インスタから見えてくる世界。

     

このブログと並行して、インスタグラムをはじめたのが約3か月前。
植物オンリーでほぼ毎日1枚ずつポストしてちょうど100枚になったので、その中から
反響の大きかったものを、何枚かこちらに掲載してみます。
なんだ、インスタのマル再かい、と思われたらその通りなんだけど、再録して並べると見えてくることも。

半分くらいはスマホで撮って出し、残り半分はデジタル一眼で撮影したものですが、
このサイズで正方形に切り出すと、案外違いがわからなかったりします。スマホのカメラは
色彩がきつめに出るので、一眼撮影分は、アプリ上で色の修正を多少行うことでトーンを揃えています。
過去100ポストのうち、もっとも好評だったのがこの一枚です。




resize2491.jpg
         Conophytum lithopsoides ''kennedyii'' SB631 ♡×1550




最も多くの人が♡マーク(いいね!のしるし)をつけてくれた写真は、開花中のコノフィツムでした。
♡1500というのが絶対値で多いか少ないかは別として、私の投稿では一番好評でした(2016.12/2現在)。
特別な珍種でもないし、巨大群生でもない。ただ、写真が伝える空気感、秋のひやり乾いた空気のなかで咲く、
スマートな花と、鮮やかな緑の肌の対比が、そのとき見た人の肌感覚とマッチしたのかも知れません。
マニアックな人だけが触れる場ではないので、開花中のメセンの写真はどれも好感度が高いようです。
そして、どちらかというと不人気傾向のサボテンのなかで、全体の2位になったのがこれです。




resize2490.jpg
          Discocactus horstii  HU 360  ♡×1027




夜咲の球形サボテンが一斉に開花している、というのがインパクトがあったのか、夜投稿したのがよかったのか、
わりと大勢の人が気に入ってくれた模様。こうした一斉開花は、ディスコカクタスに限らず、たくさんのサボテンを
育てているとしばしば経験することで、自然の妙を感じますね。ともあれ、サボテンはぜんたいにあまり人気がない。
とくに難物サボテンなどは、写真1枚でストーリーを伝えるのは難しいので、なかなか認知してもらえそうもない。




resize2506.jpg
          Eriospermum namaquanum  ♡×781




このあと3番目もメセンで、ランキングがメセンばかりになるので飛ばして4番目の謎球根、エリオスペルマム。
この属のアイコンともいえる付属器がない、平凡な葉っぱなのですが、フォルムと色合いが綺麗なのが好まれたよう。
地味なのでスルーされると思ったので意外でした。




resize2505.jpg
           Lithops terricolor C345A 'Speckled Gold'  ♡×737
resize2504.jpg
           Conophytum burgeri SH 409  ♡×709            




リト、コノ、とメセンがつづきます。ブルゲリは世界中のだれがみても奇妙でかわいらしい植物なんでしょうね。
タイとか中東とか海外からのコメントもたくさんつきました。純熱帯圏で冬型多肉を育てるのは大変だろうな、と。
インスタのユーザーは平均年齢が若いせいか、サボテンより多肉、なかでもエケベリアが圧倒的人気です。
いわゆる多肉ガーデニングっぽい世界。私はその範囲はカバーできていないので、投稿素材がありませんが。
メセンもまずまずの人気のようですが、特にコノフィツムなどは日本よりも韓国などに熱心な投稿者がいますね。




resize2501.jpg
           Agave victoriae-reginae variegata  ♡×625
resize2500.jpg
           Albuca namaquensis  ♡×583               




アガベ笹の雪に、クルクル葉のアルブカ。どちらもわりと普及している植物ですが、色鮮やかだったり、
形がユニークなものは好まれる。どちらもスマホで撮影したものですが、クルクルリーフになかなか
フォーカスがあわなくて苦労しました。そもそもフォーカスリングがついてないからね。
インスタの世界ではアガベやソテツ、ディッキアなどにも熱烈なファン層が存在します。
チランジア人気には驚きませんが、ディッキアが熱いのにはビックリ。私はマイナーだった頃から好きなので、
ちょっと嬉しかった。一方で、テレビに出るほど有名になったハオルチアは、その人気ほどには盛り上がって
いないように思えます。植物の値段も、ファンの年齢層も高いせいでしょうか。
そして、インスタ的ボタニカルライフの極みが、コーデックスです。




resize2498.jpg
          Othonna herrei (grown from seed) ♡×544
resize2494.jpg
     Pachypodium densiflorum 'crisped flower form' (grown from seed)  ♡×454




数多くのユーザーが様々な写真をポストしていて、そこには住宅やインテリア、車や食事、アート、ときには
休暇のリゾートでの過ごし方まで、生活風景の断片が写しこまれていたりします。洗練された暮らしの一角を、
エキゾチックな塊茎植物が彩る。そういうライフスタイルを共有する同世代が集っている空間、という感じです。
私の場合、部屋に植物を飾ることもありますが、なにしろ数が多くなってしまったので、大半はビニールハウスに
ビールケース並べてべニア板敷いて・・・てな状況で栽培しているため、インスタ的文脈では「農家さん」という
カテゴリーに入るようです。実際にそう呼ばれることもあり、種から育てるが信条なのでじつに光栄ですが、
ほんとうの農家さんの仕事っぷりも知ってたりするだけに、大変に恐れ多い。
いや、ほんと、都会的な、ただの趣味園芸家です(断言)。コーデックスの写真、殆ど畑で撮ってますけどね^^;。

最後にもう一枚。




resize2492.jpg
     Sclerocactus spinosior ssp.blainei  RP136 ♡×308 大健闘!




で、私のインスタグラム(instagram)は、↓こちらです。ぜひフォローしてみてください。

 
            shabomaniac_2016


パソコンでも見るだけなら見られるし、好きな種類の植物だけを選んで閲覧することも出来ますが、
おすすめしたいのは、いま世界で、どんな人たちがどんな風に植物たちと向きあっているのか、
暮らしのなかで楽しんでいるのか。スマホ片手に朝、昼、晩、休日、それぞれの人と植物の表情。
季節の移ろい・・・眺めているだけでも楽しいですよ。














テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

インスタ上位の写真はなんだか可愛らしい雰囲気のショットが占めているように思います。現代の風潮なのでしょうかね。
奇怪なコーデックスは最近多肉専門の店などに行くと目の色を輝かせて手に持ったり、ギラギラとした目つきで物色している20〜40代の男性らが沢山います。これはここ最近、ファッション誌やカルチャー誌などで特集されてきたからでしょうか。
わたくしが今ほど多肉に対し知識がなかった頃は、ある時期になると色鮮やかな花をつける多肉たちに一番驚きました。もうこれは衝撃でした。奇怪な形をしたそのものより、その花に驚いたのを覚えています。
それはサボテンでも、メセンも、チランジアでもそうです。花なんか咲かさないものと思っていたものが実に鮮やかな花をつける…。
奇怪な形態に一見似合わない可憐な花を。
だから、花をつけた多肉の画像が上位を占めている理由もわかる気が致します。
ディッキアもここ最近若い男性に人気ですね。スタイリッシュだからでしょうか。
エケはやはり女性に人気かなぁ。専門書もこの数年ですごく増えましたね。どれもインテリア志向の強い女性をターゲットとした寄せ植えの楽しみ方的な本ですが。
インスタを覗いてる人々の傾向からして、サボテンは全体を撮るよりも、花なら花、棘なら棘と部分、もしくは群生風景で撮ると「♡マーク」が増えるように思います。
一個の印象としては露骨で無骨に見えることが多いサボテン。見る人から見ると卑猥にも映るサボテンならではのアプローチの仕方があるように思います。
サボテンはやはり性的かつ幻想的な存在なのですよ(あくまでも私見ですが)。
私的にはコピアポア弧竜丸とかが現地チリで同じ方向を向いて群生している非常にミステリアスで奇怪な風景の画像が卑猥でもあり不思議な感覚を抱かせて、アノ異次元的なイメージにヤラレた口です。

No title

私もPinterestをやってはいます。でも思うんです。参加してる彼ら、やっぱり流行りでやってるなって。釣りや熱帯魚や・・過去に流行った時期ってありました。まあ、私はその前からやってた訳で別に世間で流行るのがどうってのは無かったんですが・・彼ら彼女らは一時的にここにいるだけって思って良いと思います。自分が思う事が最優先。あまり惑わされずに最高の情報をお願いできれば・・・と思ってます。

No title

管理人様
私はちょっと前に人に疲れてしまい
カウンセリングを受けたら多肉植物の栽培を勧められました
なんでも成長が遅く結果が出るのに時間がかかるかららしいのです

そこで質問なのですが管理人様は長年多肉植物の栽培をしていくなかで
救われてると感じたり、他人とのストレスが癒されてると思ったことはありますか?

No title

>肉盆魚さん
インスタには誰がみても綺麗とか面白いと思えるものを、と思っています。最初からマニアな人はあまりいないので、植物の世界の入口になえばいいかなと。でも、それぞれ好きな植物には傾向があるようで、私みたいに無節操になんでもかんでも育てたくなる変人は少数派みたいですね^^;。

>TK-Oneさん
私が植物栽培を始めたころ若い世代は周りに自分くらいしかいない状態が長かったので、いま、若者が集まって多肉談義する時代は羨ましいなーと思います。なかには一生の趣味にする人も出てくるだろうし、早くはじめるほど深く楽しめる趣味なので、種まきを推奨しまくってます。

>みはさん
いまの世の中は人との関わりが濃すぎる時代なんだと思います。近現代以前のヒトは、食べられる植物や危険な生きものともっぱら向き合いながら山野を歩いて生きていたはず。なので、人じゃないもの、例えば植物と向き合うみたいな時間は不可欠ですね。

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる