アボニア・アルストニー

     
resize3036.jpg




きょうの夕方、この花の咲いているところに出会えたので、この稿を書いています。
なにしろ、長年栽培していても、蕾は毎年見るのに咲いているところに出会うのは何年かに一度。
晴れたの日の午後、日暮れの手前ほんの数時間しか開花しないのです。




resize3026.jpg

resize3028.jpg

resize3039.jpg
                Avonia quinaria ssp.quinaria = Anacampseros alstonii




アボニア・アルストニー(Avonia alstonii)。むかしは「アナカンプセロス・アルストニー」と
呼ばれていましたが、その後、鱗片状の表皮(托葉)をもつグループがアボニアとして別属に分離されました。
さらにややこしいことを言うと、白い花のタイプとピンクの花のタイプ(上の写真)があり、
それぞれを分けて、

白花タイプ Avonia quinaria ssp.alstonii
桃花タイプ Avonia quinaria ssp.quinaria

とするのが最新の分類のようです。ただ両者はとても似ていて、上記写真の「クイナリア・クイナリア」は、
白花の「クリナリア・アルストニー」として私のところにやってきたもの。でも、咲いてみたら桃花でした。

塊根のうえに芝生のような細い茎葉が密生し、ゴルフで激しくダフったときのターフみたいな形状です。
自生地のナミビア、南アフリカでは塊根部は完全に埋まっていて、ごく短い葉の部分だけが地上に出ています。
上の写真の株は国内で10年くらい育てていますが、茎葉が伸びすぎてしまっていて、野生株とは異なる姿です。

ちなみに、最近この種に「群蚕」という和名をあてる解説を見かけます。流通上も混乱が見られますが、かつて
国内でそう呼ばれていた植物はAvonia ustulataだと思われます。一見よく似ていますが、茎節がより細長く、
うねって絡み合うように育ち、塊根は円盤状に大きくは発達しません。




resize3018.jpg

resize3019.jpg
                Avonia quinaria ssp.alstonii white flower form




で、こちらは今年のはじめに入手した荒木で、白花タイプ(アルストニー)として入手したもの。
倒円錐型(コマ型)の塊根の帳面は平べったくなっていて、そこに短い葉茎が密生。ダフったターフです。
国内で作りこんだ株と比べると姿がぜんぜん異なり、葉っぱの長さは5mmくらいしかありません。
この植物の本体は質量を比較してもわかるように、塊根の部分にあります。なので、この塊根を健康な状態に
保つことが大切です。本来は地中に埋めたほうが良いのですが、多少は鑑賞したいので、三分の一くらい
見えるような形で植えつけました。化粧砂を明るい色にしているのにも訳があって、夏場に地表面が
熱くなり過ぎて塊根が痛むのを避ける意味があります。黒系の化粧砂は見栄えが良いですが、冬型多肉には
適さない場合がありますね。




resize3022.jpg




植えつけて2か月ほどで十分に発根。水をやったのは3回くらいですが吸水して塊茎部分に張りが出てきました。
葉茎も生気が戻ってきて緑色になっています。ここで調子にのって水をどんどんやると元気に膨らむのですが、
3~5cmくらいも茎葉が伸びてしまい、ボーボーのだらしない姿になってしまう。先の開花株はそうなって
しまっていますが、こちらはなんとか自生地ルックを維持したいと思っています。




resize3033.jpg




アボニアの原産地はナミビアや南アで、メセン類などと同様、典型的な冬型多肉植物の自生環境です。
ただ、コノフィツム等のようには厳密でなく、一年を通じていちばん元気なのは3~5月と10~11月です。
真冬も水は切りませんが、土が氷結しないように管理しています。また入梅から猛暑期は遮光した風通しの良い
場所で休眠させます(水は月に一度お湿り程度)。いまの時期に元気よく育てると、どんどん蕾をあげますが、
先に述べたように、夕方の一瞬しか咲かないので、勤め人をやっていると花を見るチャンスに恵まれません。


今週末は、雨がふったりやんだり、曇っていたり、あまり天気も良くなかったのですが、きょう夕方になってから
すっと陽が射してきました。アボニアの美しい花も咲いて、時が過ぎるのが惜しい日曜の午後でした。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

アルストニー、我が家でも2株あるので交配して・・っと思ってるのですがなかなか2株同時に咲いた所に遭遇出来ない。虫たちが媒介してくれる事を期待してバルコニーで2株並べて置いています。
以前は室内に置いていたのですが今はバルコニーで雨ざらしにしています。室内に置いていた時よりは葉っぱも伸びずに成長期はこれで良いかな?と思ってます。「雨」だけでも水分多すぎかもしれませんけどね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>TK-Oneさん
アルストニーは、実生からも気長にとりくめば育てらる植物ですが、5cmになるまで30年くらいかかりそうです。でも、種が採れたら楽しみですね^^。

No title

5センチ30年・・・
そういえばサルコカウロン ムルチフィズムはうまく育てれば3年位で花咲かせるって聞きました。こいつはどうなんでしょう?

No title

>TK-Oneさん
私は実生もしていますが、3年で1cmくらいで、まだ咲くのは無理そうです。うまく育てる人なら可能かも知れませんが。サルコカウロンもですが、なんとなく長細く育ってしまい、別物っぽくなりがちですね。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる