FC2ブログ

未来のスター植物


resize5605.jpg
   Tephrocactus alexanderi 'geometricus' JN518



 昨今、ウチワサボテン類(Opuntia)の中で、別格扱いのスターにのぼりつめたのが、テフロカクタス・ゲオメトリクス(Tephrocactus alexanderi 'geometricus')です。それに引っ張られる形で、オプンチア全般への関心も高まっていますが、きょうはまだあまり知られてない未来のスター候補の植物を二種、紹介します。ゲオメトリクスの栽培にも参考になるので、ぜひご一読を。




resize5568.jpg

resize5572.jpg

resize5573.jpg
   Maihueniopsis ovata  CJH147



 マイウエニオプシス・オヴァータ(Maihueniopsis ovata)。なんといっても、この黄金の盃のような、完璧なカップ型の花が素晴らしい。多数の花弁が重なりあって、このフォルムが生まれます。色も、どこか蔭を宿した深みのある黄色です。植物本体は、小指~親指サイズの丸っこい茎節からなる、おなじみの南米ウチワスタイルです。そんなこともあって、テフロカクタスと混同されることもありますが、テフロがいわゆるウチワサボテンのように茎節を縦に重ねて上へ伸びていくのに対し、マイウエニオプシスは小さな茎節を密なクッション状に群生させます。また、地中に太い直根を伸ばすことも特徴です。栽培でも、暑い季節にざんざん水をかければ元気に育つテフロとは違って、酷暑期に太い根が傷みやすいので、灌水は3月~5月、夏は休んで、秋に数回、という管理をしています。
 オヴァータは丸い茎節を重ねて、径20cmくらいの小マウンド状に育つ種で、アルゼンチンからチリにかけてのアンデス山麓の比較的標高の高い場所に分布します。やはり根が太く長いので、栽培ではやや深めの鉢が必要になります。このクローンは、コンパクトに育ち、刺がなく(芒刺=Glochidはある)かわいらしいタイプで、特に大きく豪華な花を咲かせます。いってみれは選抜良タイプですが、ヨーロッパではオプンチア類の育種や選抜をする愛好家がけっこうな数でいて、専門業者もあります。この苗は「Tephrocactus and other prickly pears」の著者で専門園 Chiemgau-kaktus のオーナーでもあるMichael Kiessling氏に送ってもらったもので、特別大事に育てているもののひとつです。




resize5591.jpg

resize5587.jpg

resize5588.jpg
   Cumulopuntia rossiana (red flower form)

 

 こちらもマウンド状に育つ南米オプンチアで、ちょっとテフロのボニアエに似ていますが、クムロプンチア(Cumulopuntia)という別属になります。クムロプンチアは、果実や種子、また刺座の配置などで他属と区別されますが、栽培者目線ではとても特徴のつかみにくいグループです。分類上も様々な種がここに放り込まれたり、また取り出されたりしています。なかで、このロッシアナ(Cumulopuntia rossiana)は、丸い茎節を集めてクッション状に育ち、花も美しいので、栽培植物としてはとても優れたもの。花色は黄、オレンジ、赤と幅がありますが、この株は鮮やかな赤花。やはり、ドイツのMichael Kiessling氏による選抜苗です。
 ボリビアの高地原産で、こちらも根は太く塊根状になります。成長は遅いですが、オプンチアのよいところで、子を外せば簡単に発根するので、これから殖やしていきたい植物のひとつ。テフロカクタスもそうですが、花を咲かせるにはコツがあって、春、あまり早いうちから水やりをすると、花芽が茎節にかわってしまうので咲かなくなります。4~5月、あたらしい芽が蕾らしい形になってきてから、たっぷり水をやると、うまく咲かせることが出来ます。もちろん、例外的な種もあるので、ざっくりとした話ですが。




resize5575.jpg

resize5585.jpg




 ということで、未来のスター候補として、南米ウチワ2種を紹介しましたが、この先人気が出るかな。といっても、音楽でも小説でも、私が好きなものが大ヒットしたことはあまりないので、まあマニアックな人気が出ればよしとしましょう。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

教えてほしいことがあります。

はじめまして。
私はTillandsiaをはじめとするブロメリア、あるいはコミフォラといった灌木系の植物をメインに楽しんでいる者です。
が、Shabomaniac!さんに触発されて、黒虹山ブライネイの虜になり、メサやケーレスから様々な種子を取り寄せてしまいました。これまで植物を実生した経験もなく、サボテンにも特に興味がありませんでした。
とりあえず、見様見真似で半透明のBOXに殺菌剤を薄めた水で腰水にし、3日が経ったところですが、
殺菌剤を混ぜた水で腰水をするのか、普通の水で腰水をして殺菌剤を混ぜた水で霧吹きするのか、日照はどの程度必要なのか、置き場所は?、そもそも腰水をいつまで続けるのか、植替えはいつなのか、若い苗の時の水やりの判断はどうするのか、・・・全くわかっていません。
大雑把で構いませんので、今後の流れを教えていただけないでしょうか?
毎年播種を続けて経験を積んでいこう、生涯の楽しみにしようと思っています。
なので失敗は覚悟していますし、それも必要と思いますが、最低限の手順をアドバイスいただきたいです。
突然に見知らぬ私が不躾とは存じますが、どうかよろしくお願いいたします。

No title

> Debelius73 さん
サボテンの種まきは、一般に優しく、覆土なし腰水バラ蒔きで、35度程度(遮光50%)で、1~2週間で発芽します。ただし、スクレロカクタスや、大竜冠、テフロカクタスなどは難発芽性で、うまくいくときで2~3割しか出ないことが多い。発芽を促す方法としては、種の尖った部分を針で傷つける、夏の夕立に打たせる、ビニール袋で密閉するなど、色々な方が試行錯誤しています。一般のサボテンは、発芽がおわるまで腰水でOKですが、難物サボテンは発芽後も腰水していると腐りやすいので、芽を出した種子から、ひとつひとつ根を傷つけないように別の鉢に植え替えます。発芽は1~2か月ぱらぱら続きます。植え替えた幼苗は、乾かさないように一日おきくらいに灌水します。殺菌剤は噴霧にとどめ、腰水そのものを薬液にすると、薬害が出ることがあります。以下、参考になるエントリー、あげてみました。

http://shabomaniac.blog13.fc2.com/blog-category-20.html
http://shabomaniac.blog13.fc2.com/blog-category-20.html
http://shabomaniac.blog13.fc2.com/category20-4.html

No title

励みます。(またご相談するかもしれません。)
ありがとうございました。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる