FC2ブログ

サルコカウロン・ムルチフィズム(モンソニア・ムルチフィダ)。


サルコカウロン・ムルチフィズム(Sarcocaulon multifidum)。
月界という、風流な和名があります。最近は、Monsonia multifida という学名が
国際標準になりつつありますが、日本では旧い名前のほうが通りが良いようです。
樹脂を多く含みよく燃えるので、現地ではブッシュマンの蝋燭などとも呼ばれます。

このムルチフィズム、冬型コーデックスの中では、昨今随一の人気種でしょう。
朽ち果てた骨のような幹から、産毛をまとい海藻を思わせる繊細な葉を生じます。
枝打ちする樹形は個体ごとに異なるので、同じ種であってもまるで違う表情を見せます。
花は大輪で数多く咲き、薄紙のような花弁は、光を透してきらめく美しさです。
その姿は、ほかのどの植物にも似ておらず、草木をあまり知らない人でも目を留めるほど。
珍しいだけでなく、人の感性のどこかに響いてくる、そんな独特の魅力があるからでしょう。




resize3559.jpg

resize3558.jpg

resize3555.jpg
                 Sarcocaulon multifidum = Monsonia multifida




ここ数年、多数の野生株が導入されていて、その姿に魅せられた多くの人が手にとり、
さまざまな環境のもとで栽培していると思われます。秋から春のあいだに成長する冬型種で
あることを念頭に栽培すれば、それほど難しくないという印象を受けるかも知れません。
枯れ木のような外見ですが、悪名高いオペル・パキプス等に比べれば発根しやすい方で、
採取移送時に激しいストレスにさらされた株でなければ、まずまず活着してくれる。

しかし、長く栽培していると、この植物の気難しさをだんだん感じることになると思います。
積極的に成長させようと水をやり過ぎると、新しく伸びてきた枝が徒長し細くなってしまう。
といって、極端に水を少なめにして管理すると、数年をかけて徐々に衰弱していく。
この種の近縁種で、いまや宝物級の扱いになっているペニクリナム(S. peniculinum)など、
かつてはかなりの量が輸入されたはずなのに、いま、ほとんど残っていないことが、
野生個体を長期栽培することの難しさを如実に示しています。




resize3575.jpg

IMG_2911.jpg
                  Feather like new leaves early in Autumn




ムルチフィズムの自生地は、南アフリカとナミビアの境界を流れる、オレンジ川河口付近に
ひろがる海岸沙漠です。ほとんど雨の降らない砂礫の平原で、直射日光を遮るものはなく、
たえず空気が動いています。海流の影響を受けるため気温変動は比較的穏やかで、
海霧が侵入してくる地域もある。このあたり、チリ・アタカマ沙漠のサボテン、コピアポア属の
自生環境にも通じます。

さて、この植物を栽培するうえで、理想の環境とはどういうものか。
まず、冬型種ゆえに寒さには比較的強いですが、と言って極寒を好むわけではありません。
氷点下近くまで下がるのは好ましくないし、冬でも昼間の最高温度は20度以上にしたい。
太陽光線には終日あてて、出来ればガラス越しでない方が良い。一日中風にもあてたい。
夏場も、連日の猛暑日熱帯夜は避けて、涼しくて風通しの良い場所で休ませる。
これを日本で実現するのはかなり難しいですが。私の経験では、サルコカウロンが枯れるのは、
だいたい夏の休眠期の間です。夜も気温の下がらない、蒸し暑い日本の夏を越えられず、
秋になっても目覚めることなく、本当の枯れ木になってしまうのです。




resize3579.jpg

resize3583.jpg

resize3586.jpg




もちろん、同じエリアに生えるコノフィツム等の多肉植物が、日本の環境に適応して育って
いることからも、栽培が不可能なわけではないでしょう。とくに、実生から育成した苗は根が
しっかり発達することもあり比較的丈夫なようです。山木を入手した場合は、自生地の環境を
想像しながら、できる限りそこに近づけることが大事だと思います。とはいえ、100%は実現
出来ませんから、多少徒長することがあっても、成長期に株を充実させて夏を越える体力を
養うことが必要です。かつて、輸入時の姿を維持しようと、ストイックに管理しすぎたために、
次第に衰えついに枯らしてしまった経験から、今は毎シーズン枝が1cmくらいは伸びるような
育て方を心がけています。できるだけ徒長しないように、終日直射日光にあて、風通しよく、
かつ夜は寒がらせないようにも気をつかっていますが、それでも、上の写真の株のように、
国内で育った枝は少し細くなっています。ですが、ちゃんと動いている株であれば、怖れずに
夏の休眠期を迎えられるでしょう。




resize3568.jpg




現在、数多くの野生株が日本に入ってきていますが、最初の1シーズンは良いとして、
3年先5年先にどのくらい維持されているか。いま元気に動いているように見える植物も、
実はストレスをためているかも知れません。なるべく彼らの故郷に近い環境を用意してやり、
折々の表情をよく見てやって下さい。
我が家にも十年以上育てているペニクリナムや、ムルチフィズムの山木があります。
しかし、これらが自生地で育まれた年月は、その数倍には及ぶでしょう。
思わず手をあわせたくなるような貴重な植物です。長く元気に過ごさせてやりたいと思います。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

このブログで一番好きな類の記事です
オークションで枯れ木のパキプスが出されるような事態は
もうないといいですね

関係ありませんが植物やってる人って亀も飼っている人が多い気がします
何か通じるものがあるのでしょうか?

No title

サルコカウロン、この仲間は昔から難物多肉の代表でした。
輸入株は途中で切断された直根が1本だけの個体がほとんどで、
発根させても本来の調子を取り戻す前に昇天させることが多かった気がします。

20年ほど前、ポートノロスの海岸に近い砂丘のような場所で、半ば砂に埋もれ、地衣に覆われているムルチフィヅムを見たことがあります。
そこはフェネストラリア群玉の自生地でしたが、群玉がそれなりのコロニーを作っているのとは対照的に個体数は少なく、数十メートルおきにポツン、ポツンとあるだけの寂しい状況でした。当時からすでに貴重な植物だったようです。

スピノーサムなど大形のサルコカウロンは、内陸に行けば一抱えもある古株がゴロゴロ生えていますが、小型種は全く状況が異なります。

ヘレイやクラシカウレの経験では、冬季に加温できる環境なら実生苗の生育も早く、さほど難しい印象は受けませんでした。これらは6,7年生で花も咲かせ、今年は採種もできています。ムルチフィヅムやペニクリナムも、国産苗が出回るようになって欲しいものですね。

No title

> サボすき さん
たくさん入ってきてる輸入株、長生きしてほしいですよね。といいつつ、私もムルチフィズムこれまでに1本枯らしています。というか、これまでの人生でいろいろたくさん枯らしているので、その経験から学んだことを少しでも知ってもらえればと思って、こんなブログやってます。亀・・・子どもの頃飼って以来、手元にはいませんが、確かに魅力が重なるところがありますね。亀甲竜なんてのもあるくらいだし^^。

No title

>noriaさん

自生地のムルチフィヅムをご覧になったとは素晴らしいですね。海岸沙漠で地衣類に覆われているということは、やはり海霧が水分を供給する環境なのでしょうか。群玉は栽培下でも難しいとは感じませんが、サルコカウロンはいちど活着しても、長く育てるのは難しい、そういう印象です。真冬も春のような暖かく明るい環境で育ててやれれば良いのでしょうね。ぺニクリナムなど、うまく育てている人もいるようですから。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる