種まきの記 2017

     
種まきしようぜ、で毎度おなじみの当ブログ、ことしの実生報告がまだでした。
季節は夏の真ん中、春に蒔いた植物たちはいまどうなっているか。
近頃のブームにのってみて、サボテンよりも多肉・塊根系の種子を多めに蒔きましたが、
順調に育って楽しませてくれるものがある一方、不慣れな種など管理不行き届きで
ダメにしてしまったものも。




resize3262.jpg
今年播種したパキポディウムは、ブレビカウレ、エブレネウム、グラキリウス、バロニー・ウインゾリ、マカイエンセ
(Pachypodium brevicaule, eburneum, gracilius, baronii windsorii, makayense)どれがどれかわかる?
このほか、左側の葉の大きいものはケファロペンダンドラ・エキルホサ(left;Cephalopentandra ecirrhosa
いちばん手前の立木状のものがプテロディスカス・アウランチャクス(left front:Pterodiscus aurantiacus

resize3259.jpg
                 バロニー・ウインゾリ Pachypodium baronii ssp.windsorii 3months
resize3267.jpg
                 ブレビカウレ Pachypodium brevicaule 3months



そんななか、毎年蒔いて勝手もわかっているパキポディウムは、自家採種で発芽もよく、
管理も慣れているので順調に育っています。5月蒔きなのでちょうど3か月でこんなサイズ感。
すでに腰水からは引き上げて、40%遮光下での通常管理。1年間は温室内で穏やかに
過ごしてもらいます。本当はこのタイミングで植え替えると良いのでしょうが、手がまわらないので
野菜みたいな密植状態のまま、1年間過ごしてもらいます。




resize3260.jpg
                 ユーフォルビア・シンメトリカ Euphorbia symmetrica 3months
resize3265.jpg
                 フーディア・ゴルドニー  Hoodia gordoni   3months



ユーフォルビアは、バリダやシンメトリカなど自家採取の種子が中心。
発芽もよく、元気に育ちます。ガガイモ科のフーディアは大輪のゴルドニーを蒔きました。
ユーフォもガガイモも色々蒔きたいけれど、一般的な種子業者ではなかなか見つからない。
そもそも、サボテンと違って多肉は全般に種子の入手が難しく、みつけても値段が高い。
そこが実生がひろがらない理由にもなっている気がします。




resize3274.jpg
写真左手前から時計回りに Ibervillea tenuisecta, Chorisia speciosa, Bursera hindsiana, Commiphora kua 'Gof Choba'
resize3275.jpg
               唯一発芽したコミフォラ Commiphora kua 'Gof Choba'
resize3257.jpg

resize3249.jpg
                 オペルクリカリア・パキプス Operculicarya pachypus 3months from seed



灌木系のコーデックスは、イドリアやブルセラなどは順調に発芽しましたが、その後の
管理が悪く、全滅させてしまった種が多数。暑がらせたり、水切れさせたのが敗因です。
勤め人ゆえ、忙しいときは1週間温室が覗けないこともあり、このあたりなかなか辛い。
また、コミフォラやキフォステンマなどの買った種子は芽が出ないものが多かった。
オペルクリカリア・パキプスは自家採種で、去年採った種子と、今年採取した種子と
あわせて30粒くらい蒔いて、発芽は今のところ5本です。発芽しさえすれば丈夫なので、
半世紀後くらいには立派なコーデックスが楽しめるかと思います。

さて、種まきは結果が出るのに時間がかかる、という話ばかりすると、やってみようと
いう人がいなくなるといけないので、たった1年でもこうなります、というのが以下の写真。




resize3255.jpg
               ユーフォルビア・ゴルゴニス Euphorbia gorgonis 1 year from seed
resize3261.jpg
              プセウドリトス・エイレンシス Pseudolithos eylensis 1year from seed
resize3253.jpg
               パキポディウム・グラキリウス Pachypodium gracilius 1year from seed



ユーフォ・ゴルゴニスはすでにタコものらしい姿に育って、開花もはじめました。
ユーフォルビアはサボテンと似てますが、成長はずっと早いものが多い。
ガガイモ・プセウドリトスはまだ1cmくらいですが、肌の感じなど、いい感じになってきた。
そしてグラキリスの小さな森。パキポは、すでに屋外管理になっていますが、夏の終わりから
株の下方が太りはじめて、お馴染みのボトルシェイプへと移行していきます。

気が短い人のために言うと、1年経てば、種類にもよるけれど、小さいながら本来の風格が
備わってきて、ナミビアかマダガスカルか、小さな沙漠の風景が眼前に広がります。
ひと粒の種から生まれ広がった小宇宙にひたる・・・園芸家冥利につきる瞬間です。













テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

どの苗もきれいに育っていますね。
多肉系ガガイモの実生に関してですが、播種~半年くらいの間に日が強すぎたり虫がついたり根が傷んだり等何らかのトラブルがあると急激に調子が悪くなり、大体2~3年拗れた状態を引きずってしまう印象です。ある程度育った後であれば回復も早いのですが。
蒔き慣れている方はこの初期の管理が上手なのだろうと感じます。
Pseudolithos eylensisは私も今年蒔きました。スムーズに大きくするが目標です。

No title

>Portさん

毎年、種はたくさん蒔くのですが、その後の管理が追い付かずに駄目にすることも多く、反省多々・・・。Portさんの栽培株のように、整然と美しく管理することが目標です。ガガイモは、仰るとおりつまずくとその後の成長がはかばかしくないですね。ワタ虫などもつきやすく、定期的な薬剤散布が必要な印象です。パキポディウムも近い仲間ですが、初年度の冬越しで温度維持が出来れば、ずっと育てやすいです。いずれにしても、このひと月くらいの日照不足で、どれも徒長気味になってしまっていますが・・・。。

No title

Shabomaniac!さん、こんばんは。
多肉の種子播きはサボテンとは勝手が違うものも多く、これはこれで楽しいですね。

私は今年、ユーフォやキフォステンマなどを播きましたが、発芽率はそれぞれバラバラ。
春に播いたE.オベサは7割近い発芽率なのにE.ゴルゴニスはゼロ。
花まで咲いているShabomaniac!さんの一年生苗を見て、再挑戦したくなりました。

種まき

こんにちわ。
サボテンの種まきですが、秋も可能でしょうか? 加温すれば、大丈夫とお聞きしたのですが、いまだに悩んでいます。

Shabomaniac!さんのHPを拝見して、ぜひとも、さまざまな種子にチャレンジしていこうと思い、海外に種子を発注し、どきどきしながら待って届いたのが初夏でして…、春は過ぎ去ったあとでした。
注文リストを作るのは、すごく楽しかったのですが、届く時期を考えていませんでした。
秋がだめなら、来年の春を待ちます。

No title

>noriaさん
コーデックス類の種子は、購入時点での鮮度などでもかなり発芽率が左右されるようで、なかなか難しいですね。私のところでもユーフォは矢毒キリンなど発芽ゼロでした。それでもへこまず、また手に入る種があるなら、やってみようと思っていますが。

>mikanikuさん
お彼岸くらいまでなら、極度に寒さに弱いものを除けば秋まき可能です。ただ、発芽には30度以上の温度が必要なので、温室など設備がない場合は、覆いやフタをすることで温度をあげます。あと、最初の冬は霜にあてず、水も完全には切らさず冬越しさせます。

種まき

お返事ありがとうございます。
秋まきの問題は、霜ですね。温室はあるのですが、なにぶん、北に住んでいるので、霜対策がたいへんです。今年は、秋に少し蒔いて、室内で越冬させてみます。
参考になるお話ばかりで、ためになります。これから、がんばってみます!
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる