FC2ブログ

2019年1月1日

  
明けましておめでとうございます。


砂漠の旅から遠ざかって、十年近くになります。
出かけると、必ず会いたくなる植物というのがあって、アメリカ西部に分布するアガベ・ユタエンシスもそのひとつ。なんども見ているのに、なぜか足が向いてしまう。岩が露出するような急斜面を息を切らして登っていくと、意外な場所でコロニーに出くわします。生えている山によって、それぞれ顔も違うので、それもまた面白い。




sssssresize5091.jpg
   Aagave utahensis ssp.eborispina, Clark County,Nevada



これは、エボリスピナ(Aagave utahensis ssp.eborispina)と呼ばれる型。するどく尖った葉先の刺は、象牙のようなやわらかな白。ギザギザ具合には個体差があります。ラスベガスから2時間くらい走ったところにある、近くにはスキー場もある場所で、土がほとんどない岩山にしがみついていました。なかなかハンサムな植物が多かったのでよく覚えています。


基本種のユタエンシス・ユタエンシス(A.utahensis ssp.utahensis)は葉のグリーンがやや濃く、尖端の刺は短い。青磁炉とよばれるネバデンシス(Aagave utahensis ssp.nevadensis)は葉が細みで尖端の刺が漆黒に染まって美しい。でも、典型的な個体は数が少ない。アリゾナ産のカイバブエンシス(A.utahensis ssp.kaibabensis)は、刺がおとなしく、側刺がない個体も見られ、別種のよう。この仲間は最近人気があるようで、国内にも沢山入ってきているけれど、なかには野生株と思しき株もあって、自生地から剥ぎ取られたのかと想像するとちょっと痛ましい。種からでも十数年すれば立派な標本になります。いろんなタイプが出現して面白いので、種が手に入ったら、ぜひ実生してみてください。


という私は、毎年春にサボテンや多肉植物の種を蒔く様になって二十五年くらい経ちました。切れ目のない日常に追い立てられるうちに、植物も、子どもたちも、いつのまにか大きく逞しくなってる。それで自分の方がどうなったかというのは、あまり考えたくないけれども。でもまあ、自転車と一緒で、人生も下り坂の方が楽にスピードに乗って、風をうけて気持ちよく走れるのかな。きっと、砂漠の旅にも出かけやすくなるだろうし。


ともあれ、今年もよろしくお願いいたします。





2019年1月1日
Shabomaniac!
https://www.instagram.com/shabomaniac/












テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

shabomaniac!さん、

明けましておめでとうございます。
togemonこといわたです。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年の4月下旬にエルパソ~ロスアンゼルスまでの
北米サボテン自生地ツアーを予定しています。

ブログで御紹介されている
E.horizonthalonius "Garfield" DonaAna co. NM
E.horizonthalonius "nicholii"Watermann Mts., Pima Co.
を見たいと思っていますが、自生地ポイントが判りません。
御存知なら教えて頂けませんでしょうか?
たぶん公開はまずいと思いますので(~_~;)
お手数をお掛け致しますがメール頂ければ幸いです。

No title

明けましておめでとうございます。
わたしも旅だけはけっこうやってきましたが、フラフラするからには植物は育てられず、その頃はあまり興味がありませんでした。現在メセンにハマり、アフリカ大陸への思いが募ります。数回訪れた中での思い出は、サボテンが美味しかったことぐらい。逆に今は植物の世話で旅立てず、ジレンマですね〜。興味も知識もあって訪れることができる人が羨ましいです。

Ivory-Spined Agave

Shabomaniac!さん、新年あけましておめでとうございます。
画像の"eborispina "乾ききった Nevada の風を感じますね!
Ivory-Spined Agave とも呼ばれるこのグループ、小型なのに
野性味があっていいですよね。
Las Vegas の近くで山一つ全部 "nevadensis" なんて所も
ありました、枯れた花穂が無数にあってすぐにそれとわかりました。
なんて思い出していると、またすぐにでも見に行きたいですね!

 本年もよろしくお願いいたします。

No title

あけましておめでとうございます。
shabomaniac様の下さる貴重なアドバイスを
実行してきたおかげで
なんとか咲かせたかった花を咲かせられたり
成長を維持することができました。

カイバベンシスのFN付きの発芽率が
10粒撒いて10粒発芽して驚きました。
実はどのような種類なのかよくわからずに
撒いたのでこの記事にはとても助けられました。
今年もどうかよろしくお願いします。

No title

>いわたさん
今年もよろしくお願いいたします。
あとでメールお送りします。

>がぶりえるさん
サボテン多肉は、数週間放っておいても元気で留守番してくれるので、旅行には行けるのですが、いかんせん仕事に切れ目がなく・・・。今年こそはと念じております。

>Yuccaさん
エボリのなかでも、山によって刺の個性は違って、面白いです。大竜冠、鯱頭、白紅山、英冠、そしてこのエボリあたりが、アメリカ西部の旅ではメインになりますね。

>さぼちゃんさん
種から完成株までは時間がかかりますが、遠い未来が楽しみになるので、毎年いろいろ蒔いています。ことしも、これから春に蒔く種の仕込みです。


No title

メール頂きました。
ありがとうございました!
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる