緋牡丹錦の源流。

     
今週はずっと予報も雨マーク。すっかり梅雨モードになってしまいました。
雨ざらしの植物が腐らないといいなぁ、と案じつつも、とりこむヒマも場所もない。




resize3126.jpg

resize3139.jpg
               Gymnocalycium stenopleurum cv."Hibotan-Nshiki"




さて、こちらは緋牡丹錦です。
ごぞんじ、日本で作出されて世界に拡散した園芸サボテンの一頂点。
最近はタイなどでとても人気のようで、インスタなどでは鮮やかな斑まわりの個体が
ズラリと並ぶ写真などもしばしば目にします。




resize3152.jpg




わたしはもともと斑ものにあまり興味がなく、積極的に収集したことがないのですが、
いただいた植物などいくつかを大事に育てている次第。極上の斑入りとかじゃないけど、
綺麗で眺めていて飽きない植物ですよね。花は白ないしうすい桃色です。




resize3160.jpg

resize3168.jpg
               Gymnocalycium aff.friedrichii 'mendozaensis' HU312 (Mendoza,Chaco,Paraguay)        



で、私は緋牡丹錦はあまり集めていないけれど、原種にあたる系統のサボテンは
いくつか蒔いています。これはそのひとつ。
Gymnocalycium aff.friedrichii 'mendozaensis'(HU312 Mendoza,Chaco,Paraguay)。
緋牡丹錦の原種、牡丹玉のメンドーサ産タイプ、ということになるのでしょうか。
斑が入ってないと、物足りないと感じるかも知れませんが、この深い肌色から葉緑体の
グリーンを引き算したらあの赤が出てくると思うと、なかなか魅力的です。




resize3184.jpg




花は薄いピンク。牡丹玉の系統は白~ピンク色の花を咲かせます。
このfriedrichii(フリードリッキー=フリードリッヒー)という長年慣れ親しんだ学名は、
最近になってステノプレウルム(stenopleurum)という名前に置換されています。
なので、緋牡丹錦の原種はステノプレウルム、というのが最新の表記になるはずです。

そして下の写真は、緋牡丹の原種とよく間違えられる、瑞雲丸(ミハノビッキー)の仲間。




resize3111.jpg

resize3114.jpg
            Gymnocalycium mihanovichii ssp.stenogonum P242(Chaco Austral,Argentina)




一見してわかるように、花色が決定的に異なります。この個体は正確に言うと、
Gymnocalycium mihanovichii ssp.stenogonum(P242 Chaco Austral,Argentina)。
和名対照は、基本種が瑞雲丸で、ステノゴヌムがつくと祥雲丸ということになります。
もっとも、瑞雲丸も祥雲丸もあまり使われていない、というかこのサボテン自体が
あまり栽培されていないかも知れませんが。




resize3108 (2)




しかし、このメタリックグリーンの花は(より濃色で褐色がかった花色の個体もある)、
他になかなかない色で、錆びた銅のような肌色とあわせて、私は前者の牡丹玉よりも
魅力があるように感じます。そして、緋牡丹ないし緋牡丹錦でこの緑褐色の花を咲かせる
株を私は見たことがありません。なので、緋牡丹錦の源流はこちらではないと思われます。
瑞雲系の緋牡丹錦というのも、どんな発色になるのか、是非見たいものですが。




resize3149.jpg




ところで、最近タイなどで盛んに増やされている原種系牡丹玉で、稜がとても薄く、
肋骨状の横縞がとても鮮明できわめて魅力的なタイプがあります。
friedrichii LB2178(Agua Dulce)というフィールドナンバーで、残念ながら写真が
ないので、興味お持ちのかたは検索してみて下さい。
発見者はLudwig Bercht氏で、おそらく一時期種が出回ったと思うのですが、そのとき
蒔きそびれました。もし手に入ったら是非種から育ててみたい植物です。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは

緋牡丹をはじめ日本のサボテン界は変わり芸が盛んですよね
しかし私にはどうも大枚叩いてまで買う気持ちがわかりません
原種より作落ちがしやすかったり気難しいから挑戦しがいがあるからでしょうか?
単にキレイだからとは思えないほど日本人の変わり芸好きは異常なほどだと思います

・・・最近団扇や柱、花モノなどのいわゆる「駄物」をGoogle画像検索してみて思ったのですが
明らかに海外の方がサボテン園芸に関しては「豊か」だと思いました
立派に育ち大群生を作る松霞や極彩色な程の美しい花を咲かす改良団扇を見てつくづく感嘆するばかりです

行く先々の例会で輸入規制が厳しくない種類の種子だけでも蒔きましょうよと色々勧めてみるのですが
「珍しいだけでしょそんなの?大体持て余すだけ」と相手にされません


・・・愚痴が過ぎましたね 思えば最初に手に入れたサボテン詰め合わせに入っていたのが
三角柱継ぎの緋牡丹でした そもそも接ぎ木ということすら知らなかったあの頃
「葉緑素がないのに生きてるの!?というよりこれは寄生の一種か!??」などと言っていましたw
もしかしたら変わり芸に熱を上げる人たちはそういう植物の神秘さ奥深さに心底惚れ込んだ
情が深い人達なのでしょうか

No title

Shabomaniac!さん、こんにちは。

以前、知り合いから「優秀な緋牡丹錦のタネ」というのを頂いて、1万粒ほど播きました。
結果として、見られそうな斑入りは100本前後。将来有望株となると10本もあるかどうか…道楽ならまだしも、商売となると割に合わないですね。
品評会に陳列されるのはエリート中のエリートというわけです。

LB2178、たしかに魅力的な顔立ちですね。刺が一本、下向きに出るのも特徴でしょうか。
VoSナンバーに似たような顔の株がありますが、刺は数本放射状に出てます。

ところで、「野良サボ愛好家」の端くれを自認する私は、サボだいすきさんの意見に同感です。
結局、「持て余す」という人は売却を目的にしているからではないでしょうか。

日本のサボテン業界は、今や趣味家の余剰品をあてにして成立している傾向が見受けられます。
それが当たり前になってしまい、趣味家が「売れるもの」しか作らなくなる。
結果、入手できる種類が少ないし、誰かが「人気に火をつける」仕掛けも容易になる悪循環。。。

流通する苗の多くが「選抜漏れの余剰品」、「誰かの価値観の受け売り」ということに気づけば、
ちゃんと自分の趣味に合ったサボテンを選び、自分でタネをまく人も増えるかもしれません。

ちょっと書きすぎました。妄言多謝です m(_ _)m

No title

>サボだいすきさん

斑入りサボや、優型選抜のサボテンなど、日本はアジア的感性を代表しているのか、リーダー的存在ですよね。最近は、緋牡丹などはタイあたりの方が盛んなようですが。面白いのは、有星類のエクストリームな奇形など、タイあたりでは人気でも、日本人の感性だとさすがにちょっと・・・というものも少なくないことです。そのもっと対極に多くの欧米系のマニアがいるようで、商売で斑入りを扱っている人でも、ほんとは病気のサボテンなんか扱いたくない、などと言ってたりもします。斑入りや奇形のなかにはウイルス懸念のあるもの含まれており、そういう警戒心も強いです。趣味のあり方の違いを象徴するのが、日本には種子商がいないということ。海外では原種が人気だと言っても、かたっぱしから原種を蒔いても数ばかり多くて商売にならないのは自明なので、種子で売るわけですね。愛好家は金銭的価値からは自由なところであれこれ蒔いて楽しんでいるんでしょう。私はむかしから団扇とか柱とか、南米駄モノとか、好きで輸入種子を蒔いていますが、最近は業者で売ってないからと欲しがる人も出てきます。愛好会のセリしか情報を得る場がなかった時代とは、変わってきたということかも知れません。

>noriaさん

私も野良サボ愛好家のひとりです^^。種から育てられない植物は、いずれ長くは生かしておくことが出来ないと思っていて、ゆえに実生からの育成がメインになっています。何千とある多様なグループなので、楽しみ方も無限にあると思うのですが、実際は狭い世界に趣味を囲い込むことが続いてきましたね。兜や太平丸など一部サボテンの優型神格化については、noriaさんご指摘どおりだと思いますが、最近の大ブームですこし視界が変わってきたなとも。
たとえば、趣味家が見放した作落ちのガビガビサボテンを、「古木サボ」として綺麗な鉢に植え直して楽しむ、とか、自分には決して思いつかない凄い発想だと思いました。最初は??でしたが、いまや自分でも棚下に十年住んでいたようなサボを救出して植え替えてみたりしてます。まあ、これまでのサボ・多肉界は、とても日本人的に閉じていて、名人やお大尽の価値観に右ならえの同調圧力が働いていて、みんなで同じものをありがたがる風潮でした。ネット的な情報の氾濫で、それがかき乱されていくのは個人的には面白く受け止めていて、そもそも道楽なんだから「なんでもあり」がいいじゃん、と思っています。
そうそう、タイではLB2178の斑入りが早くも出来てるそうです。日本でも人気になるかどうか。緋牡丹錦のnoriaさん実生特選品もぜひ拝見したいですね。

こちらも長くなってしまいました^^;。さらに妄言多謝。

No title

牡丹玉の原種、いいですよね。
私もサクシードさんから何種類か蒔いてみたのですが、
発芽率が悪く、失敗しました。
ギムノ系は今回あまりうまくいかなかったので
再挑戦してみようと思います。

皆さんのコメント読むと確かにそう思います。
アカントカリキウムのバラエティーを9種類くらい
蒔いて今育っていますが、国内で成体で販売している所
はあるのでしょうか…。
値段をつけにくいのはわかるのですが。

とはいえ、インターネットがこれだけ盛んになって
海外からの輸入もだいぶ楽になりました。
価値観の多様化に期待したいです。

No title

>AZさん

牡丹玉系の原種は変異が大きくて面白いです。アンデス東側の低地の灌木帯に生えているので、寒さに弱いはずですが、そこそこの霜にも耐える頑丈なところもあります。LB2178も、タイあたりから輸入すれば早いですが、やっぱり種から育てたいですよね。サボテンは数千種もあるので、業者さんも全部そろえるのは難しい。マイナーな種類は愛好家の余剰がたまたま出回るくらいですね。なので、親株だけ保有して種を売る業者があるといいんですが。


No title

こんにちは、初めまして。
私はまだサボテン(と多肉植物)を始めたばかりで何も知らないのですが、
瑞雲丸の花、金属質な質感がとても綺麗ですね。
正直なところ、胴のゴツゴツしたところや力強い棘に魅力を感じており、
花の魅力に気付いておりませんでした。
サボテンの開花に興味を持ったのは初めてかもしれません。
私も瑞雲丸をいつか育ててみたいなと思いました。
初心者丸出しの感想で恐縮ですが、これからもブログを楽しみに拝見させて頂きます。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる