天狼

         

きょう、特別な植物が開花しました。




resize2896.jpg




これです。なんだかわかりますか?




resize2897.jpg

resize2914.jpg
            Pediocactus sileri SB473 first flower at 17years from seed, own root.



天狼。学名はペディオカクタス・サイレリ(Pediocactus sileri SB473 Mohave Co. Arizona, USA)。
植物の和名は、あまり好きじゃない方ですが、この名前だけはしっくりくる。
天駈ける狼。恐ろしくプライドが高くて、栽培者に決して心を許してくれない野生的な植物です。
育てにくさでいえば、数千種を数えるサボテン科植物のなかでも随一でしょう。




resize2950.jpg

resize2965.jpg




その天狼。きょう、種から育てた株が初めて開花しました。
正確には、接ぎ木した株や、接ぎ木を経て実根にした株は幾度か咲いたことがあるのですが、
この株は、実生して以来、本体の根だけで育ててきたもので、そういう意味で初開花です。

蒔いたのは前の世紀の終わり頃。私もまだ青年でした。そこから二十年近く育てて、直径8cm。
新刺が出たぶん、下の方が縮んで小さくなるので、ここ5年くらいは大きさ変わっていません。
黒く長い刺を反りかえらせる豪壮な個体で、とっくに開花サイズになっているはずですが、
毎年、春になっても蕾が出てこなくって、新しい刺座がみっつくらい増えて、それでおしまい。
もう、東京の空の下では咲かないものだと思っていました。




resize2900.jpg




ちょっとくすんだ黄色花。花弁はとてもうすく、フリンジがあります。ここはエスコバリアと
似ている。花糸も花柱も同色なので落ち着いた印象です。顔を近づけても、香りはとくに感じない。
ことしは3月中旬に最初の水やりをした後に、刺より先に小さな蕾が顔をのぞかせてきました。
そのあと、アメ色の新刺が伸びてきて、蕾は収縮してしまうかな、と思っていましたが、
このところ暖かい日が続くうち、一気に膨らんで開花に至りました。
なぜ、ことしに限って咲いたのかはわからない。同じ年の株、さらに古い株と、私のところには
3個体あるのですが、咲いたのはこれだけなので、残念ながら種をとることは出来ません。




resize2948.jpg

resize2946.jpg




これまで、自生地の様子もふくめて、ホームページやこのブログでも取り上げてきましたが、
自生地は寒暖の差が激しく、雨量はごく少ないところ。メキシコのように色々なサボテンが
あちこちに生えているような場所ではなく、そもそも生物の密度がとても低い不毛の場所です。
この株は、温室の特等席に陣取って、水やりも年3回だけ。でもめちゃめちゃ大切にしています。

天狼は、かつてユタヒア属(Syn:Utahia sileriという独立した属に分類されていましたが、
後にペディオカクタスに編入され、最近ではスクレロカクタス属(Syn:Sclerocactus sileri)に
統合する考え方も出てきています。分類が定まらないのは、ほかのどの種とも似ているようで
似ていないということで、それだけ特異な種と言うこと。自生地でも稀少になっているため、
保護植物になっています。この種をうまく育てて、採種まで出来る凄腕栽培家は、MesaGardenの
Steven Brack氏くらいだったので、彼が引退した今後は種の入手も難しくなると思われます。




resize2922.jpg




この春、私の栽培場でいちばん印象的な開花。写真の枚数が多くなってしまいました^^;。
いや、ほんと嬉しかったですね。
















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

快挙!

天狼の開花、おめでとうございます。
以前訪ねられた荒涼たる自生地を背景に・・・最高ですね。

うちでは5、6年育ってせいぜい3cmほどまででしたが、このさき実生開花をできることはないでしょう。

ペディオよりはスクレロへの統合が良いと思います。

執念が実って~\(^o^)/♪すごい~!

お久しぶりです♪

もう読んで、それほど過酷な環境に生きるサボテンがいて、日本で実生され遂に開花したことに大感動しています。1年間に3回の水やり、そして20年近くの歳月を見守り成球で8cmなんて~\(^o^)/♪。ただならぬ実生株の開花にいたるまでの経過にも、本当に思いひとしおですね~拍手拍手いっぱい拍手です。
もう見た目ではなく、花姿の見えない中身が美しくって、気絶~ッしてもイイって感じが伝わります♪実はこっそり気絶したでしょ~\(^o^)/おめでとうございます♪

No title

おめでとうございます。

コイツの開花は本当に誇っていい事ですよね。

私の場合、チェコの某ナーセリーでは接ぎ木苗同士の交配で種が出来ているようなのでまずはそこを目指そうかと思ってます。発芽だけはどうにかなっているので定期的に種の確保が出来るようになれば・・・という皮算用をしてるんですがそれすらなかなか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おめでとうございます。

種子から、しかも20年近くを僅かな成長を維持する、並々ならぬ努力、自分にはそこまでの気力ありません。サボテン入門時に接ぎ木のsileri有りましたが、自生地姿とは桁違いの風貌にガッカリしたことを思い出します。難物の頂点に君臨するsileriを種子から自根で開花迄こぎつけた事に、大大アッパレ!!!

Congratulations

Shabomaniac!さん、おめでとうございます。
ついにその日が、という感じですね。素晴らしいです!
色々な苦労や長く待った時間も全て吹き飛ぶといった具合
ですかね、 まじめに根気よく付き合った結果ですね。
彼らの育つ環境と大違いのこの日本での開花は、大変なことだと
思います。 特別な日になりましたね。

No title

>masutusさん
私も天狼は咲かないのだ、と諦めていました。なんの気まぐれかはわかりません。ほかの2株は開花なしです。再びあることかはわからないので、写真もたくさん撮って、記憶にもやきつけました。私はユタヒアに戻そうよ、なんて思っていたりします^^。

>takoyashikiさん
ありがとうございます。嬉しくて写真いっぱい載せすぎました^^;。17年、水をやりたくなるのを我慢して我慢して・・・という感じですね^^。水をやるのは3月、4月、9月、以上です。それでも少しずつ成長します。

>TK-Oneさん
チェコの業者さんが繁殖につとめているんですね。たしかに接ぎ木すると勢いがつくのか、咲きやすくなる気がします。ぜひ国内繁殖にトライしてみてください。いくら名品でも種くらいなければ、幻になってしまいます。

>sileriさん
シレリさんにはぜひチャレンジを続けてもらいたいです。東京より涼しくてうまくいきそうですよ。私の実生正木は接ぎ木をする勇気がないからそうなったので、接ぎおろし実根もありだと思います。

>Yuccaさん
この種の自生地を最後に訪ねたのが、もう6年くらい前になります。忙しくなって自生地旅ができなくなりました。あの過酷な不毛の丘に生える植物が、こうして東京のガラス室で開花してくれるだけで、感動です。

なんなん難物、超難物

祝開花!
実生20年特別な思いがあると思います。
花芽つけてから開花までドキドキの毎日だったんでしょうね。私なら朝晩毎日チェック「枯れるなよ~萎むなよ~」って願かけてたと思います。
丹精込めた一鉢、いつもお忙しいShabomaniac!さんが見事お休みの日に開花してくれたんですね。
育ててくれた人への感謝のひと花だったと思います。
いや、ふた花でしたか(^_^;)
遅ればせながらおめでとうございます。

No title

>遍路さん

ありがとうございます。長いことかかって達成しても、一瞬の出来事ですね^^。すでに花もおわり刺の出もおちつき、天狼は夏の休眠に入ろうとしています。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる