霊験あらたかな石。

      
秋から春に色鮮やかな花で楽しませてくれるメセンの仲間。
今回はコノフィツムやリトープス以外からいくつかご覧いただければと思います。
いずれも花だけでなく、植物そのものも興味深い姿や生態のものばかりです。




resize2606.jpg

resize2614.jpg

resize2664.jpg
                 Titanopsis hugo-schlechteri M.1872.1 60 km NE Kliprand




チタノプシスの天女扇(Titanopsis hugo-schlechteri)は、擬態植物として有名です。ほぼ地平面に這うように
展開する厚肉の葉は、自生地の砂や石くれと同じ色調、パターンで、身を隠します。古くから作られているので、
ややもすると駄もの扱いする人もいますが、夏の過湿に弱いので、外葉を枯らさないように大きな株に仕立てるには
相応のテクニックが必要。夏型扱いする人もいますが、私は秋~春に育てています。寒さには大変強く、厳寒期に
つぎつぎと開花します。根は太くなるけれど、塊根として鑑賞するのは難しいかな。




resize2630.jpg

resize2633.jpg

resize2652.jpg
                 Mitrophyllum clivorum M.1779.39 Komaggas




ミトロフィルム、というメセン自体があまり知られていませんが、姿や生態がとても面白い植物です。
このクリボルム(Mitrophyllum clivorum)は、なかでは小型の部類。大型種は高さ50cmくらいまで育ちます。
成長期は写真のように赤茶色の幹(茎)の部分から、ゴムのように柔らかい葉を展開します。
春の終わりに柔らかい葉は枯れ、その年伸びた分の茎が残る。モニラリア(Monilaria)に近いグループなので
成長パターンもちょっと似ていますね。コーデックス的な味わいのあるメセンです。ユニークなのは、休眠期に
茎のてっぺんに翌年展開するための葉っぱがセットされる点で、これはかなりの奇態です。
なかなか言葉では説明しにくいので、興味あれば画像検索してみてください。
栽培は難しくありませんが葉の落ちた休眠期は完全断水。秋~春はたっぷり灌水。寒さは少し苦手。




resize2620.jpg

resize2623.jpg

resize2625.jpg
                 Didymaotus lapidiformis SB627  Ceres Karoo,South Cape




最後はムイリアと並ぶ難物、珍奇種と言うべきディディマオタス(Didymaotus lapidiformis)。
この属にはこれ一種しかなく、「霊石」というちょっと不気味な名前がついています。霊験あらたかな植物かどうかは
わかりませんが、世にも奇妙な植物であることは間違いない。対に展開した葉の間から、次の葉が覗いた状態、
このシンメトリーな姿が基本形です。そして、このメインの葉の両脇には、同じようなデザインの小さい“葉”が、
それぞれ生じます。さらにここから花茎を伸ばして、両手に捧げもつように金属光沢あるピンクの大輪をひらく。
写真の株は片側からしか咲いていませんが、両側から同時に開花すると、一層奇妙な感じになります。
花は株の中心ではなく、この両脇からしか咲かず、花のつけ根は実は葉ではないので分頭したりはしない。
国内栽培では緑色ですが、自生地の強光線のもとでは、錆びたような赤に色づき、大地と一体化します。
夏の灌水では腐りやすく、成長期も水は少なめに育てますが、言われてきたほど難物ではありません。
小さな鉢植えなのに、なんというか重たい存在感があって、実にカッコいい植物です。













テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは
チタノプシスの夏の管理はどうされてますか?
私は遮光して断水してたんですが秋には大分枯れ込んでました。
もっと涼しい所に置いて断水したものか、少し水遣りした方がいいのか迷っています。
ミトロフィルムの育て方も載せてくださって勉強になりました^_^

No title

>karenさん
チタノプシスは夏に水を切ると枯れこみますね。でも、灌水して腐らせたことが何度もあるので、私も入梅~8月いっぱいは断水しています。完全な日陰はよくないですが、50%くらい遮光して、あとは限りなく屋外に近い風通しの良いところで、かつ雨のあたらないところが理想・・・ってわかってますが、なかなかそんな環境は用意できないですよね。

No title

ありがとうございます(^^)
悩ましいところですね。
素焼き鉢に植え替えてチョロっと湿らせてみようかと思ったり…
断水が安全だと思いますが色々試行錯誤してみます。

霊験にあやかりたいデス

Shabomaniac!さん、こんばんは。

なんと!霊石の国内栽培株!しかも開花状況、初めて見ました!(@_@;)
25年前にレンガ色に染まった現地株を見て、即座に「こりゃ自分には無理だ」と諦めてました。
う~ん食わず嫌いだったかな・・・

メサの新リストにも載ってましたね。さっそく挑戦してみようと思います。
タネから育てるコツなどありましたら、ご披露いただけるとありがたいです。


No title

>noriaさん
霊石、成長も思っていたより早くて、実生は楽しいです。ただ夏の水やり一発で全滅、なんてこともありました。思い切り日にあてて赤く焼いてみたいですよね。帝玉的な難しさです。でも、写真でしか見たことないですが、自生地での姿は100倍魅力的ですね!

No title

初めまして。
種子の輸入を考えているのですが、植物検疫証明書というのが必要と知り、戸惑っています。
以前、ブログで掲載されていた海外の会社から、取り寄せようと考えているのですが、
販売サイトによっては、証明書を発行しない会社もあると聞いており、
もし、没収されたらと考えると躊躇します。
shabomaniac!さんは、どのようにして先方にお伝えしておりますでしょうか?
すいません…、なにぶん初めてなので思い切って聞いてみました。

最近、実生に目覚め、海外にまで目をむけた中、こちらのサイトにたどり着きました。
shabomaniac!さんのように、うまく育てられるまでがんばりたいと思っています。

No title

>ミカニクさん
検疫証明書(phytosanitary certificate)は、かつてのメサガーデンなどはつけてくれましたが、手間がかかるので、いま種子につけてくれる海外業者はほぼないと思います。本来は必要なのですが、だいたい開封されて植物検疫で「注意!」のペーパーが挿入されて、結果届くケースが大半だと思います(没収リスクなしとは言えません)。苗についてはペーパーがないと没収されてしまうことも多いです。ご参考まで。

No title

shabomaniacさんこんにちは
私は塊根や塊茎が大好きなのですが一つ不安なことがあるんです
それは「時限爆弾」です
なんでも以前このブログで「イポメアは日本では地植えにしない限り7~8年でエネルギーを使い果たし枯れる」
このような話を読んだのですが
もしかしたらいわゆるコーデックスと呼ばれる植物はすべてそうなんじゃないかと思って
今不安で不安でしょうがないんです そういえばコーデックスを50年以上維持している人の
報告を聞いたことがありません・・・やっぱり鉢植えではダメなんでしょうか・・・?
それではあまりに寂しすぎます ステファニアやウリ科は成長期にガンガン肥料と水を吸うので
もしかしたら鉢植えでは長年の維持はできないのでしょうか!?またアデニウムやパキポディウムは?
・・・shabomaniacさま どうか教えてください
東京の鉢植えではコーデックス達と一生付き合っていくのは無理なのでしょうか・・・

No title

お返事ありがとうございます!
聞いてちょっと不安ながらも安心しました。まずは試しに輸入してみます。

No title

>霊験さん

たしかに、コーデックスの栽培は一様ではなく、私の長年の栽培でも、残らなかったものも多数あります。ブラキステルマなどは難しいし、イポメア・ホルビーもポックリ死を何度か経験しましたが、鉢植えで10年近く生きている株もあります。オペル・パキプスなどは、根づけばかなり丈夫で、温度管理をしっかりすれば50年でも生きると思います。パキポは水気が多いので、ちょっとしたミスで駄目にしやすいです。あと、通年室内栽培では徒長します。
難しいのは冬型のホネもの(サルコカウロンやミラビレなど)などで、いつのまにか消えてしまうことが多いです。ウリ科やアデニアなどは寒がらせなければ丈夫です。コーデックスは、冬も20度以上が維持できる、陽当たり満点の温室があればかなり栽培の幅が広がるのですが、これはなかなか難しいですよね。

No title

>shabomaniac!様

>ウリ科は寒がらせなければ大丈夫
 今私はこの言葉に本当に勇気づけられ軽く涙ぐみました いや本当に(笑泣)
ケファロペンタンドラ コラロカルプス キクランテロプシス どうもこのあたりは特に寒さに弱そうなので気をつけます
デンドロシキオスは未だ見たことがありませんが・・・
ウリ科本当に好きなんです 毎年ウリハムシと戦うのが風物詩です(笑)
トックリランの仲間やマイナー科のピレナカンサも大好きです 丸くて「巨大」になるから・・・

いつも貴重な情報と栽培して感じたことをありがとうございます
やはり「冬」を経験させて落葉させることって植物にとってものすごいストレスになるのですね
これも以前このブログで教えてもらった大切なことでした
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる