FC2ブログ

太陽の露 Pygmy sundew

   
モウセンゴケ、むかしから好きなのです。
太陽の露(sundew)という呼び名も素敵ですよね。

小さい頃、尾瀬の湿原で、葉っぱの先にキラキラひかる水玉を
たくさんつけた植物をみつけて、おもわず木道から飛び降りて
怒られたことがある。それから、ずっと惹かれてました。




resize4071.jpg
               'Pygmy sundew'



いろんな植物を育ててきたなかで、いくどか手元に置いたことも
あります。より珍しい姿のものが欲しくて、5年くらい前には、
海外から球根ドロセラを輸入しましたが、うまくいかなかった。

それで今年は、栽培しやすいといわれるピグミードロセラに
手を出してみました。ヤフオクで、7種類で2000円とかで、
ムカゴを分けて貰いました。最近のサボテン多肉の高騰ぶりに
比べると、良心的な価格設定です。




resize4086.jpg

resize4089.jpg
               propagules of Pygmy Drosera



ムカゴまきをしたのは今年1月。とどいたムカゴはサボテンの
種とかわらない小さいもの。緑色を保っているものと、茶色い
ものがあります。送られてきたときは、濡れティッシュで保湿
されていました。さて、これが発芽するのかな。

蒔くために特別に用意したものはありません。サボテン多肉に
使っているプラ鉢(プレステラ深)に、サボテン多肉用に混ぜた
土を2/3まで入れて、表面には赤玉細流・川砂・ピートモスを
等量に混ぜた土を、薄く敷きました。
オーストラリアの自生地などを見ると、貧栄養の酸性砂地風で、
ユーベルマニアあたりの自生地とも似た感じなので、そんな
配合にしてみました。




resize4093.jpg

resize4097.jpg
               sowing tiny propagules with tweezers



とにかく小さいので、ピンセットでひとつひとつ置いていく。
潰さない力加減が難しいので、指先が震えてしまいます。
コケの繁茂を防ぐために、鉢をレンジで加熱してから、播種。
ではなかった、ムカゴ蒔きをしました。鉢は腰水して、ラップ
をかぶせて明るい窓辺に置きました。

2週間くらいすると、動きがいくつかの鉢で発芽が確認され、
そのあと1か月くらいまでのあいだにすべての種が、発芽。
なかなか優秀です。新芽はほんとに小さくてコノフィツムの
実生のようです。ほぼ出そろった播種から2か月くらいで、
ラップをはがしました。




resize4059_2018061718051634f.jpg

resize4066_20180617180522e57.jpg
                2 months have passed since sowing propagules



そしてこれが写真は、ムカゴ蒔きから、2か月経ったところ。
それらしい姿になってきて、試みてよかったなと思った頃です。
ピグミードロセラの自生地は、比較的乾燥しがちで、日射も
強く、多くの多肉植物の生育環境と共通する部分が大きい。
ですが、植物体があまりにもか細いので、屋外栽培には
なかなか踏み切れず、今も日の当たる窓辺に置いたままです。




resize4075.jpg
               Drosera pulchella red fl.
resize4079_2018061718094132f.jpg
               Drosera nitidula hyb.               
resize4081.jpg
               Drosera scorpioides
resize4072_20180617180901b92.jpg
               Drosera pygmaea



半年ほどたった今は、すっかりモウセンゴケらしい姿に。
立ち上がる種類は3cmくらいに育って、小型種はつぎつぎに
開花しています。
室内栽培なので、捕まえる虫がいないのが可哀想ですが、
外に出すのもどうなのか、ちょっと過保護な気持ちで迷って
いるところです。










テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

Shabomaniac!さん、こんにちは。

モウセンゴケとの出会い、私は中学生のころでした。
友人と釣りに行った際、水の滲みだした切通しの斜面に
キラキラ光る赤い草を見つけ、持ち帰ったのが始まりです。
トウカイコモウセンゴケという種類でした。
今そこは住宅地になってます。

No title

>noria さん

トウカイコモウセンゴケ、検索してみました。本当にきれいですね。自生状態での発見、ワクワクしそうです。こうしたニッチな場所に生える植物は環境とともに多く失われてしまったのでしょうね。

No title

Shabomaniacさん、こんにちは。
Droseraの仲間は種類も多く面白そうですがなかなか手を出せないでいます。
私にとっての食虫植物は高校の生物時代に出会ったUtriculariaが思い出深いです。東海地方の湿地ではこの仲間が数種類混生することが多く、生物室の窓辺には何種類もこの仲間が並んでいました。変異も多くどの種に当たるんだろうかと悩んだのが思い出になっています。
今では帰化種の一種がハウス内で黄色の花を咲かせているのみです。

No title

Miyacchiさん

食虫植物は、どれも魅力的ですが、高い温度が必要なネペンテスあたりは無理なので、モウセンゴケにトライしました。私のハウスのあるところから30分くらいのところに、川べりの崖にモウセンゴケが生えている場所があるそうなのですが、まだ未見です。タヌキモの仲間にはとても花が美しいものがありますよね。この仲間もいつか育ててみたいもののひとつです。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる