FC2ブログ

春を告げるサボテン(ツルビニカルプスⅡ)

   
先週はえらい雪が降るわ積もるわ、今世紀最強の大寒波がやってくるわで、
春の訪れも一気に遠のいたような気もしますが、健気に咲き続けてる彼ら彼女らに
報いてやりたいとこの稿を書いています。




resize3763.jpg

resize3764.jpg

resize3757.jpg
             Turbinicarpus ellisae = Turbinicarpus schmiedickeanus ssp.schwarzii var.rubriflorus




ツルビニ・エリサエ(Turbinicarpus ellisae)。
この属でも屈指の美しい種でありながら、あまり知られていない種です。
分類の上では、
・赤花昇竜丸(Turbinicarpus schmiedickeanus ssp.rubriflorus)、
・赤花烏城丸(Turbinicarpus schmiedickeanus ssp.schwarzii var.rubriflorus)
とされる場合もありますが、
栽培した上での感覚からは、後者の烏城丸赤花変異と考えると理解しやすい。
記載は1993年と比較的最近で、自生地はメキシコ・サンルイスポトシ州の
Cerros Blancos とされていますから、栽培下での交雑種ではないようです。
昇竜丸系の刺の魅力と、精巧殿やバラ丸の艶やかな花をあわせもった魅力的な
カクタスであることは間違いありません。




resize3801.jpg

resize3797.jpg
                 Turbinicarpus graminispinus




グラミニスピナス(Turbinicarpus graminispinus)は、2011年に記載された
本属ではもっとも新しい種ですが、育てやすさも手伝って、種子からの繁殖苗が
比較的容易に手に入ります。特色は枯草に擬態しているとされる長い紙状の刺で、
老成した株では7-8cmの長さまで伸びて絡み合います。
原産地はメキシコ・ヌエボレオン州の南部の狭い地域で、ライムストーンの割れ目に
生えていて、枯草のように見える。所見の印象は北米難物種のトウメヤ・月の童子と
似ているな、というものでしたが、比べるとはるかに育てやすく、今後の普及が
期待できそうです。




resize3787.jpg

resize3782.jpg
               Turbinicarpus booleanus = Turbinicarpus mandragora ssp.booleanus




最後は、これも分類上はややこしいブーレアヌス(Turbinicarpus booleanus)。
地下には肥大した塊根があり、サボテン本体は下部が細い軸のようになっているため、
塊根の本体、ふたつの玉を棒でつなげたような奇妙な姿になります。
私は根を埋めていますが、最近の流行のように塊根を露出させたら、かなり面白い
オブジェになるでしょう。原産地はヌエボレオン州のSan Roberto周辺とされています。

さて、ここからがややこしい話です。
ブーレアヌスに良く似た種に、有名な美針玉(Turbinicarpus mandragora)があります。
ハリーポッターにも出てくる魔術的植物、あのマンドレイクの名を頂く珍無類のカクタス。
その亜種とされる場合、Turbinicarpus mandragora ssp.booleanus ということに。
一方で、美針玉としばしば混同されるサブテラネウス(Turbinicarpus subterraneus)、
という種もありまして、ブーレアヌスはこちらの亜種として、
Turbinicarpus subterraneus ssp.booleanus と表記されることもあり、ややこしい。




resize3781.jpg




いったいどちらなのか。そもそも美針玉とサブテラネウスもしばしば混同されますが、
種子の形態などから、明らかな別種とされています。栽培するうえでは、本物の美針玉は、
メキシコ産のサボテンはいちばん栽培が難しいもののひとつで、お宝級の稀少品。
ブーレアヌスは、塊根と球体のバランスや、刺の生え方など美針玉にとても似ています。
花も透明感ある美しいピンクで、美針玉よりもあでやか。そして、ずっと育てやすい。
しかし、その育てやすさは、サブテラネウスにそっくり・・・。

・・・とかなんとか、頭が混乱してくるのは、マンドラゴラの魔術にかかってしまったからも。
ツルビニツルビニ、マンドラゴラ。ツルビニツルビニ、ブーレアヌス・・・。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

お久しぶりです。
Pelecyphora系は花は綺麗ですが、通常年1度しか咲かないのが残念なんですよね。
見逃すとそれっきりという。
Turbinicarpus schmiedickeanus系は時期を選ばないので忙しい人も助かりますね。

No title

>さく さん
お久しぶりです!
サボテンの花は綺麗だけど短命なのが惜しいところ。ペレキフォラ・・・精巧丸や銀牡丹はそもそも花つきあまりよくないですよね。精巧殿もたしかに咲いている期間は1~2週間です。昇竜はたしかに長く咲いているような気がします。南米のネオポルテリア系も長く咲きますね。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる