FC2ブログ

新刊書 'Wild Lithops'


resize3602.jpg
                   new book  'Wild LIthops' by Mr. Harald Jainta 


    
話題の新刊「 Wild Lithops 」(著者 Harald Jainta氏 英文) が手元に届きました。
サボテン・多肉植物に限らず、植物関連のモノグラムとしては久々の大著で、約500ページ、写真は2000枚。
10年以上前に出たコール氏の本をしのぐボリュームです。書籍そのものは1万円少々で内容に鑑みれば
相応と感じますが、なにしろ2キロ以上ある重たい本なので、送料も同じくらいかかった。
よく考えれば、少し時間を要しても船便で送って貰えば良かったかなと。以前、島田保彦さんの著書
「生ける宝石リトープス」を買いそびれたので、ちゃんとしたリト本は是非とも欲しかったのでした。
で、届いた箱を早速開封してみると、手にずっしり。読破するまで何ヶ月かは楽しめるなと思いつつ、
先出しのレビューです。




resize3604.jpg
                    
resize3607.jpg
                      All pictures in this book were taken in habitat



ぱらっとめくって見てまず気づくのは、掲載された写真のほぼすべてが自生地で写された植物であること。
ちょっと考えればわかりますが、まとまった栽培品のコレクションを、温室でばばばっと撮るのとは訳が違って、
一種一種、それぞれの自生地を訪ねて、広大な南アフリカを旅しながら撮影された写真ですから、
かかっているコストが違います。著者は、十数年を費して16回の自生地旅行を重ね、その成果として
この本を出版したのだそうです。知られているほぼ全てのリトープスが写真つきで紹介されており、
それらはすべて野生下の植物です。また、自生地を訪ねリトープスを探し歩く過程も丁寧に語られていて、
ある種の植物ロードムービー的な面白さもあります。著者が地面に這いつくばり、リトープスと同じ目の高さで
カメラを構えている姿を思い浮かべると、何とも言えない親近感を覚えてしまいます。
リトープスの分類についても、新たな考え方を提示していて、これも今後さまざまな議論を呼び起こすでしょう。




resize3598.jpg

resize3597.jpg




リトープスの最大の魅力は、複雑で多岐にわたる窓模様の変化ですが、その色彩や紋様が、どのような
自生環境に育まれたのか、種の個性と背景にある物語を、この本は数多くの写真で雄弁に伝えています。
実際、ページをめくると、地形、地質、気候、植生、想像を超える多様な環境に彼らが適応していることに
驚かされる。何枚かの写真では、リトープスがいったいどこに写っているのか、一見してわかりません。
自生地の砂礫に、いかに巧みに擬態しているかということですね。
また、例えば紫薫(Lithops lesliei)の仲間が生えているのは背の高い草も茂る丘陵地です。その地域の
年間降水量は500ミリ以上。写真を見ると、こんなところにリトが生えているのか、と少し驚かされます。
かたや大内玉(L.optica)が分布するのは降雨のほとんどないナミビアの、草木も生えぬ砂の荒野。
この二種の自生地写真を見比べれば、前者の栽培が容易で、後者が難しい理由が一目瞭然です。
そうした意味では、リトープスひとまとめの栽培法解説よりは、よほど得るべき情報が詰まっていると
言えるでしょう。




resize3588.jpg
                 Lithops helmutii from NE Steinkopf (cultivated ) 
resize3590.jpg
                  Lithops hallii SH1353A Zwaartst (cultivated )




一方、タイトル通り「野生のリトープス」に拘った本なので、上の写真のような鉢植えの植物は対象外です。
栽培種として人気があるカラフルな色変異リトープスたちも一切登場せず。あくまで大地の色に染められた、
原種オンリーの世界。自生地の環境から栽培特性を推察することは出来ますが、水やりに土作り、飾り方、
といった栽培ガイドは一切ありません。やはりあくまで、「生きる石リトープス」の存在そのものに
興味と愛着を抱く人のための本と考えた方が良さそうです。逆に言えば、育てない人でも楽しむことが出来る。
もうひとつ特筆すべきことは、この大著を物した人物、Harald Jainta氏が、学者でも営利栽培業者でもなく、
南アフリカに住んでいるわけでもない、一愛好家、アマチュア研究者だということです。プロフィールには、
ドイツの製薬関連企業でマネージャーを務めていると書かれていて、1963年生まれですからまだリタイア前の
世代です。企業勤めで働き盛りの年代から、これだけの大旅行を重ねられるのは、欧州の文化的な豊かさが
あってのことだなぁと、若干羨望の気持ちを抱いてしまいます。いずれにせよ、産業的価値のないサボテンや
多肉植物についてこれだけ突っ込んだ探求を形にしていくのは、アマチュアの熱意しかなく、園芸的興味の
発展形として、こういうあり方が日本でも広がるといいな、と思いました。




resize3605.jpg




ほんとうは、彼のようにナミビアやケープを旅してまわりたいけれど、それもままならぬ身としては、
まずは暖房の効いたリビングのソファーで、生きる石たちの故郷を旅してみることにします。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

Shabomaniac!さん、こんにちは。
Lithopusの新刊、面白そうですね。分類も独自に考えられているようで興味津々です。でも、2kg超えですか・・・片手で支えてページを繰るにはツラいですね。歳のせいか、だんだん重たい本を敬遠するようになりました。以前なら躊躇なく購入したのですが、変なところで悩んでいます。

ところで最近、Lithoの人気が出てきたせいか、コールナンバー付きの苗をけっこう見かけるようになりました。有難いことですが、ときおり?と思う苗も混ざっていて一抹の不安を感じています。
パキポは大手業者の種子で、雑種化が進んでいるのを目の当たりにしました。園芸化という観点では雑種強勢に期待するのもアリとは思うけれども、リトープスの交雑種は栽培する気にはなりません。群仙園の島田さんのようなハイレベルな実生家があと2・3件、国内に現れるといいのだけれど。。

No title

>noriaさん

たしかに重たい本なので、机に置くか、膝に置くかという感じ。手に持って読む本ではないですが、老眼になってきたので、距離感的にはちょうどいいです^^。内容的には、よくこれだけ自生地を歩いたな、という感じで、リトについてこれ以上の本は今後出ないのは、と思いました。

No title

う~ん。悩んだ末、ポチッとしてしまいました。ついでに気になっていたセロペギアの線画集も。
意外に送料が安かったので、年内に届くか微妙です。船便とは書いてなかったですが・・・(~_~;)

No title

>noriaさん

やっぱりポチってしまいましたか^^。これ読むとリトの旅に出かけたくなります。今年はヒガンバナ科の図誌とこの本と、重くて内容の濃い本を二冊手に入れたので、年末年始にじっくり読もうと思います。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる