FC2ブログ

野生の兜。

     
兜といえば、サボテンのなかのサボテン。知らない人はいないでしょう。
扁平な球体を飾る白点、幾何学的に連なる毛疣状のアレオレ。
ただメキシコの自生地に生えている原種の兜は、いま世界の愛好家が
栽培しているものとは、顔立ちがかなり違います。




resize4038.jpg
       Astorophytum asterias original wild form (seed grown), from Gonzales, Tamaulipas




上の写真の兜は、白点も疎らで、毛疣も小さい。実に地味な顔立ちです。
名人のハウスではまず見かけないタイプで、競りに出しても、値段がつかない。
ですが、人の手の加わっていない野生そのままの原種の兜はこんな感じです。
びっしり球体を覆った白点や、巨大な毛疣が隙間なく連なった最近の兜と
見比べると、同じ植物とはちょっと思えないくらいですが。




resize4029.jpg
          Astorophytum asterias classic elegant specimen (picture taken in 1970's)




こちらの写真はむかしの専門誌に載っていた、昭和の時代の最高タイプの兜。
白点の密度にアレオレの大きさ、当時の水準では、素晴らしい標本でした。
同じころ、メキシコからは沢山の兜の山木が輸入されはじめました。それこそ、
何千本単位で、最近のグラキリスみたいな感じです。愛好家は先を争って
特徴の顕著な株を求め、なかにはスーパー兜のような特異な個体もありました。
そしてその頃から、白点が密で、大きなアレオレが連なったタイプを追求する
本格的な育種改良も始まったのです。

その頃小学生だった私も、お年玉をかき集めて1本3万円もする山木の兜を
買ったことがあります。郵便小包で届いたのは、乾いた煎餅みたいな代物でしたが、
発根して膨らんだ時、そして最初の花をつけたと時の感動は忘れられません。
3年くらいたって枯らしてしまったときは、涙が出たなぁ。




resize4041.jpg

resize4036.jpg

resize4034.jpg
          Astorophytum asterias original wild form (seed grown), from Gonzales, Tamaulipas




この兜は、その当時と同じ、原種のままの兜、素朴な顔の兜が欲しくて、
種をとりよせて育てたものです。星を散りばめた夜空のような青肌で、
アレオレもひとつひとつ手で置いたように並んでいます。
白さとインパクトを追い求めて来た日本の兜とは別物のようです。
兄弟それぞれ、ちがった雰囲気をまとっていて、淡泊な顔立ちだけど、
なかなかハンサムだと思います。
かつて、たくさんの兜を日本にも送り出したメキシコ・タマウリパス州の
ゴンサレスの自生地を、ヨーロッパの愛好家が訪ねて採取したもので、
市場に出回らないという意味では、真っ白な兜より得難いかも知れません。




resize4055.jpg

resize4050.jpg
          Astorophytum asterias from Heinz Swoboda's collection, near the shore of Tmaulipas



こちらの兜も、上のものとは異なりますが、山採りの親株同士で稔らせた種として
入手したもので、まあ野生兜といっていいかと思います。同じタマウリパス州の
もっと海に近い産地だということですが、親株を交配するときに多少園芸家の意思が
働いたのか、白点が多めです。このくらいの白点のつきぐあいは許せるけれど、
個人的な好みでいえば、最初に紹介したタイプの方が、なんか気持ちいい。
日本でも、当時たくさん入ったカイエス産の兜を純系保存している方がいると聞いた
ことがあります。いつまでも大切に残してもらえたらと思います。




resize4033.jpg




実はまだ、私は兜の自生地を見に行ったことがありません。テキサスで生えている
場所の近くまで行きましたが、住宅地に近い場所なので撃たれるぞ、と脅かされて
訪ねずじまいでした。アメリカで見る方が易しい、と昔の本には書いてあったんだけど。

地面にうまった煎餅みたいなサボテンに、会いに行ける日はいつのことか。
はじめて出会った時と同じ、素顔の兜に会いたい。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは~

これぞthe兜と言わんばかりの兜ですね。
私もこ~ゆ~のがいいと思うんですけど、世間的には違うんですよね。
兜は栽培していませんが、これなら欲しいです。

ある人がよく
「普及しているものでも産地のはっきりしたものは価値が高い」
と言っていますが、その通りだと思っています。
サボテンはフィールドナンバーなどで産地情報が得やすいのでその点恵まれているジャンルだと思います。
山野草だと県単位では産地が分かる物が多いですが、「どこそこの山」と言う風に特定できるのはまれなことです。
東洋蘭なんかだと売れる産地に偽装されることも多いんです。

サボテンは最近国内でも産地情報付きのタネが入手しやすくなっているので私もいろいろ買って播いています。
でも兜の原種は出てこないですね。
輸入するほどは買わないので入手できていません。

No title

Shabomaniac!さん、こんにちは。

カブトの基本形、いまやわが国ではまずお目にかかれませんね。

私のところにEst. Callesという産地名の付いた個体があります。
顔つきは紹介されたタマウリパス産のHeinz Swoboda's collectionに似た雰囲気。

Callesの綴りからてっきりカイエス産かと思いきや、調べてみるとコアウィラ州の片田舎、
アメリカ合衆国テキサス州との国境付近の場所のようです。
外国の地名は日本語表記が難しいですね。

昨年は4つの産地を取り寄せて播きましたが、そのうち二つは瑞鳳玉系との雑種でした。
同じソースなので残りの二つも不安になっています。


ところで場所と植え替え作業の遅れ、その他もろもろの諸事情で今年のタネマキはまだできていません。
あ~、早く播きたい、でも播くとその後のことも考えないと・・・悩ましいこの頃です。



No title

>イセゴイさん
サボテン園芸には、原種の魅力を楽しむ流れもあるので、海外の業者などは産地データを重視するところも多いですね。兜や牡丹など、かつて大量輸入した際に産地情報があったなら、もっと違う楽しみ方もあったかも知れません。最近、色々な産地の種を蒔いて、かつて輸入株にあった顔の故郷を探っています。

>noriaさん
有名なカイエス兜はタマウリパス州なので、コアウィラにもあるのですね。昔はリオグランデ川沿いの平野に生える兜が姿が良いとして「テキサス兜」などと珍重されてましたね。SB氏によると、いまでも生えているそうなのですが、銃を持った住人がいるのでやめた方がいいと言われ探索を断念しました。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる