FC2ブログ

コノフィツムがいてくれる。

  
 もし、コノフィツムを育てていなかったら。
 秋から春まで、サボテンやコーデックスの大半が、休眠したり、動きが鈍る季節は、植物生活もかなり退屈なものになるでしょう。でも、日本の野山が枯野一色になるころ、メセン栽培場では、まるで春のようにコノフィツムたちが動き始めます。




resize5236.jpg
     Conophytum pellucidum ssp.terricolor M.1443.29 Rietberg



 写真は9月に撮影した、ペルシダム(Conophytum pellucidum ssp.terricolor)です。
 蒸し暑い日本の夏を、乾いた旧皮を被って乗り越えると、水もやらないのに花を咲かせました。夏場に水をやっていれば、この時点で新球が吸水して膨らみ、皮を突き破って育っていますが、この株は水を切ったままだったので、ミイラみたいな状態のまま、開花しました。これはこれでビザールな眺めです。でも、3月半ばから半年間、一滴も水を与えていないのに、これだけ花を咲かせる力を蓄えていることに感心します。




resize5252.jpg

resize5249.jpg
   Conophytum pellucidum ssp.terricolor SH1252 Krymekaar Junction



 上の写真は、一度だけ水をやったあと、開花したペルシダム(C.pellucidum ssp.terricolor SH1252)。独特な窓模様から「バッドウィング(蝙蝠の翼)」と呼ばれる有名なタイプです。旧皮こそ突き破ったものの、開花に力を使ったため、新球はじゅうぶん膨らんでいません。でも、その分、紅い宝石のような窓の透明感、色合いが深くて美しい。その後、しっかり水を吸い上げて膨らんだのが、下の写真です。ペルシダムは、夏場に日陰で休ませているときに水をやると徒長しやすい。日陰では断水し、水を吸って動き出したらしっかり強い光線にあてることで、丈低く形のよい群生株に仕上がります。




resize5244.jpg

resize5245.jpg

resize5250.jpg
     Conophytum cubicum N Eksteenfontein(TL)



 その名のとおりキュービックなコノフィツム、クビクム(Conophytum cubicum)。半分溶けて柔らかくなったキャラメルみたいな、微妙なひしゃげぐあいが魅力的です。四角いコノは他にもアンゲリカエとかクルシアツムとか、いくつかありますが、たぶんこれがいちばん丈夫で育てやすい。乾いた皮も薄くて自然に剥がれます。この種は、やはり成長期のはじめの秋口に、長い花筒を伸ばして純白の花を咲かせます(写真下)。みかけたらぜひ手に入れてもらいたいコノフィツムです。




resize5255.jpg

resize5253.jpg
     Conophytum regale Ratelpoort(plant from TS)



 白い花が続いたので、こんどはピンク花のコノフィツム、レガレ(Conophytum regale)。古典的なタビ型フォルムなのに、まんなからへんに窓があります。というか透明な部分がある。ペルシダムやマウガニーのようにほとんど地中に埋まって育つわけではないので、窓がここにある決定的な意味はわかりませんが、とてもチャーミングです。たぶん、ここに窓があるとかわいいからそうなってるに違いない。茎の部分が弱いのか、頭数が増えると倒れてしまったりして、大きな標本に育てるのはなかなか難しい。




resize5247.jpg

resize5248.jpg

resize5242.jpg
     Conophytum minimum 'wittebergense' M1472.5 Klein Spreeufontein



 こちらは最近人気があるアラベスク模様のコノフィツム、ウィッテベルゲンシス。中国などでとても人気になっていて、最近は毒々しいくらい濃色の紋様の株も出てきています。紋様が濃色で派手だと驚くような値段になるみたい。この株は無選抜の平均的な顔で、うちにはこういうあっさり顔しかいません。花は几帳面な夜咲きで、夕方も朝も開いてない。このときもカメラを構えて待っていましたが、結局まっくらになるまで咲きませんでした。花粉つけをしなくても種が採れるのですが、蒔くと発芽しない。顔違いを殖やしたくなったら、夜更けに懐中電灯で授粉しないといけませんね。




resize5259.jpg




 そんなコノフィツムたちも、陽射しが強くなっていくにつれて、少しずつ眠たげな表情をうかべるようになります。球体の成長が止まり、肌も陽射しにやけて赤味が強くなってくる。それから徐々にハリがなくなって、しわっぽくなる。そうなれば、もう水をやっても膨らみません。また半年間の、お別れの時期が近づいてきています。もうすぐ春なのに。いや、もうすぐ春だから。

















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

とても参考になります。
ペルシダムをきれいに管理する方法は真似してみようと思います。
SNSのほうでもそうですが、育てやすいものと管理が難しいものについて書いてくれてるのでありがたいです。初心者なので難物と知ってあわててメサの購入予定から外したりすることも・・・。
あと、人工授粉しなくてできた種子が発芽しないとはビックリしました。種が採れてる~とかぬか喜びしたらダメなんですね。( ´∀` )

No title

>がぶりえるさん

ペルシダムは、夏の終わりから動き出すので、棚下から出し忘れれて徒長させてしまったことが何度かあります。なので、いまは棚下にしまわず、夏も50%遮光で過ごしています。タイプによって色、窓模様もさまざまで、いろいろ集めたくなるコノフィツムですね。

No title

Shabomaniac!さん、こんにちは。

コノフィツムは数えるほどしか持ってませんが、ペルシダムが気になって自家採種した種子を播いています。リトープスやオフタルモに共通する「窓」に魅かれているのかもしれません。その点ではレガレも気になりますね。
それにしても、一見無造作に並んでいるムイリアの見事なこと。これも実生ですか?凄いですね。いつかタネから挑戦したいものです。

No title

>noriaさん

窓メセンの美しさは格別ですね。なかでも、ペルシダム系は、サイズ、色、窓模様、ほんとに千差万別で、しかも、同じロカリティの同タイプのなかでもさらにタイプ違いもあって・・・と、コレクションは無限大にひろがります。
写っているムイリアはメサの種の実生で、かつて10株以上あったのですが、ある夏いっぺんに枯らして、3クローンだけになってしまいました。ことしは頑張って種を採りたいと思ってます(去年はメタボで花がしっかり咲きませんでした)。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる