れぶっちゃ!その2

    
ギラギラ、猛暑の日々が続いていますね。
そこで、去年に続き、輝くような夏の花サボテンです。実は真夏というより初夏の花なんだけどそこは置いといて。
野草のような風情がかわいらしいですが、これが日本の野原に咲いているところを想像してみてください。
かなり派手で目立つでしょう。北岳の尾根筋とかに生えてたら面白いのなあ。
暑さで頭がやられて、まともな思考が出来ないようなので、あとは花に語ってもらいます。




resize2092.jpg

resize2094.jpg

resize2098.jpg
                 Rebutia pygmaea 'gavazzi' WR825 Cachacona Bol.




レブチア・ピグマエア・ガヴァジィ(Rebutia pygmaea 'gavazzi' WR825 Cachacona Bol.)。
不思議な色合いの赤花です。色の乗りがふんわりとしていて、そこはかとなく甘い。
レブチアのなかでも、ピグマエアの仲間は実にいろいろなタイプがあり、どれも花色が独特で、
これだけでコレクションが出来るくらいです。この仲間はいくじのない芋虫みたいに、にょろっと
育つものが多いんですが、このタイプは球体も小さく寸づまって、群生していく感じです。




resize2141.jpg

resize2149.jpg

resize2143.jpg
                 Rebutia senilis ssp.lilacino-rosea DH398 Medina Arg.




レブチア・セニリス・リラキノ-ロゼア(Rebutia senilis ssp.lilacino-rosea DH398 Medina Arg.)
つづいては、めずらしい花色のレブチアです。基本種は翁宝丸という和名があって、古くから栽培されていますが、
いかにもレブチアという感じのオレンジ花。対してこのタイプは、その名のとおり、ライラックピンク。
球体が見えないほど密生した白い刺に、この色が映えます。マミの月宮殿なんかに通じる上品な美しさです。




resize2133.jpg

resize2130.jpg

resize2122.jpg
                 Rebutia heliosa ssp.cajasensis RH243 Tarija Bol.



レブチア・ヘリオーサ・カジャセンシス(Rebutia heliosa ssp.cajasensis RH243 Tarija Bol.)
へリオーサは、この属のなかでは、最近もっとも人気がある種ではないでしょうか。みっしり密生した痛くない刺と、
花首のながい朱色の花。きれいに群生するし、花がないときも美しいので、持っている人も多いと思います。
カジャセンシスは基本種にくらべると刺がやや少なく、丈が低く育つタイプのようです。花の美しさは文句なし。
サボテンに興味がない人でも、咲いていればかならず目をとめます。レブチアの王様ですね。




resize2128.jpg




レブチアの種は、海外業者で1袋100円くらいで買えます。よく生えてよく育つので、1袋でじゅうぶん。
ぜひ、どんな花色か妄想しながら、蒔いてみてください。
うまくいけば、2年で咲きますよ。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

こういう花が見たくて去年の秋に7~8種類蒔いたんですがこの所の暑さで半分以上昇天させてしまいました。もうわが家の環境でも行けるサイズだと思ったんですけどね。また種からやり直しです。

No title

管理人様は物書きのセンスがあると思います
それにこのブログを見ていると雑種じゃ満足できずに
駄物だ普及品だと言われる多肉の純系を育てたくなってしまいます
どうすればこの病は治るのでしょうか?

No title

>TK-Oneさん
rebutiaは丈夫な植物ですが、小さいので直射光や甚だしい感想には弱いところがあります。検索すると自生地で岩の隙間にコケと一緒に生えてるような写真がいっぱい出てきますね。成長が早いので、種から3年で咲いてくれるので、是非もういちど・・・。
>ビスピノーサムさん
駄文に過分なお褒めを頂戴して恐縮です。サボテンも多肉も、むかしから馴染み深い種類が野生に生えている姿には格別の感慨があります。そもそも植物には駄ものも高級品もありませんからね。気に入ればなんでも最高の植物です。

No title

Shabomaniac!さん、こんにちは。

Rebutia! Part2 というあたり、さすが!
さかのぼってPart1も読み返しちゃいました。

こういう小型サボ、新規の若いマニアにもっと人気が出てもよさそうですが。
どうも需要と供給が噛み合ってないようで、情報と現物不足なのが問題かと愚考する次第。

私のまわりの業者さんは、いわゆる一部の「売れ筋」をかき集めて転売するか、
どこからか降ってくる「天の声」を頼りに、「珍品・新種」を扱うのに熱心で、
利幅の少ない細かい種類には冷淡です。
なので、供給側のセミプロ達も売れないものは作らない(播かない)体制が出来てしまいました。

あと、なぜだか「横文字アレルギー患者」の確率が異様に高く、
多肉はそれほどでもありませんが、サボには漢字の名前がついてないと
ダメみたい。
ついこないだもフライレアの話をしたら、
「士童、天恵丸」以外興味ないそうで悲しく思いました。

この仲間、レブチア同様タイプ違いが沢山あるうえ、
刺も痛くないし、種まきも簡単だし、場所も取らないし・・・
なので、サボコレ(注:サボテンコレクション)入門者にはうってつけなのに。

もし気が向いたらで結構ですから、そのうちフライレア特集もお願いできたら嬉しいです。
勝手なことばかり書いてスミマセン(^_^;)






No title

Shabomaniac!さん、こんにちは。
お久しぶりです。
さすが綺麗に咲いていますね。
レブチアが好きでたくさん実生していましたが我が家はどうもダニが付きやすいようです。
気がつかぬうちに真っ赤っかになってしまいます。
スルコは順調に育つのですがピグマエアやエインステイニはどうもうまく育ちません。
あまり遮光しないのが原因でしょうか。
ラウスキーが一年の間に緑や紫に何回も色が変わるのもそのせいでしょうか。
スルコはレブチアに統合との事ですが根の感じが全く違いますよね。
植え替えの時ゴボウの様な太く長い根を切るべきか悩みます。
レブチアは場所取らず花が綺麗で最高です。

No title

>遍路さん
お久しぶりです!レブチアは咲いてなんぼですが、花時は文句なしですね。うちでも、無遮光栽培ですが、ハウスが元田んぼで多湿なので、ダニは発生しないようです。ただ、春先貝殻虫がつくことがあります。いずれ肉質柔らかく表皮が薄いので、虫には弱いですね。ただ、成長も早いので復活も早いですが。仰る通り、スルコとは肉質も肌の感じも違います。また、旧アイロステラ(瑠璃鳥など)と旧メディオロビビア(ピグマエアなど)もけっこう違いますね。また、ラウスキーはうちでも光線で肌色が結構かわります。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる