太平丸の顔。

太平丸。ここ十年あまりは、押しも押されもせぬサボテン界最強のスター。
かつていまのような大メジャー種ではなくて、どちらかというと脇役の部類だったので、
私の天の邪鬼根性とも一致して、いろいろ集めたり、育てたりしてきました。
成長が遅いために、かつては山木一辺倒で、実生から育種をするなどは考えられなかったものですが、
いまでは名人たちがそれぞれ、自慢の親木からすぐれたトゲの太平丸を作出してます。


99waterman1S.jpg
     E.horizonthalonius "nicholii" Waterman Mt.AZ


太平丸の産地はアメリカ南西部からメキシコ中部まで広大な範囲に拡がっており、その分タイプ差もいろいろ。
刺のタイプなどから、小平丸、翠平丸、尖紅丸、花王丸、最近では雷帝、ニコリー、フランクリン・・・
さまざまな愛称が各タイプにつけられていますが、学術的には太平丸(Echinocactus horizonthalonius)
一種類です。地域ごとの変異、顔違いはボーダーレスに繋がっていて、あえて線引きするにはムリがあり、
分類としては適切だと思います。


99waterman4S.jpg
     E.horizonthalonius "nicholii" Waterman Mt.AZ


上写真2枚の野生太平丸はともに分類学上のニコリー(E.horizonthalonius "nicholii" Waterman Mt.AZ)で、
アリゾナ南西部で撮影したもの。でも、国内で接ぎ木などで繁殖されている「長豪刺のニコリー(園芸種)」
とは違う顔です。この“本物の”ニコリーのコロニーには、確かに直刺を突出した栽培種を彷彿とさせる個体が
多いのですが、園芸的には冴えない貧弱な顔の株も多数混生しています。この地域の太平丸“ニコリー”最大の
ポイントは、刺でも肌色でもなく、他の多くの太平丸がチワワ沙漠産なのに対し、アリゾナ~メキシコ北西部の
ソノラ沙漠に隔離分布している、ということです。


02franklin28S.jpg
     E.horizonthalonius "Franklin" Franklin Mt. El Paso,TX


そしてこちらは、野生の「フランクリン太平」。ニコリー同様、日本では園芸的に結構名前が通っている
太平丸です。しかし野生種の方は、肌の青みこそ強いものの実にジミというか平凡な太平丸で、
写真の株がこの産地の平均点。
日本で言うところの、太刺がうねる名品「フランクリン太平」は、おそらくたまたま見つかった特異な個体に
つけられた愛称で、テキサス州の本家フランクリン・マウンテン(Franklin Mt.)では、
そんな個体はまず見あたりません。

いま、国内でいろいろな名前で呼び分けられているものも、輸入球のもともとの産地が定かではないうえに、
多くは外見だけで区別され交配されてきたので、分類上の亜種(ssp.)や変種(var.)とは言い難く、
あくまで見かけ上の顔タイプの園芸的愛称と考えるのがリーズナブルです。

といって、顔違いやタイプ違いを集める楽しみを否定するつもりはまったくなくて、かくいう私も色んな産地の
タネを実生して育てています。フォルム、肌色、刺、花・・・たしかにバラエティ豊富で、太平丸一種類でも
コレクションが出来るくらい、奥が深いです。


IMG_9605S.jpg
    E.horizonthalonius M170.6 Huizache,SLP
IMG_3849S.jpg
     E.horizonthalonius M170.59 El Pilar Coah


写真上は、メサガーデンの整理番号M170.6 種子からの育成で、日本でいう小平丸というタイプに近い顔立ちの
もの。産地はメキシコ・サンルイスポトシ州ウイサッチェ(Huizache)です。
写真下は、同じく整理番号 M170.59 メキシコ・コアウィラ州エル・ピラー産(El Pilar)で、刺の黒みが強い。
むかし「黒刺太平丸」なんて名前で輸入株が流通していたタイプに似ています。
同じ太平丸でも、たしかに両者の雰囲気はずいぶん違う。園芸家としては、それぞれに名前を
つけたくなりますよね。ちなみにどちらも実生から10年ほど育てたもの。


TDSC06650S.jpg
     「花王丸」の古い輸入球(E.horizonthalonius "KAOMARU" habitat unknown)


最近までは、産地のハッキリした太平丸の種子は得難かったのですが、この頃はチェコのプラントハンターたちが
メキシコの原野を歩き回った結果、新しい産地も含めて色々なタイプの太平丸種子が流通するようになり、
実生育成の楽しみも格段に拡がりました。
実際、蒔いてみると、栴檀は双葉より芳し・・・ではないですが、実生1、2年の時分から顔違いが
出てきて実に楽しみなものです。


次回はそんな各産地の太平丸小苗を写真で紹介するつもりです^^。


コメント

非公開コメント

大好きな太平丸。

初めて太平丸を見たとき目が点。業者のリストを見て皆高価でまたまた目が点、姿からは想像出来ない大輪の花。今でもサボテン界の頂点に君臨しているのは間違い有りません。自生しているニコリーの画像始めてみました。家でも接ぎ木のニコリー有りますが全くの別物。蒔きたくとも種は売ってないのでshabomaniacさんの画像を目に焼き付けておきます。何方かニコリーの種売っている業者さん知っていたらお知らせ願います。

なんでここにいるのと聞きたくなる

一番上の写真、いいですねぇ~e-350
大きい石がごっろごっろあるような激しい環境に生きてる太平丸カッコイイです!!
しかも一人ですしね!(後ろにいるとかないですよね?w)

Waterman Mtのニコリーの写真いいですね~
まだまだ小さいのですが、Waterman Mtニコリーらしいのが家にあるので
上の写真を目標にして育ててみたいです。私の技術では無理だと思いますが^^;
実生10年でこれほど立派になるんですか?うちの2~3年の実生苗見てると
10年後このように立派になるなんて想像出来ません。初心者には太平丸は難しいです><

>sileriさん
太平は兜などと比べても名品美苗の基準が多様なので、いっそうあつめ甲斐がありますよね。自生地ニコリーは玉石混淆で、日本のスーパーニコリーは、超エリート個体だと思います。タネはmesa gardenのWaterman Mt.AZとあるものがニコリーにあたります。国境こえてソノラ州にも分布しているようですが、未見です。
>l-marshさん
そうそう、ここの太平丸は唯一、弁慶柱(西部劇に出てくるデッカイフォークみたいなやつ)と一緒に生えてるんです。だから観光的にも見所のある場所。でも国境地帯なので、最近はメキシコからの密入国がらみで治安はよくないみたいですが。
>yoyonさん
太平は育ちは遅いけど、肉質硬いし案外丈夫ですよ。兜よりも腐らない気がします。ニコリーは刺も球体も大柄大味で、それが長所でもあり短所。そのぶん成育は旺盛です。10年経たずに見頃の株になりますよ!うちなんか乾燥がちの超遅鈍栽培ですから、名人のところならこのサイズまで5年くらいかも^^;。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる