ロビビアの5月

   
五月は南米の花サボテン、ロビビア(Lobivia=Echinopsis)の開花シーズン。
にごりのなフルーティな色あいの花がたくさん咲くので、栽培場が一気に華やかになります。




resize3060.jpg

resize3062.jpg

resize3061.jpg
               Lobivia saltensis Seccseed1438 Sta Barbara 3000m, Arg.




キャンディーのような濃厚なオレンジ色の花。なにか甘酸っぱい感覚を強烈に呼び起こします。
ロビビア・サルテンシス(凄麗丸・Lobivia saltensis Seccseed1438 Sta Barbara3000m,Arg)。
凄麗丸という名前は、そのむかし昭和の花サボテン全盛期に伊藤芳夫さんがつけた名前っぽい響きです。
球体はやや小ぶりで、根は太い。ただし質が脆いので、地上に出して鑑賞するのには向いていません。
ロビビアの素敵なところは、同時に多数の花が咲くところで、この株も5cmほどの球体は3輪の花に
すっかり覆い隠されてしまいます。




resize3071.jpg

resize3074.jpg

resize3075.jpg
           Lobivia haematantha ssp.hualfinensis fa.fechseri WR230 Catamarca 2500m,Arg.




つづいては、濃いイエローの花。どういう名前の種子を蒔いたかというと・・・
ハエマタンサ・ウアルフィネンシス・フェクセリ・・・あー絶対覚えられないし名札にも書ききれない!
原語で書くと(Lobivia haematantha ssp.hualfinensis fa.fechseri WR230 Catamarca 2500m,Arg.)。
ロビビアは種内での変異が大きく、大きさや刺のつき方など、同じ種と思えないくらい違うものがあります。
それで亜種やフォルマがたくさんできたのですが、そもそも自生地の同じコロニーでも刺や花色がバラバラの
ことも珍しくなく、早い話が種分化の途上ということなのかも知れません。
園芸本位にみれば、美しい花をあれこれ楽しめるので必ずしも悪いことじゃないです。




resize3066.jpg

resize3067.jpg

resize3070.jpg
                    Lobivia silvestrii cv.'Anzukareimaru'




最後は国産の園芸ロビビア、杏花麗丸(Lobivia silvestrii cv.'Anzukareimaru')です。
農家の軒先サボテンとして昭和の昔から親しまれている白檀(Lobivia silvestrii)をベースにした
交配作出種と思われます。白檀はむかしはカマエケレウス属(Chamaecerus)として独立していたため、
白檀ベースの交配種はカマエロビビア(Chamaecerus×Lobivia)とも呼ばれています。
上の二種も含めて、ロビビアは高山植物的な気難しさがありますが、カマエロビビアは、白檀の丈夫な
性質を受け継いでいるので、とても育てやすいですね。

きょうは良く晴れて、たくさんの開花にも立ち会えて、いい休日でした。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

Lobivia haematanthaもバリエーションが多いですよね。私の所でも去年いくつか蒔いて・・まだ小苗です。「写真じゃこんなだけど・・・どんなのが咲くの?」っていうのも面白味の一つですね。

No title

ロビビアの花はきれいですね。
こちらもSuccseedさんからLobivia maximilianaを
何種類か入手して蒔いてみました。
2色花でlong lasting flowerと言うのが楽しみです。
どこまで長持ちするのか…。

また少し系統は違うのですがAcanthocalycium thionanthumの
系統も何種類か蒔いてみました。

どちらもサイトの写真とどう異なっていくのか
また素直にそのままの姿になるのか楽しみです。

No title

実際に咲いてみないと分からない部分は結構ありますよね。写真じゃ最高!ってのと実際の花が最高ははっきり違う。「この花は最高です。写真じゃわかりません。実際に自分で蒔いて確かめてね」ってのも多い。けどそいつが俺だけの好みって可能性もある。実際の顔違いまでまんべんなくそろえてる植物園でもなければ後は自分で確認するしかない。ってのが良い所か悪い所か・・・

No title

>TK-Oneさん
haematanthaバリエーションやたら多いです。いろいろ蒔くと同じ種とは思えない。ロビやレブチアは、サクシードのカタログが写真も入って見やすいですね。あと、栽培下の種は、多少なり交雑の可能性は頭においた方がいいかな、とも思います。

>AZさん
maximilianaの二色花、どんなカラーなのか楽しみですね。咲いたらぜひ見せてください。thionanthum系統では、グラウカと呼ばれる青肌のフォームはとても美しいサボテンに育ちました。

ご無沙汰してます<(_ _)>

Shabomaniac!さん、こんにちは。お久しぶりです。
梅雨入りしてしまいましたね。

むかーしのサボテンのイメージでは、ロビビア=昼咲き+有色花、エキノプシス=夜咲き+白色花…
という感覚でしたが、最近、欧米のいろんな情報に接するにつれて、自生地では決してそんなんじゃない、という事が分かるようになりました。

当ハウスでも、ぼつぼつ自生地由来の実生花も咲きはじめ、
すらりとしたプシスよりの有色花、ずんぐりしたロビビア風の白花、昼咲き、夜咲き、早朝咲きetc..
この辺がロビビアをエキノプシスに統合する(ついでにトリコケレウスも)っていう考え方に繋がるんですね。

同じ学名でも、産地違いで顔も花もバラエティ豊か。楽しいこと極まりなく、ハマると深入りしそうで危険です。


ところで、インスタでも膨大な植物を紹介されていますが、いつも不思議に思うことがあります。
いったい、これだけの植物を管理するスペースと時間、本業の合間にどうやってひねり出しているのか??
さらに、毎年生まれているであろう大量の実生苗はどう始末されているのか??

マニアックさんの謎は深まるばかりです。。。(?_?)

No title

>noriaさん
ご無沙汰してます!ロビを色々蒔いて思うのは、小型系や塊根種など、高山植物らしく難物がけっこうあります。植え替えさぼると肌がサビたり芯が止まったり、植物本体をきれいな状態で保つのはなかなか難しいですね。

後半はなかなかキビシイお尋ねですが、私の場合自宅に置いているのは限られたもので、夜中に温室に蛍光灯つけて世話をして、道行く人に奇異の目でみられたり。離れたところに置いているものは成長期でもなんとか水やり月一度。それでもってくれるのは乾燥地の植物だからですね^^;。実生苗は、ここ3年くらい基本蒔きっぱなしになっており、ヤヴァイです。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる