歩いて眺める植物図鑑。

    
今回は、夏休みに子どもを連れて行った山で撮った野の花、山の花です。
2、3時間の散策で、やたらたくさんの花を見ることが出来ました。
それには理由もあったのですが、まずは写真を並べてみます。




resize3326.jpg




入笠山は、南アルプスの前山にあたる山で、標高1,955mと、植生の変化を
楽しめるくらいの高さはあります。しかも、スキー用のゴンドラでほとんど
山頂付近まで運んでくれるので、山登りとは言えず、野原の散策という感じ。
いつも海ばかりなので、たまには山に行きたい、という子どもたちの希望を
入れて、車を長野まで走らせました。あ、長野といっても、サボタニ園には
行ってませんよ、ねんのため。




resize3299.jpg




ゴンドラの山頂駅から少し歩くと湿原がひろがっていて、ここでたくさんの
花に出会えます。着いたときは一帯に霧がたちこめて、幻想的な感じです。
花たちもしっとり濡れそぼって、晴れの日とは違った美しさ。「入笠湿原」
「御所平」と花を見ながら登っていきます。




resize3304.jpg
          ヤナギラン(Chamerion angustifolium アカバナ科)
resize3287.jpg
          サワギキョウ(Lobelia sessilifolia キキョウ科)
resize3290.jpg
          ウメバチソウ(Parnassia palustris ニシキギ科)
resize3291.jpg
          エゾリンドウ(Gentiana triflora ssp.japonica リンドウ科)
resize3294.jpg
          ツリフネソウ(Impatiens textori ツリフネソウ科)
resize3295.jpg
          ホソバトリカブト(Aconitum senanense ssp.senanense キンポウゲ科)
resize3303.jpg
          クサレダマ(Lysimachia vulgaris ssp.davurica サクラソウ科)




とまあ、数百メートル歩くあいだに、これだけの花を見ることが出来ます。
8月下旬でこれだけ咲いていますから、もう少し早く訪れればもっと色々
咲いていたかも知れません。




resize3279.jpg

resize3297.jpg
          マルバダケブキ(Ligularia dentata キク科)
resize3281.jpg
          ハナイカリ(Halenia corniculata リンドウ科)
resize3329.jpg
          ハクサンフウロ(Geranium yesoemse ssp.nipponicum フウロソウ科)
resize3316.jpg
          シシウド(Angelica pubescens セリ科)




この「湿原」はネットでシカの食害を防ぐためネットで囲われていて、
入山者はゲートをあけて中に入り、また出ていく形になっています。
湿原を抜けて、樹林帯のなかを歩いていくと、ほどなく山頂。




resize3327.jpg




すると、にわかに晴れてきて、視界がいきなりひらけました。
南北の日本アルプスを見はるかし、眼前には八ヶ岳。素晴らしい眺めでした。
帰り道は、燦々とそそぐ陽射しの下、同じ花を見ながら下りていきます。




resize3321.jpg
          マツムシソウ(Scabiosa japonica マツムシソウ科)
resize3312.jpg
          コオニユリ(Lilium leichtlinii ssp.maximowiczii ユリ科)
resize3310.jpg
          キキョウ(Platycodon grandiflorus キキョウ科)
resize3300.jpg
          アカバナシモツケソウ(Filipendula multijuga ssp.ciliata バラ科)
resize3318.jpg
          エゾリンドウ(Gentiana triflora ssp.japonica リンドウ科)
resize3333.jpg




あとで調べたのですが、じつはこの入笠山一帯では、動物などから植生を
保護するだけでなく、定期的な草刈りや、一部では植栽も行われているようです。
やけに色の赤いシモツケソウや、コオニユリなどは自生のものではない、という
記述もネット上にはあります。さすがに湿原内に外からの植物を植栽することは
ないでしょうが、かなり人の手の入ったお花畑、という印象もあります。
これだけの範囲でたくさんの花をみることができるので、山につくった植物園、
歩いて眺める植物図鑑、と思えば、ポジティブに楽しめそうです。
ぜひいちど。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

ご苦労様でした

今の時代異国の色々な植物を種から育てられる
というのはとても恵まれていると思います

特ボトルツリーと呼ばれる樹木たちに異様なワクワクを感じます
ボトル感を味わえる頃には私は土の下でしょうが(^_^;

No title

入笠山、懐かしく見ました。最初に行ったのはもう50年近く前で茅野駅からバスでした。その後も何度か行ったのですがゴンドラができてからは一度も行ったことがありません。
高校生物部や天文部の定番合宿地のようで大学時代の友人も行ったと言っていました。その頃も植物や昆虫の宝庫で観察が本当に楽しかったものです。乾燥地の植物も魅力的ですがこのようなしっとりした花々も時には良いですね。

No title

>サボすけさん
ボトル型の植物はエキゾチックで、それだけでワクワクしますね。ですがうちの子らは、小さい時から私の育ててるサボテン・多肉が身近なせいか、その姿にあまりインパクトを感じないようです。不思議なものですよね。野の花の方がかえって新鮮みたいで^^;。

>ミヤッチさん
50年前の入笠山、今よりもっと素敵だったでしょうね。いまは正直、ちょっと人の手が入り過ぎかな(自分含めハイカーの数も)という印象もありました。沙漠もいいですが、高山や湿原の植物を見て歩くのも同じくらい楽しいですね。

鉢について

shabomaniac!さんこんばんは。
いつも見させていただいていますがコメントは初めてだと思います。

いろいろと山草があっていい山ですね。
私は近所の山でていっぱいです(笑)

以前良い鉢を探しているとの旨書かれていましたが、良いものは見つかりましたか?
ちょっと心当たりがあったのでお知らせさせていただきます。
当地(新潟県)でよく見られる「雪割草鉢」と言うものがあります。
雪割草の仕立て用の鉢なのですが、焼き締めの鉢で山野草などにも似合う鉢です。
おそらくサボテンにもよいと思います。
仕立て鉢なので価格も安めで3号で300円ほど、最大の5号で800円ちょっとです。
サイズは3号、3.3号、3,5号あとは0.5号ごとに5号まであります。

ただ、砂を混ぜて焼かれているので表面がざらざらしていることと、鉢穴を大きく開けているので乾きやすい可能性があるのが気になる点です。

ネット通販では「所沢植木鉢センター」と言うところで扱っているので検索してみてください。

No title

>イセゴイさん
コメント、ありがとうございます。ブログ拝見しました。サボテン多肉、山野草、東洋ランと幅広くかつ奥深く、素晴らしいですね。大変勉強になります。おすすめあった雪割草鉢、私のところにもいくつかありますが、取扱い店があまりなく、最近は入手できずにいました。所沢鉢センター、こんど利用してみようと思います。ありがとうございました。
リンクさせていただきました。もし問題あればご指摘ください。

No title

私のブログをおほめ頂きうれしいです。
リンクありがとうございます。
もちろん喜んでお願いします。

所沢~さんは幅広いジャンルの資材があるので重宝します。
もっともうちの場合近くのホームセンターで済むことが多いんでそんなに利用してないんですがね(笑)。
ただ、ラベルだけは近くにいいものがなくここに依存しています。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる