FC2ブログ

一点モノ⑧黒牡丹群生


 長いつきあいの黒牡丹です。
 その昔、世の中がバブル景気に浮かれていたころ、サボテン界も高級種を中心に投機的な盛り上がりを見せていました。その中心になっていたグループのひとつが、牡丹類、アリオカルプスです。日本の業者がメキシコから大量の山木を輸入し、選抜された疣の大きいもの、変わった特質を持つものは百万円を超えたこともあったと思います。ちょっと、いまのマダガスカル植物をめぐる状況と似ていますね。
 当時、私はまだ中高生で、当然何万円もする玉牡丹や象牙牡丹、連山などは手が出ません。ですが、黒牡丹、姫牡丹はタイプ差があまりないこともあって割安でした。この株も当時5cmくらいの株でしたが、数千円だった。ずらりと輸入球が並んだ当時の通販カタログ(当然、紙に刷ったもの)のなかで、数少ない手が届く宝物でした。それが、この株です。




resize5001.jpg
     Ariocarpus kotschoubeyanus 'elephantidens' old imported specimen 
 


 たぶん、四半世紀くらい育てていると思います。いつのまにか、子だくさんの群生株になりました。黒や姫は、その後も少しずつ買い足していったので、いちばん多い時で山木が10本くらいありました。だいぶ自生地を荒らしてしまったことになります。せめて大事に育てて、種もとって絶やさないようにと心がけてきましたが、それでも少しつずつ減って、今は黒牡丹の山木は3本しか残っていない。やはり、長く育てていると次第に活性が衰え、花数も減ってきます。この株と同じ頃買った最古参のもう1本は、立派な綴化になりましたが、5年ほど前に枯れました。天授を全うしたように見えました。そしてこの株もいちどは肌が茶色くなって、もうダメかと思いましたが、根部を大きくカットして再発根させたら元気が出てきた。ちょっと冒険だったけど、やはり根の再生は大事ですね。




resize4998.jpg

resize5005.jpg




 実は、ここ数年、うちでは数多くのアリオカルプスがダメになっています。もちろん大半は種から育てたもので、開花株まで順調に育ってきたもの。原因は、秋の長雨です。とくに、私の自宅から離れた栽培場は、もとが田んぼなので湿度がもともと高い。アリオカルプスは秋咲きですが、咲いたあと萎れた花が、晴れていれば干し固められるのですが、雨ふりが続くと腐ったりカビたりして、そこから成長点が冒されて、数日で腐ってしまうのです。萎れた花をドライヤーで乾かしでもするほか、防ぐ手だてが思いつきません。なので、この黒牡丹は、東京の乾いた温室に避難させていました。特別待遇の甲斐あってか、この秋もたくさん花を咲かせて、そのまま静かに休眠に入りそうです。




resize5006.jpg




(追記)
 ところで、5年ぶりか、もっとそれ以上になるかも知れませんが、ヤフオクへの出品を再開する予定です。家族からの、「植物がこれ以上増えると、人のいる場所がなくなる!」との声に、それでも増やすことがやめられないので、減らす姿勢も示さざるをえなくなりました。。自分で種から育てた植物は全部手元に置きたい派ではありますが、「(泣く泣く)手放す」ことを決意した次第。順調にいけば、初手は冬型の多肉植物を1ダースほど、今週半ばより出品する予定です。
オークション名、URLは、そのときにこちらにも記載します。

→12/5出品開始しました。
出品IDはsoteyashi   以下のURLからよろしくお願いします。
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/soteyashi


resize5017.jpg











テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

すごいですね。
ブルゲリに紅大内玉、モニラリアは珍しいタイプの方ですよね。
あんな大きなラツムも見たことないです。
お値段高騰して、絶対手が届かないですが目の保養になりました。
オークション、楽しみにしています。

No title

>がぶりえるさん

ありがとうございます^^;。
インスタをはじめてから、植物を分けてほしいという連絡がかなり来るようになったので、久しぶりにはじめてみました。自分の実生苗がほとんどなので、なんかお別れが切ないんですよね^^。

No title

苗、すごかったです。
本物のマーキンズプラムはオリジナルクローンのみって知ってはいましたが、お持ちの方がいたとは・・・。そりゃあ別れが惜しいわけです。当たり前です。ほかの種類も10年も育てたような、とてつもないものばかりだったんですね。まぁ金額的にも無理ですが、それよりも枯らしやすい初心者が手を出してはいけない、神聖なものだなぁと思って手が出ませんでした。(と、途中であきらめて寝てしまったら、最後のウルンスプルンギアナムは同じ考えの人が多かったのか高騰しませんでしたね。あれだったら種子も採れたし・・・と翌朝の悔しさが倍増でした)

No title

久しぶりのオークション出品でしたが、たくさんの入札いただき、ありがとうございました。自分が種から丹精した植物などが、評価をいただくのはとても嬉しいです。落札された植物の育て方など、おたずねいただければ、わかる範囲でアドバイスします。


>がぶりえるさん

粒紋系のコノは人気があるみたいですね。でも、いわゆる特異な園芸クローンに人気が集中しているのは、ハオルチアと似た感じです。個人的にはワイルドのオブコルデルムも、よく仕上がった株だと思ってました^^。

No title

>がぶりえるさん

おかげさまでオークションではすべての苗を落札していただきました。
自分が育てた植物が評価を受けるのは嬉しいですね。
マーキンズプラムは、かつて英国の愛好家から譲り受けたクローンです。
これを親に実生をしても、同じくらい紫色の個体は出たことがありません。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる