Diablo mountain

              
かつて一度だけ訪ねたことがある、そしてきっと再び訪れることはないだろう、テキサスの山です。
ディアブロ山といえば、カリフォルニア・サンフランシスコの近くにあるものが有名ですが、
こちらは、テキサスの南部の、グーグル地図で検索しても出てこないような、マイナーな場所。
その名が示すような悪魔的な雰囲気はあまり感じませんでしたが、ちょっとドキドキする体験をしました。




resize1840.jpg
                       'Diablo mountain' area Hudspeth County Texas



このときはビッグベンド公園に行って亀甲牡丹の花を見るための旅で、エルパソからハイウェイ10号線を
南に下っている途中でした。ちょうどお昼どきだったので、どこかランチをするのにいい場所はないかと思って、
適当なEXITからダートに入ったのでした。当時のノートには、ヴァン・ホーン(Van horn)の10マイルほど
手前のEXIT129を降りて、S Garren Rd というダートロードに入ったと書いてあります。
この道は、ディアブロ山(Diablo mountain)につづく、ともあります。数マイル走り、平地を抜けて丘が
連なるあたり、山の斜面に輝くものを見つけて、車を停めました。
ディアブロ山、と呼ばれるのが重なり合う山々のどれなのかは、よくわかりませんが、このあたりは
その山塊ということなんでしょう。




resize1841.jpg

resize1842.jpg
                       Echinocereus stramineus 'gold spine'



走っている車からも目を惹いたのは、エキノケレウス・荒武者(Echinocereus stramineus)でした。
黄金色の刺が強い陽射しにキラキラ輝いて本当に美しい。しかし、こうしたサボテンの美しさは、
栽培場ではなかなか再現しにくいものです。刺の鮮やかさと輝きは、国内の多湿な環境では
なかなか維持できない。荒武者は紫ピンクの艶やかな大輪の花を咲かせるのですが、
これも気まぐれで年によって咲いたり咲かなかったり。なので、栽培する人は多くありません。
もしどこかのハウスで、このサボテンの立派な標本株を見かけたら、持ち主は既に道を究めた
愛好家に違いないでしょう。
さて、この山のコロニーは、個体によって刺の強さや色合いに違いがあるものの、どれも金色の
美しい刺で、素晴らしい個性を持っているようでした。季節柄、果実がみのっていなかったので、
種を得られなかったのが残念。背景にうつっているアガベはレチュギラ(Agave lechuguilla)か。
これも育てる人、いませんね。




resize1848.jpg

resize1846.jpg
                       Echinocactus horizonthalonius



もともと、ランチをするために入り込んだダートだったので、大きな期待をしていなかったのですが、
この山には実に美しい太平丸(Echinocactus horizonthalonius)のコロニーがありました。
アメリカ南西部~メキシコの広い範囲に分布する太平には、刺のタイプや肌色など実にさまざまな顔があり、
それがコレクションの対象にもなっています。
なかで、アメリカ合衆国産の太平丸は、一般に稜が高く、刺は荒れ気味で端整さに欠ける向きがあります。
人気がある、花王丸とか、尖紅丸、翆平丸、雷帝など、みなもっと南のメキシコ産の太平丸です。
アメリカに生える太平では、唯一、アリゾナに隔離分布するニコリー(ssp.nicholii)が有名ですが、
ほかは愛好家に広く知られる“名品”はありません。ですが、細かく見ていくと、実は魅力的なコロニーが
いくつかあるのです。
この「ディアブロ太平」もそのひとつでしょう。この山では4、5本しか見ることが出来ませんでしたが、
共通する個性は、球体は比較的小ぶりで扁平、全体に丸みがあります。刺は太いものは割り箸ほどもある
平刺で、ギムノの天平丸のように、曲線を描いて球体に沿っています。そして肌色は濁りのないブルー。
ひと目みて、恋に落ちました。よほどのぼせていたのか、写真が数枚しか残っていません。
見る事に集中して撮るのを忘れたんですかね。
アメリカの太平丸としては、ニューメキシコ州のガーフィールド(Garfield)という町の近くで、猛烈な刺の
コロニーに出会いましたが、こちらはもっと繊細な美しさで記憶に焼きついています。




resize1847.jpg

resize1843.jpg

resize1851_20160226223231b0d.jpg




さて、太平にみとれ、ぼーっとランチをしていると、山の向こうからガタゴトと砂塵をあげて、古いピックアップが
近づいてきました。車は、われわれがランチをしている目のまえで停車して、なかから太い腕に白い剛毛を
密生させたおっさんが姿を現しました。心なしか、目つきが険しい。
彼が言うには、ここは俺のランチであって(お昼のランチではなくて牧場)、おまえの車が勝手に入ってきていい
正当な理由がない。食事が終わったら、すぐに出ていけ。テキサス南部という土地柄からして、おそらくこの
ピックアップにはショットガンかライフルか、積んであったに違いありません。食事時間の猶予をくれたのも、
当時3歳の息子がまったく悪意のない笑顔で彼を見上げてたからでしょう。
確かにテキサスあたりのダートは大半が私道だったりします。入口にゲートがなかった(または開いてた)ので、
そのまま入ってしまいましたが、ここは彼の家の庭みたいなものなんでしょう。というわけで、この素晴らしい
太平丸にこの山で会うことは、もうないのかな。






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

悪魔の山ですか、タイトルに吃驚してしまいました。
自分では訪れる事が出来ないので専ら人様の写真などで楽しませて頂いています。
大変貴重な資料をアップして頂き有難うございます。
名前からしてもとはメキシコ領だったのでしょうか、アメリカ合衆国にはスペイン語の地名がたくさん残っていますね。
強烈な日差しの下でこんなにも美しい姿を見せてくれる植物に乾杯!!
今夜はバーボンのオンザロックを舐めながら楽しませて頂きました。

No title

南部ですねぇ…うっすら後から怖くなるエピソードですね。土地主のおっさん、ライフルのスコープで一日中見張ってたりして…(震

No title

Shabomaniac!さん 今晩は

こういう写真を拝見すると、自生地への思いが募り熱く
なりますねぇ。
荒武者の金色の輝き、素晴らしいです。

以前、リーキャニオンの大龍冠の山を訪ねたときに、
丁度、engelnanniiの群生球がピンクの大輪花を咲か
せていて、岩山と青空によく映えて美しかったです。
自生地で眺めるサボテンは一番ですね。

輸入球の「山嵐」を栽培しておりますが、仰る通りです。
先細りに刺おち、何とか毎年、1~2輪花は咲かせて
くれますが、上手く作れません。

ディタブロ太平丸、肌色よし、刺よしですね。
以前に、アメリカとメキシコ国境付近でニコリーを見まし
た。円柱状の大きな株でしたよ。白味がかったグリーン
の肌色が赤茶色の瓦礫の中で印象的でした。
この山も私有地で、早々と退散しましたよ。(笑)

アメリカの自生地を訪ねてみたくなりました。
ありがとうございました。   Doremifa

No title

サボテンのみならず、外国産の動植物の現地での生態を知るには、やはり現地に赴くのが一番ですね。
繁殖されて、お行儀良く鉢に入れられ売られているものと違いますからね。
また、どんな気候か、どんな土壌か、どんな動植物と一緒に居るのか知るためにも、実際に現地を観るのは大変有意義なことですね。
件の地主はきっと今回の選挙にはトランプ氏を推していることでしょう。
記事の地とは違いますが、メキシコ国境付近には不法滞在目的のメキシコ人から職を奪われたアメリカ人が銃片手に犬を連れて不法侵入者に目を光らせてるらしいし、低賃金で重労働を喜んで行なう移民たちを目の敵にしてます。
「侵入者は皆敵」の意識をトランプが煽り、低所得者らや移民に職を奪われた者、今まで選挙すら行かなかった人々ら、テロや麻薬、その他犯罪の犠牲者遺族などの気持ちを代弁してますよね。
排他的な国家のローカルエリアをサボテン拝みに旅するのは時に非常にリスキーですね。
でも、行きたいなぁ。

No title

サボテンや塊根をたくましく育てるにはどうすればいいですか?
扇風機は当ててはいけないのですか?

Private property

Shabomaniac!さん、こんばんは。
アメリカを旅する時にLunchを青空の下で食べるのは、私の家族も
ひとつの楽しみとなっています。いろいろな所にベンチとテーブル
がありとても助かっています。日本にいるとなかなかそんな機会が
ありませんから。
しかし、誰かのRanchだったというのは怖いですね。なにもなくて
良かったと思います。
しかし、そのようなプライベートな所に素晴らしいCactusが
あったりしてなんてよく思っていますが、いかがでしょうか?
軍のプロパティとか、先住民のプロパティとか入れないところ
たくさんありますよね。

No title

>cooパパさん
アメリカ、メキシコ、それに南米にも同じようなスペイン系の地名がたくさんありますね。この山のあたりでは過去には先住民と入植者の戦闘があったようです。この旅に行ったのはかれこれ10年くらい前。私自身も昔の写真をこうして引っ張り出して楽しんでいます。

>バンブーさん
自生地めぐりでは結構ドキドキする体験をします。私有地に入るときは、トイレットペーパーを持って行け、と、米国の友人に習いました。ライフル向けられたら、いや、すみませんトイレで・・・というわけです。ほかにもメキシコ国境沿いでは国境警備隊に怒られたり。そんな場所に限って面白い植物があります。

>Doremifaさん
以前、山嵐の栽培品開花、拝見しました。まさに名人芸ですね。エンゲルマニーも、エビサボのなかでは屈指の美刺種ですがこちらも栽培は難しく、何本か育てていますが、まず咲かない。アメリカの太平では、テキサスのマラソンの南で、テロみたいに稜がこぶ状になるタイプを見たことがあります。種がなかったので、記憶の中にしか残っていませんが。

>肉盆魚さん
たぶん日本人なんか見たことない、牧場主のおやじさんからしたら、ビックリしたんでしょうね。食事が終わったら出ていけ、と言ってくれたので、実は優しい人だと思いますよ。いちばん怖かったのはNM、メキシコ国境で出会った国境警備隊です。いきなりヘリが緊急着陸。何人もに銃を向けられました。麻薬関係者と誤解されたようでした。

>ベンケイソウ×ノリナさん
サボテンも塊茎も、色々な環境に生えているので、種類によって育て方も異なります。サボテンの多くは夏型で、日射と暑さを好みます。なので扇風機は必ずしも必要ないでしょう。一方で、秋~春に育つ多肉植物などは、夏場は遮光して、
扇風機で風を送ったりもします。一般的に、たくましく育てるには強い日射と風通しが大切です。サボテンなど、屋根上で日ざらし雨ざらしで立派に育つものも多いです。パキポなんかも、ハウスだとひょろひょろになりますが、夏場は屋外雨曝しで立派な株に育ちます。

>Yuccaさん
サボテン自生地のまんなかでランチするのは最高ですね。というか、だいたい食事をするような所が近くにないので、否応なくそうなりますが。季節がよければ、夜も野宿が悪くない。立派なキャンプ用品など持っていけないので、平な所で毛布にくるまって寝るか、車中泊。降るような星空に沙漠を染める朝日、忘れがたい光景です。


プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる