FC2ブログ

植え替えと鉢選び。

   
すっかり暖かくなってきたので、夏型コーデックスを露地に並べたり、
実生苗の植え替えなんかも始めました。




resize3965.jpg

resize3961.jpg




これから秋までは、パキポはみんな露地で陽ざらし雨ざらし。
老いも若きも、バロニーもグラキリウスも、みんな露地栽培。
梅雨や秋の長雨で腐るものも多少は出るけれど、節間が詰まって、
丸々育つので、露天放置は不可欠。パキポを栽培するうえで、
もっとも大事なメソッドと言ってもいいかも知れません。




resize3922.jpg

resize3927.jpg

resize3935.jpg
                Operculicarya pachypus 1 year old from seed




こちらは、オペルクリカリア・パキプス(Operculicarya pachypus)です。
去年の初夏、発芽したばかりの頃は、上の写真のようなささやかな感じ。
およそ1年がたったのが、真ん中の写真。たいして育ってない、ように見える。
なのになぜ植え替えるか。鉢を倒すとその理由がわかります。
親指くらいの太さの塊根が10センチプラ鉢の底まで到達しています。
この塊根が余裕をもって収まる鉢に植え替えるわけです。




resize3966.jpg

resize3956.jpg
               Pachypodium 'leucoxanthum'  4 years from seed




パキポディウムの白花ブレビカウレ(Pachypodium leucoxanthum)も
寄せ植えがきつくなったので、植え替えです。
実生から4年の苗で、去年から大半が開花しています。
輸入株のセルフ結実種子で、うちで咲いたものはすべて白花。
こちらは塊根がないので、鉢から出すとかわいいもんです。




resize3967.jpg




まだ育成途上ということで、プレステラの角鉢に1本ずつ植えます。
ちょっと大きめに育った苗は、堅焼きの朝顔鉢にあしらってみました。
パキポはキツキツの小さめ鉢に植えよ、と言われることが多いですが、
それは輸入球の場合だと思います。種から育てている苗であれば、
直径の倍以上の径の鉢に植えてやりたいところ。
もちろん、水はけの良い用土に植えて、陽当たりと風通しのよい場所で
育てることが必須です。




resize3925.jpg

resize3949.jpg




パキプスを植えつけるのは、こちらの鉢。
サボ友の藤原さんのお店「TOKY」で窯元に発注しているオリジナル鉢です。
実はこの鉢、私が長年愛用する烏泥ラン鉢がヒントになっているんです。
鉢の径と高さのバランスが程よく、地中部が発達する植物もうまく収まる。
寡黙な意匠で、どんな植物を植えても、その魅力を引きたててくれる感じ。
藤原さんと、「こういう和鉢の窯元はどんどん廃業してるんですよねぇ・・・」
なんて話をしてたら、じゃん、作りました!と。
しかも渋い釉薬使いで数倍バージョンアップしてます。




resize3970.jpg




で、早速試作鉢を頂いて、なにを植えようかと思案するうちに春が来て、
パキプスベビーの住まいになることに。塊根の頭をちょい地上に出して、
表面の化粧にはお魚飼育用の渓流砂を敷いてみたけど、どうでしょう。

さて、来週は種蒔きにこぎつけるかな。。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる