FC2ブログ

2018年1月1日

    
明けましておめでとうございます。

沙漠を旅していると、単調な平原の彼方に隆起している岩山を見つけるだけで心が躍ります。
多くの魅力的な植物は、斜面や岩肌を好むからです。

アリゾナ州を北上して、ユタ州境を越え、ハイウェイから261号線に入り、北上して進むと、
前方に巨大なメサ、テーブル上の台地が見えてきます。道は巨大なメサに真っ直ぐ向かい、
回避するようには見えません。岩山は大きくトンネルが掘れるような代物でもありません。

聳える岩肌の真下近くに来て、ようやく事態が呑み込めました。道は岩肌の壁面に沿って、
攀じるように垂直の崖を登っていくのです。めまいがしそうな高みに、豆粒のような車が
しがみついているのが見えます。こういうドライブは、日本ではなかなか味わえない。




resize3727.jpg
         Sclerocactus parviflorus in habitat near Cedar Mesa, SanJuan Co,Utah,USA



スクレロカクタス・パルビフロラス(Sclerocactus parviflorus 和名:彩虹山)は、
シーダー・メサ(Cedar Mesa)と呼ばれる台地の上に生えていました。断崖絶壁を
登ってみると、大地の段差をひとつ上にあがったようにまたひとつの平原になっていて、
そこに単独で咲いていました。数日後には、素晴らしい満開を迎えたでしょう。

彩虹山は、アメリカ中西部の乾燥地に分布するいわゆる難物サボテンのひとつで、
飴色のカギ刺と鮮やかな花が素敵なのですが、園芸家にとって最大の魅力は、
実はその育てにくさ、でしょう。ながいこと、種からの栽培にトライしていますが、
いまだに100点をつけられる標本球には育てられません。
でも、気難しい相手ほど、熱心になってしまうのはなぜでしょうか。




resize3728.jpg




珍しい、美しい植物を手に入れることはワクワクするし、温室や部屋にそれを飾れば、
いくら眺めても飽きることはありません。けれど、植物と暮らすいちばんの楽しみは、
例えば、彼らが休眠から覚醒し、急激に吸水して輝く新刺を伸ばし、鮮やかな花を
咲かせる、そんな野生のダイナミズムを目のあたりに出来ることだと思っています。

彼らの美は、ファッションやアートのように、人間活動が形を作ったものとは違って、
そもそも私たちの暮らしの外側にあったものです。彼らに心を寄せていくときに、私は、
自分が人であることがどうでもよくなるような、そんな自由を感じることがあります。


だから、いくども自生地を訪ねたくなるのかも知れません。
そして、栽培のヒントも、いつでもそこにあります。
いまから十年前くらいは、毎年1度か2度、沙漠を旅していました。
それも同じ沙漠を、春に、夏に、秋冬にと通い、ときにはそこで眠りました。
植物が感じる炎熱や極寒や、生涯同じ場所から動くことのない生き方を知りたくて。


でも、そこまで思いを寄せても、私を好きにはなってくれない。彩虹山はそういう植物です。
最初に出会ってから二十年以上も経つのに、いまだにこの山で出会った時のような姿を、
栽培下で再現することが出来ていません。これからもずっとそうだと思います。
だから、憧れ続けるのでしょう。これからもずっと。



今年もよろしくお願いいたします。


2018年1月1日
Shabomaniac!
https://www.instagram.com/shabomaniac_2016/






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

明けましておめでとうございます。

>>彼らの美は、ファッションやアートのように、人間活動が形を作ったものとは違って、そもそも私たちの暮らしの外側にあったものです。彼らに心を寄せていくときに、私は、自分が人であることがどうでもよくなるような、そんな自由を感じることがあります。

今年早々、この言葉に心洗われました。
人類は自然の美を模倣することで独自の美意識を構築して
きたんだと思いますが、人類以外の自然物はすでにそこに存在としての
美を完成させている…。
あとは勝手に人間がそれを審美しているだけ。
まあしかし、美とはビーナス。
ビーナスは確かに美しいが、その分差別的で嫉妬深い。
そしてビーナスもまた人間が作り出したもの。

自然。
そこには差別なく嫉妬心のない美が広がっています。
そんな自然の中に身を置き、素の目で生き物を眺める贅沢な旅。
立ち止まって足元の植物を拾い、謙虚に向かい合えばそこには天然自然の原理が凝縮されているのですが、まあ…人間はどうしてもそれを自分の手で作り出すことばかり考えますな。
自然に自生している姿を眺めるだけでは満足できない。
どうしようもない生き物ですな。笑

今年もよろしくお願い致します。

No title

>肉盆魚さま

なんだか、大袈裟な言い方しちゃってちょっと気恥ずかしいです^^;
むかしから、植物に順番をつける品評会とかが苦手です。自分が好きなものは、他のものと比べようがないし、一番になって嬉しいとか、そういう世界観から解放されたくて、植物と向き合っているので。

あと、生きてるものですから、飾っておいても、日々刻々と変わっていきます。手に入れた時が最上で、あとは次第に劣化していく、というつきあい方は、結局幻滅することになり、人も植物も不幸です。なので、自分が経験のなかで得た育てる工夫や知恵を、少しでもみなさんと共有できれば、と思っています。


No title

あけましておめでとうございます
shabomaniacさま 肉盆魚さま

お二人のやりとりが私は好きです
私も品評会とか嫌いです
そんななかでこの前の某新年大会で
4個で千円ブースで何を買うか迷って居た時に
近くを通りかかった人が吐き捨てるようにボソッと
「ゴミみたいのしかねえな」と言って居たのが強く印象に残っています
去年は植物の記事というより私の大好きな類のshabomaniacさんの
植物へ対する思いを語られた素晴らしい記事が多くて良い1年を送れました
一連の光堂記事や天狼開花、今年も期待させていただきますね!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>カイキさま

植物をやりはじめた最初の頃は、珍品!新種!などと言われるとそれだけで目がハート♡になったものです(今も結構そうですが^^;)。でも、作落ちする一方の名品より、健やかに育っている駄モノの方が格段美しい、というのも真実ですね。元気な植物は路傍の雑草さえ美しいです。長くやっていると、サボテンならマミラリアとかエキノプシス、自然のままの兜やランポー、葉物のメセンなどなど、素朴な植物が放つ光彩に惹かれるようになりますね。都内の地所の高い場所で数百円の植物を熱心に育てるのは、甚だ不経済な話ですが。。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる