新刺コレクション。

     
この週末も関東は天候に恵まれました。
温室の大物コーデックスを幾鉢か、十年ぶりくらいに植えかえたら、腰が痛くなってしまった。
難物サボテンたちには、ことし2度目の水やり。これ今季の水やりはおしまい。運が良ければ秋にもう一回。
辛すぎるようですが、春先の一度の灌水だけで元気な株は新刺を伸ばして春を謳歌しています。




resize1942.jpg
                      Sclerocactus whipplei SB472
resize1938.jpg
                      Sclerocactus polyancistrus SB1773
resize1953.jpg
                      S.spinosior ssp.blainei 'Schleseri' SB1015




この季節のスクレロはほんとうに綺麗。
短い期間に急速に成長するので、鮮やかな色の刺が束になって出てきます。
ふだんは渋い味わいの白虹(Sclerocactus whipplei SB472)も、ごらんのとおり。
白紅山(Sclerocactus polyancistrus SB1773)は紅白のカギ刺がからみあって禍々しいほどの美しさ。
黒白の長い刺が乱舞する黒虹山ブライネイ(S.spinosior ssp.blainei'Schleseri' SB1015)も、
新刺の色合いが加わっていっそう鮮やかに見えます。
この季節は、痛んだ株が倒れる時期でもあります。秋から冬にかけて根が致命的に傷んだ株は
春の灌水で膨らむと同時に、腐りも進行して歪んだり変色したりしてダメになる。
きょうは泣く泣く5、6鉢を片づけました。




resize1966.jpg
                     Echinocactus polycephalus Las Vegas NV
resize1962.jpg

resize1968.jpg
                E.xeranthemoides ''from golden spine plants MarbleCanyon AZ              




大竜冠(Echinocactus polycephalus Las Vegas NV)も、ごつい新刺を伸ばしています。
毎年こうして刺座が増えているはずなのに、大きくならぬ。いちばん古い実生が二十年でげんこつサイズ。
これでも5~6年くらい経っているんじゃないかと思います。でもことしは調子が良さそう。
竜女冠(E.xeranthemoides MarbleCanyon)の実生は、山で黄色い刺の個体から種を得たものです。
山では純黄色の個体は1割くらいですが、実生苗の黄刺出現率は3割程度でした。
ちなみに赤刺個体の実生からは1割くらいしか黄色い刺は出ません。大竜冠よりずっと育てやすい植物ですが、
それでも待ちきれず実生接ぎしてブーストかけたのが、下の写真の株です。新刺も混じり気のない純黄色で美しい。




resize1961.jpg
                         Ferocactus johnstonianus
resize1959.jpg
                        Ferocactus lindsayi SB 535
resize1955.jpg
                        Echinomastus acunensis CR137
resize1972.jpg
                         Echinomastus johnsonii KY9802 Mohave co.AZ
resize1951.jpg
                         E.johnsonii lutescens Meadview




つづいては黄刺つながりで、フェロ・ジョンストン玉(Ferocactus johnstonianus)の新刺。
チェコ人が島で採ってきた種の実生で、2本だけ生えたもの。この種も黄刺といいつつ赤が混じるものが多く、
純粋な黄刺は珍しいようです。この株も微妙に赤が混じっているけれど、それはそれで綺麗ですね。
同じフェロでいちばん渋い味わいのリンゼイ(Ferocactus lindsayi SB 535)は新刺もたまらなく渋い。
エキノマスタス・アキュネンシス(Echinomastus acunensis CR137)もドバっと刺が出てきます。
近縁種の紅簾玉(E.erectocentrus)はとてもご機嫌がとりにくい木ですが、こちらは気のいいサボテン。
この英冠(Echinomastus johnsonii KY9802 Mohave co.AZ)は実生5年くらいの若苗で刺の紅いタイプです。
黄花英冠(E.johnsonii lutescens Meadview)はこうしてみると前二者の中間的な植物のように見えますね。




resize1971.jpg
                     Sclerocactus glaucus ' wetlandicus' SB1873 Duchesne Co,UT




最後の一枚は、ウェットランディクス(Sclerocactus glaucus ' wetlandicus' SB1873 Duchesne Co,UT)の古木。
いまは、メサガーデンのリストでもグラウカスに統一されましたが、ユタ州の離れた場所に分布しています。
実生同期の大半は丈が伸びて形崩れしてしまったのに、この個体はうまい具合に下部が収縮して姿を保っています。
グラウカスの仲間の新刺は、スクレロのなかでいちばん控えめ。ほんのり紅に色づく感じがなんとも言えない。

さて、この美しい季節は、駆け足で過ぎてしまいます。あとは梅雨をスキップして暑い夏になればいいのに。











テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは

大球の植え替えは大変ですよね。無理は出来ません。
私の兄は、金鯱に苦労しております。折角ここまで大きく
したから、花を見るまでは頑張ると言っておりますが。

難物さんの水遣りが年三回。これは参考になりました。
肝に銘じておきます。確かに、輸入球の英冠も月華玉も
春先の一度の水遣りで球体が膨らんで新刺を伸ばしま
した。早めに休眠状態になるので、今年は水を辛くして
みます。鉢を長く乾かすとネジラミが発生し易いとの話
を聴きますが、殺虫剤を鉢底から浸すか、思案中です。
参考になることが御座いましたらご教示お願いします。

大龍冠の実生球が元気に育っていますね。このサイズ
になると、順調に育ちますか。私の所の小苗1~2センチ
球は植え替えると拗れるのが出てきます。植え替えの
タイミングや根を弄らない方が良いとか、何か原因が
ありそうですね。

グランドキャニオンの頂上で白~黄色刺の竜女冠を多数
見ました。偶然に。お土産種子を撒いたら、拳骨程度の
大きさになりました。こちらは生長旺盛で、仰る通り作り
易いですね。

流石です。難物さんたちの生長のようすを楽しく拝見させ
て頂き有難う御座いました。  Doremifa



No title

shabomaniacさんにぜひやってもらいたいのがかつての国内でのサボテン界の
動向の記録です
昔は花が持て囃されたとか南米サボテンの現地株が
輸入されまくってた時期があったとかの昔話が知りたくて知りたくて
しょうがありません!
もうこれだけで特設ページを作ってもらいたいほどです
shaboamaniacさんの様な歴戦の猛者の人々は生き証人だと思います

Shining

Shabomaniac!さん、こんばんは。
 何度経験してもこの季節の成長している彼らを見ている時間
というのは、格別なものですね。
拝見させて頂いたCactus、みごとに輝いていますね。
ごく一部なのでしょうけどハウスの中は、そんな輝きに満ちて
いるのではないでしょうか。

私の所ではアメリカ西部山岳地帯産のPediocacus や Sclerocactus
が眠りを覚まして成長してくれるのか、毎年ハラハラしています。
そんなCactusも動きがほぼ止まり、静寂へといった感じです。

No title

難物達の素晴らしい新刺、何度見ても飽きないです。
ありがとうございました。

より栽培を工夫して、楽しみたいと思います。

No title

>Doremifaさん
大きい株は、どうしても「来年にするか」と植え替えを先送りしがちです^^;。多肉はまだしも、サボテンはトゲの養生も大変なのでなおさら。うちにも植え替えてくれ!と声をあげている金鯱や柱サボテンが何本も。
水が辛いとネジラミ、これは確かにありますね。冬の断水前に、アクテリックなどを灌水して予防しています。竜女冠は、やっぱり育てやすいですか。大竜冠ほど灼熱の岩山ではなく、涼しい高所に生えているからでしょうか。高山性=難物は必ずしも正確ではなく、たとえばスクレロでも最も低標高で酷暑に生える白紅山がいちばん難しいです。

>やってもらいたいのがかつての国内でのサボテン界の動向の記録です

キャリアは長いですが、子ども時代からなので、輸入球全盛の時代は見てるだけでした。にしても、同じ種類を絶滅するまで採りつくす日本人、みたいに言われている時代でもありました。野生的な山とり株はたしかに魅力的でしたが、ずらっと牡丹が並んだ日本の著名マニアの温室が「盗掘サボテンの群像」として海外の本に出ていたりして。いろいろ意見はあるでしょうが、ワシントン条約が出来て、種から育てる時代になったのは良かったと思います。ただ、昔はもっと色々な種類を育てている人がいた気がします。いまは趣味家の栽培場や品評会も同じ種類ばかりになってきましたね。

>Yuccaさん
この季節はほんと一瞬ですよね。美しい新刺をいつまでも見ていたくて、ついついあと1回だけ、なんて水やりをして、ダメにしてしまいます。今年は水やりのスタートが遅くて、まずいなーと思っていましたが、5月が日射時間長くて助かりました。気温が上昇してきたので、小型ペディオははやくも潜りこみはじめています。

>masutusさん
きれいに育っているものを撮影してアップしていますが、あれ?動かないぞ・・・という難物サボも多数。この季節まで来ると、ダメなものはハッキリしてくるので、泣く泣く処分しています。先週、種まきもしたのですが、ぼつぼつ生えてきています。

No title

弧竜丸についての返答およびアドバイスありがとうございます。
なるほど、気を長くして見守るしかないですね。
カルスの形成は乾燥を保ちながら待つしかないのですか?
このまま鉢植えしてて良いでしょうか?それとも土の上に寝転がしておくのが発根し易いでしょうか?(エケベリアとかよくそうやって発根させてから鉢植えするので)
また、メデールなどの液体発根剤ではなく、ジャガイモなんかの発根などに使う草木灰などを塗布して効果はあるのでしょうか?
貴重な野生株なので是非とも根付いて欲しいものです。

No title

> 肉盆魚さん
サボテンに関しては、乾いた状態でカルスの形成を待つのがふつうです。水にぬらしたらダメなのか、わからないですが、リスクはあると思います。ルートンなどの発根剤は一定の効果があると思いますが、草木灰などは腐敗防止などに留まると思います。経験則では、高温の環境が発根を促進するようです。ただし日焼けにはご注意を。未発根苗であれば、50%程度の遮光が不可欠です。

No title

追伸。
暗い場所にある方が発根しやすいと感じます。なので、空鉢に乗せておくとか、かわいた土に下半分埋めておくなどした方が良いかと思います。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる