FC2ブログ

シルバーヒルのラケナリア。


 ラケナリアは、花のきれいな育てやすいケープバルブとして、親しまれていますが、いわゆるビザールプランツの範疇に入るものはそう多くないと思います。ほとんどの品種は丈夫で土もあまり選ばず、関東ならば無加温のハウスでも楽に越冬してよく咲きます。私のところにあるものは、かつて南アフリカのシルバーヒルシード(Silverhill seeds)のリストからランダムに注文、播種したもので、たいして調べてもいなかったので、咲いてみてはじめてこんな花だったか、という感じ。そんなに派手なものではないですが、花の少ない厳冬期に開花してくれるので、なんだかほっこりします。先週、ハウスで咲いていた2種を紹介します。




resize0292.jpg

resize0290_202002162020521fb.jpg
   Lachenalia carnosa



 カルノーサ(Lachenalia carnosa)は、ナマクァランド原産のコンパクトな種。自生地では丘陵地で岩の隙間などを好んで生えているようです。写真の株はまだ若い株で、日陰で水多めに育ててしまったせいか葉が立ち上がっていますが、本来は地を這うように葉をひろげる姿になるようです。壺型で先端が青紫に染まる花を鈴なりにつける姿が印象的ですが、これも本来はもう少し短く密生した感じになるはず。開花サイズに達したので、来年からは無遮光の場所で厳しめに育てて、ナマクァランドの植物らしい姿に仕立てたいと思います。




resize0283_20200216202343260.jpg

resize0287_20200216202349741.jpg
   Lachenalia flava



 つづいてはフラヴァ(Lachenalia flava)。その名のとおり小学生の雨傘みたいな黄色の花が鮮やかです。さまざまな花色があるアロイデス(Lachenalia aloides)の亜種とされることもあり、たしかに葉姿は似ています。広い範囲に分布し、花色、姿の変異の多い仲間です。アロイデス系は適応性が高いのか、丈夫なラケナリアのなかでもとくに性質が強く、植えっぱなしでも毎年よく咲きます。写真の株はまだ若い実生苗ですが。




resize0285.jpg




 こうしたラケナリアはじめ、南ア多肉やケープ球根の多くの種を、シルバーヒルシードから輸入して育ててきました。しかし、園を運営してきたサンダース夫妻(Rod and Rachel Saunders)が、2018年の採種旅行中にテロリストの襲撃で亡くなってしまったのです。夫妻とは、メールなどでのやり取りだけでしたが、育て方の指南もしてもらい、リクエストで種子を集めてもらったこともあります。園はいまも後継者によって存続しているとのことですが、検疫制度の変更などもあり、ここ数年は種子を購入していません。
 冬の日を彩る南アフリカの野草。この素朴な花たちにはそんなストーリーがあります。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる