズンで、肌も新刺も美しい。一方で、多くのサボテンは開花期間が数日程度と短く、また晴れないと花が開かないことが多いため、開花中の姿を写真に収めるのはなかなか難しいのです。そんなわけでプロのカメラマンが温室に来ても、その日に撮れるのは数株しかなかったりします。やはり、植物の写真はその種の観賞のポイントもわかっている栽培者が撮影するのが一番…というわけで、晴れの休日はせっせと写真を撮る日々です。本が出るのは1年以上先ですが、皆さんのところでも、魅力的なサボテンの写真が撮れたら、是非提供をお願いします。本として、記録に残せたらと思います。

 ところで、いくら美しく咲いても、ここは自生地ではなく栽培場です。様々な人工物が背景に移りこんでしまうのが悩ましい。晴れた日に直射日光を浴びてキラキラ輝く花たちを撮りたいと思うので、屋外撮影が基本なのですが、放っておくと、温室のサッシや積み上げた用土、さらには電信柱とか、ろくでもないものが映り込んでしまいます。狭い都内の温室では、結局のところ背景を作って(というか塞いで)撮るしかありません。
 そこで登場するのが、白布と黒布。「白バック」で撮るか、「黒バックで撮るか」ということになります。今回は2つの背景で撮った写真をアップしてみます。まずは白バック。




resize1080.jpg

resize1082.jpg
   Lobivia saltensis  SC1438 Sta Barbara,3000m,Arg



 ハッキリした赤い花のロビビア・サルテンシス(Lobivia saltensis SC1438 Sta Barbara,3000m,Arg)。
大きくなると、刺がモシャモシャに伸びるとてもワイルドなタイプですが、まだ若い苗で、5cmくらいしかありません。
赤の色がきつすぎず、少し甘めのトーンなところが魅力的です。白バックが色合いを引き立ててくれます。




resize1063_20200425213904ac7.jpg

resize177068.jpg
   Escobaria vivipara var.deserti E Lee Canyon, NV



 こちらはエスコバリアのちょい難物、沙漠丸(Escobaria vivipara var.deserti E Lee Canyon,NV)です。ガラス細工のような刺と淡いイエローの花が美しい。vivipara系の花は、すっきりした剣弁で繊細なフリンジのような縁どりがある独特のもの。通常のviviparaは桃色花ですが、沙漠丸だけが、黄緑~ベージュの特徴的な花を咲かせます。この場合も、白刺が白バックに溶け合うな印象で美しいですね。

つづいて、黒バックいきます。




resize1096_2020042521402735c.jpg

resize71095.jpg
   Eriosyce villosa 'laniceps' FR483 North of Carrizal Bajo, Chile



 まずは私の好きなエリオシケ・ラニセプス(Eriosyce villosa 'laniceps' FR483 North of Carrizal Bajo,Chile)。何度かブログにあげている錆色肌のタイプではなく、こちらは濃緑肌。花は濃いめのピンクです。肌の色が深いので白バックだとコントラストがきつくなり過ぎるので黒バックがあいます。ただ、もしゃもしゃ刺も黒いので、背景に溶け込む感じですね。花色もショッキングピンクに近いので、白だと甘くなりすぎるかも知れませんね。




resize1087_20200425214241a27.jpg

resize1089.jpg
   Gymnocalycium kieslingii ssp.castaneum  STO179 SierraVelasco
 


 最後はギムノ、キースリンギー(Gymnocalycium kieslingii ssp.castaneum STO179 SierraVelasco)です。やはり肌色は黒に近い深緑。花色は少しくすんだ白で中心部はベージュです。植物本体も花もとっても渋いので、黒バックに置いたほうが引き締まります。実は白い花のサボテン、白い刺のサボテン結構多いので、こちらの方が汎用性は高いかもしれません。


 そういうわけで、いろいろ試行錯誤した結果、今回のサボテン本では、基本「黒バック」で撮影していこうと思います。白バックも美しいし捨てがたいのですが、黒のほうが植物の刺、肌色、花などの特徴が見やすくハッキリ表現出来るのではないかという判断です。もちろん、例外的にそれ以外の背景の写真も混じるとは思いますが、出来るなら黒バック、花の咲いている個体、という図鑑にしたいと思います。

 今回、自分の栽培場で咲いている株は片っぱしから撮影しているのですが、それでも写真が足りません。このブログをご覧になっている方で、サボテンの写真を図鑑に掲載するために提供して戴ける方がいらっしゃったら、是非お知らせください。植物の図鑑は、写っている標本の魅力がすべてです。大株や特別の個体でなくても、丹精された状態の良い株には、光を放つような魅力がありますよね。写真は黒バック、だと一番よいのですが、基本は主役の植物なので、それ以外もありです。「きょう品評会があったら、ぜったい出品するんだけどなぁ」という栽培株のベストの姿をぜひ写真に収めていただけたら、と思っています。日本のサボテン栽培家たちの記録として残せる本に出来たらなぁ、なんて思っています。刊行は来年なので、時間はまだまだありますので、ぜひ、よろしくお願いいたします。










テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

かなーり楽しみです!
和名の表示もぜひお願いします。

No title

こんばんは。書籍の写真の件読みました!
黒背景で撮影できた写真はShabomaniax!氏のインスタグラムのDMや、ここのコメントにメールアドレスなどをつければよいでしょうか?

また、このブログ記事をTwitterなどで紹介することは問題ありませんでしょうか?

No title

ぜひ写真撮りたいです。締め切りはとかあったら教えて下さい。

No title

>よつばさん
ありがとうございます!コロナで取材が大変ですが、来年なのでなんとかなると思います。日本語名もわかる範囲のものはしっかり書き込むつもりです。

>にっぴーさん
そうですね。実際に本に載せるときには、大きいファイルの画像が必要になるかも知れませんが、まずは私のメールなり、インスタなりにお知らせいただければ幸いです。ブログなどの引用、twitter拡散もよろしくお願いします。よい標本は日本中にありますからね。

>yo_la_cactusさん
本になるのは来年なので、締め切りもまだ決まってません。だいぶ先です。yo_la_cactusさんやお知り合いのコレクションで、良い標本、珍しいものなどあれば、撮影戴けると嬉しいです。マイナー種も歓迎です。


No title

Shabomaniac! 様

いつもブログのキレイな写真を拝見しております。
Twitterでツイートが流れてきましたので、コメントいたします。

3年ほど前からサボテンの種まきにハマり、主に種からサボ・多肉を育てています。
黒背景のキレイなサボテンの花の生態写真が多く必要とのことですが、これから南米種 (レブチア、ロビビアなど)がいくつか咲きそうですので、少しでもお力添えになればと思いコメントしました。

インスタやTwitter、ブログでよく写真を挙げておりますが、このような質のものでも大丈夫でしたら画像データを送りたいです。
いかがいたしましょうか?

たわし集め

No title

>たわし集め さま

ご連絡ありがとうございます。レブチアやロビ、私のところにも多少ありますが、写真得難いと思います。ぜひ、良いのが撮れたらお知らせください。本になるのは来年ですので、時間はあるので、魅力的なカクタスをいろいろ集めて載せたいと思っています。よろしくお願いします!

No title

>shabomaniac! 様

ありがとうございます!
マニアックなロビビアが開花しそうなので、写真に撮っておきたいと思います。

黒背景で撮影とのことですが、撮影に関して黒い紙を使うのか、光量の調整はどうするのかなど、コツがありましたら教えていただけませんか?

No title

>たわし集めさん

黒布、黒紙などを後ろに置き、植物には日があたり、紙にはあたらないよう工夫すると、しっかり黒バックになります。コントラストが強すぎるときは、カメラにDレンジオプティマイザー的な機能があれば使うこともあります。露出を変えて数枚撮っておくと、あとでトーンの良いものを選べます。プロがブツ撮りするときは太陽光をあまり使わないとからもわかるように、太陽光での撮影は結構難しいですが、サボテンの花は太陽の光のもとで撮りたいので、悩ましいですね。

No title

>shabomaniac! 様

助言ありがとうございます!
何とか試行錯誤しながら撮ってみます。

写真が撮れましたらそちらにデータを送りたいと思います。

No title

Shabomaniacさん、こんばんは。
記事に気づくのが遅れました。

写真はスマートフォンで撮影した物でも構いませんか??
一眼などが手配できればそれで撮っておきます。

刺サボやその他、本に載せても恥ずかしくないような物は開花のタイミングに会い次第写真に収めておきます。

No title

はじめまして
私はロビビアとレブチア専門で楽しんでいる素人田舎者です。
素晴らしい企画です!
最近サボテン図鑑が少なく、私も花サボテンの書籍を作ろうと計画していたところでした。
まだまだ経験が浅く出しゃばることもできないので、もう少し経験を積んでからと思っておりました。
ロビビア、レブチア 海外の輸入種子からの株がそれぞれ100種以上ありますので、少しでもお力添えになればと思いメッセージを送らさせていただきました。
素人でお恥ずかしいですが、写真提供させていただけますと光栄に思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

No title

>ロビ男さん
花サボテンも重要な一分野と思っています。拙宅には原種のロビ、スルコがいくつかありますが、特化してやっている方に協力お願いせねばと思っていました。原種、園芸種問わず、開花写真があれば掲載したいと思っています。できれば黒バックで撮影してもらえると助かります。メール(HPに記載)か、インスタのDMなどでご連絡いただければ幸いです。

>いとうさん
スマホでも、フォーカスがきっちりあっていれば、大きくすると難しいようですが、ふつうのサイズなら掲載可能ときいてます。ご自身のコレクションに限らず、よい瞬間の写真、背景が整理された状態で撮って戴ければ…よろしくお願いします!

サボテン図鑑(仮題)」に乗せる写真

おためしで撮ってみました。(Shabomaniac! 画像掲示板No.3048 )
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる