FC2ブログ

大地の目 (オフタルモフィルム Ophthalmophyllum)


 コノフィツムのなかで、頂部に透き通ったガラスのような窓をもつ一群。自生地では半ば地中に埋もれ、透明な窓が大地に埋め込まれた目玉ようみえることから、かつてはオフタルモフィルム属と呼ばれていました。現在はコノフィツムのなかの一節(Section Ophthalmophyllum)となっています。水分をたっぷり含んだ瑞々しい葉は、色や透明感のバリエーションが豊富で、まさに宝石をコレクションするような楽しみがあります。花は白から桃色で、比較的大きく、1週間以上咲き続けます。多様なコノフィツムのなかでも派手な植物なので、人気が高まってきそうです。




resize0091_20191129120742ced.jpg

resize0093_20191129120748e85.jpg
   Ophthalmophyllum lydiae 'haramoepense'  SH379 E Naip



 ハラモエペンセ(Conophytum lydiae 'haramoepense' SH379)の名で流通しているもので、S.ハマー氏のフィールドナンバーがついています。むかし、メサ・ガーデンから苗で導入したものだったと思います。ふっくらと扁平で、お餅のような質感の植物体から、ツートンの目を惹く美花を咲かせる良種です。このハラモエペンセという名は、コノフィツム属に同名異種があり、オフタがコノに統合された今となっては混同必至です。この植物の記載上の正式名はライディアエ(Conophytum lydiae)になるのかな、と思われます。この株は3頭立てになって十年くらい、頭数もサイズも変わらず、毎年の脱皮だけは続けています。メセンには、こういうことがよくありますね。




resize0129.jpg

resize0130.jpg

resize_1529.jpg
   Conophytum dinteri ssp.friedrichiae M.1792.6  SE Kenhardt.



 フリードリッヒアエ(Conophytum friedrichiae)は風鈴玉の愛称もある、古くから親しまれてきた種ですが、オフタの王様といってもいいくらい存在感のある植物です。褐色系ではヴェルコースム(C.verrucosum)と双璧で、琥珀色からガーネットまで、その深い色合いは、光に透かして眺めると、宝石よりも美しい。このM.1792.6(メサガーデンの整理番号・Kenhardt産)は、とくに色合いが素晴らしいのですが、丈が伸びやすい傾向があり、真夏も薄暗いところには置かない方が良く、9月半ばから強い光線にあてて色をハッキリ出していきます。この渋い色合いの植物体から、真っ白な花が咲くところも最高です。ぜひ、逆光で眺めて下さい。午前中の陽射しと、夕暮れ時では、違った表情を見せてくれますよ。




resize0101.jpg

resize0105.jpg

resize0100.jpg
   Ophthalmophyllum aff pubescens SB806 Stofkloof



 瑞々しいグリーンボディのオフタルモ・プベンケンス(Conophytum aff.pubescens SB806 Stofkloof)。SB806の特徴はこのサイズ感です。1頭が1cmあるかないか。この仲間としては異例の小ささです。プベスケンスすべてが小さいわけではなくて、このフィールドナンバーの個体群が特に小さいようです。アフィニティがついているのも、そのせいかも知れません。小さいけれど、頂部には水滴をのせたように透明な窓があって、可愛いのなんの。プベスケンスの特徴は、学名が示すように球体にうぶ毛のような微かな突起があること。この個体も小さいのでわかりにくいですが、ボディ全体がビロード状にけば立っています。小さな植物が密に群生して、端正な花を揃って咲かせると、なにやら精密な工芸品のような魅力がありますね。



 コノフィツムは栽培が難しいという声をよくききますが、このオフタルモ系は比較的大型に育つ種が多いので(最後のプベスケンスも、コノ全体のなかでは通常サイズです)、夏越しの耐性も強く育てやすいグループです。しかし、光量が不足すると上に伸びて見苦しくなるので注意が必要です。成長期はざっくり9月~3月で、それ以外の季節は旧皮をかぶった形で休眠するものが多い。種によっては、リトープスのように新旧の葉が入れ替わるような脱皮をするものもあります。休眠期は50%程度の遮光と十分な通風(できれば最高温度30度程度に)が必要ですが、成長期は遮光なしの方が色もハッキリでて美しく育ちます。夏場の水やりはしなくても小型のコノフィツムのように枯れることはあまりない。また、成長期も水やりが多いと身割れしやすいので、2週に一度程度に留めています。実生からの育成では2~3年程度で開花株になります。草花感覚で種まきして、その後何十年も楽しめる植物です。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

ご教授ください

初めまして。
以前からちょくちょく拝見させていただいております。
最近になってメセンを集め始めた多肉歴5年の駆け出し者です。
シャボマニックさんがメセンを植えてらっしゃる鉢のピンク色の化粧砂はどのような商品か教えていただけないでしょうか。
植物が映える素晴らしいものだと思いまして。
よろしくお願いします。

No title

>takashickさん

いろいろな砂を使っていますが、オレンジぽいの、桃色ぽいのは、いずれも熱帯魚用の底砂利です。前者はクリスタルオレンジという商品名でした。ピンクの方は商品名失念しましたが、店頭にあると思います。ほかにもいろいろ綺麗な砂があって、鑑賞魚の砂は使えます。

No title

ご教授いただきありがとうございました。
熱帯魚用のものでしたか。
いくら園芸用のものを探しても見つからないはずです(苦笑)
ぜひ試してみたいと思います。
ありがとうございました。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる