FC2ブログ

コピアポアの箱庭


コピアポアは、いまやサボテン界でいちばんの人気グループ。
多くの人が、チリ・アタカマの荒涼とした沙漠で生き抜いてきた
野生株の風格ある姿に惹きつけられているようです。
私も長年、山木のコピアポアの荒々しい肌や刺に魅入られ、
自ら輸入して、育ててきました。でも、野生株を育てることには、
いつも罪悪感があり、最近は種からの育成をメインに切り替えて、
欲しい気持ちを満たすようにしています。




resize4311.jpg
          various Copiapoa species grown from seeds, about7yrs



これは、うちにあるコピアポアの「箱庭」です。
種から育てた何種類かのコピアポアが植えこんであります。
これで7-8年経っています。実生の小苗のときに植え替えて、
そのまま5年くらい放ったらかし。この粗放栽培が、コピアポアの
“らしさ”を引き出すコツのように思えます。




resize4303.jpg
               Copiapoa columna-alba form Pan de Azúcar
resize4291.jpg
               Copiapoa cinerea  Mt. Perales form



上は孤竜丸(Copiapoa columna-alba form Pan de Azúcar)。
やっと500円玉くらいのサイズですが、肌の白さは山木に負けない。
同じときに蒔いて、まめに植え替えた同級生は、もっとずっと大きく
育っていますが青々しています。比べるとこの株の方が白く扁平で、
山木の姿に明らかに近い。たくさん水をやれば、適応して早く大きく
なるけれど、自生地での彼らのライフスタイルとはまるで異なるので、
姿も違うものになる、ということなのでしょう。
下は黒王丸(Copiapoa cinerea Mt. Perales form)。
いわゆるマウンテンフォームと呼ばれるタイプで、刺が荒々しく強い。
さらに大きくなるとどんな顔になるのかとても楽しみな株です。




resize14292.jpg
               Copiapoa humilis ssp. longispina AW91 S of Caldera
resize4326.jpg
               Copiapoa haseltoniana 'gigantea'  PV2018 Taltal



開花中のフミリス・ロンギスピナ(Copiapoa humilis ssp. longispina)。
基本種より肉質が硬く、硬いタイプのコピの血が入っている印象。
これは鉢の中に大きな塊根を形成している筈です。このタイプの
コピにも、独特の魅力がありますが、輸入球はあまり見かけません。
そして、金刺の美しいギガンテア(Copiapoa haseltoniana 'gigantea' )、
肌は鶯色です。山木も、肌色は真っ白ではなく青みがかっていますが、
孤竜丸と一緒の環境で育てても同じように白くはならないようです。




resize4307.jpg

resize4294.jpg




市場に流通するサボテンの大半は、いまや専業栽培家が繁殖育成した
ものになっています。しかし、成長遅鈍なコピアポアに関しては、今も
輸入球が幅をきかせています。原産地国が緩くて、大量の山木の採取が
看過されていることもありますが、種から育てるととても時間がかかり、
プロの算盤勘定にはあわなそう。でも、アマチュアの栽培家にとっては、
そこも魅力です。10年かけてそれらしい雰囲気が出て、15~20年で
鉢上げして一本立ち。さらに10年、20年・・・50年もかければ山木に
勝るとも劣らない姿に仕上がるはずです。




resize4330.jpg
               Copiapoa cinerea  ZJ143 Antofagasta, 15years from seed



そんなに長くは待てないって?いやいや、生きていれば、時間なんて
いつのまにか過ぎるもんです。なにより、頑丈な性質のコピアポアは、
簡単に腐ったり枯れたりしません。
五十年、百年と、しっかり栽培者の人生に同伴してくれるはずです。
その間、ますます美しく、風格溢れる姿に育ってゆく・・・。

最高だと思いませんか。






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

管理人さま、こんにちは。
わたくしの好きなコピを記事にして下さってありがとうございます。
管理人さまがおっしゃるように実生から育てる楽しみ、ロマンがありいいですね。
長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い年月を共にし、少しずつ育ってゆくのを見守ることにちょっと興味を持ちました。
孤竜丸現地球についてですが、真夏日に炎天下に晒して葉焼けというか、肉焼けすることってあるのでしょうか?
我が家は年間通して庇のある(雨が当たらない)陽当たりの良い場所にてサボテンを育てているのですが、今年はこの暑さですからベランダの床面は軽く50℃を超えます。
サボテンたちはその地表から1m50cmほど高い場所にあり、空中温度は暑い日で35〜38℃ほどです。
その環境下で2週間ほど前、孤竜丸の肩の辺り一部分ですが、白粉ぶいた健康的な肌色が直径3cmほど茶ばんできてるのに気づきました。
この原因が日焼けによるものか、根が生えているか確認するために6月ごろ一度土から引き上げたのが悪かったのか(その時は根がわんさか生えているのを確認してすぐに土に戻しました)。
全体の10%ほどの症状ですが、これが進行しないようにしたいです。
貴重な現地球ですし、我が家ただ一鉢の孤竜丸なので。
説明不足ですが、アドバイスなど頂けたら宜しく幸いです。

No title

> 肉盆魚 さん

コピは日焼けしやすいので要注意です。私も今年、一部を露天に出しましたが、出したその日のうちに火傷をさせてしまいました。以降は外だしのものも寒冷紗をかぶせてやっています。日が甘いと徒長するし、強いと焼けるしでなかなか世話のやけるサボテンですね^^;。

No title

黒王丸と孤竜丸、白くなっていて本当に素晴らしいですね。
うちの実生苗もこんな姿にするのが目標です。

コピアポア、確かに成長は遅い方だと思いますが、個人的には実生3年程でけっこうそれっぽさが出てくるなあと思います。
黒王丸なら、2号鉢に収まるような直径1.5~2㎝の苗でも、黒いトゲが生えて肌の質感もはっきりしてきて、モスグリーン~白っぽい色になり、その後の姿が想像できるようになるというか。
自分にはそれくらいのサイズでもすごく魅力的に見えています。

No title

Shabomaniac!さん、こんにちは。

>粗放栽培が、コピアポアの“らしさ”を引き出すコツ…

同感です。私は一時期、コピアポア各種の実生苗を片端からキリン接ぎにしていましたが、接ぎ木でも同じような経験をしました。

御存じのようにキリン接ぎは用土に飽きやすく、植え替えをしないと数年でガクンと生育が鈍ります。ここで植え替えたいのをガマンして、そのまま放置すると肌も白くなってきます。いったん白くなりだすと、台木から降ろしてもその傾向は継続するようです。

今はコロニーごとに採種して次世代を作るのが目下の課題。自家採種ならば発芽率は多少はマシになると思うのですが、コピは開花が気まぐれで交配のチャンスが得にくいのが悩みです。

No title

旅行で間があいて、お返事遅くなってすみませんm(. .)m。

>Portさん

そうですね。小さいコピにも独特の風格はちゃんと備わっていて、眺めていると飽きません。それに、場所もないのにたくさんの種類を蒔いている私にとっては、早く大きくなり過ぎない、というのは結果的にはありがたかったりします。コピは同じロットの種子でも結構色々な顔が出るので、それも実生の楽しいところですね。


>noriaさん

接ぎ木の接面がずれて成長がとまった株とか、みるみる白くなりますね。それが回復後も持続する、というのは貴重な情報です。ありがとうございます。自家採種の難しさは同感です。一年中咲いているけど、シンクロしないんですよね。いま、たくさんの山木が入っていますが、数多く手にされた方はぜひ種をとって次世代につなげてほしいですね。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる