「里山越冬隊」

       
首都圏は今夜、厳しい寒気がおりてきて、降雪の可能性もあるそうです。
私の主たる栽培場は、関東南部の山のなかにあるので、東京の町場とくらべると一層厳しく冷え込みます。
たとえば、都内でふつうに露地越冬する木立蘆薈(Aloe arborescens)が、凍結して越冬できません。




resize1713.jpg
                       12月下旬には、ハウス内でも氷点下を記録



暖冬だったこの暮れも、既にハウス内で氷点下を記録しました。メロカクタスや、ディスコカクタスは
毎年犠牲が出ます。多肉塊茎類などは加温した小ルームをハウス内につくってなんとか越冬させている状況。

そんな寒い土地柄にもかかわらず、サボテンや多肉植物の露地栽培・屋外越冬を数年前から試みています。
子どもの頃に「シャボテン誌」で読んだ埴沙萠さんの地植え挑戦記が頭に残っていて、自生地みたいな眺めを
日本の野山に作ってみたいというのがひとつ。もうひとつは、直射日光を一切遮らない露地栽培には、
その種本来の野生的な姿を再現する特性があること。実際に野生株のような風格を実現している人もいます。
でもまあ、現実はなかなか難しい。無茶な思いつきで凍える露地に放り出された植物は実に気の毒です。
鉢植えではなく地植え、というところにさらなる難しさがあります。使っている畑は粘土質なので水はけが悪い。
ネギ類が培地不適で腐ってしまうくらい。梅雨どきには幾日もぬかるんで沼のようになることもあります。
土湿が高く、厳冬期には毎朝霜がおりて一面が真っ白になる。そんな場所で、どんなサボテン・多肉植物なら
屋外越冬が可能なのでしょうか。




resize1718.jpg
                       ネットで囲ってあるのは、防寒ではなくて、獣害対策



このネットの内側が実験場です。なぜ囲ってあるかというと、イノシシが大挙してやってきて、踏み荒らしたり
掘り返したりするからです。ほかにウサギもやってきて、葉っぱを齧ります。
ネットがあっても、被害にあうこともありますが、多少は防げる。・・・こともある。
で、この冬、厳しい寒さに立ち向かうのは・・・




resize1720.jpg
                         ①サボテン・鬼面角(Cereus peruvianus??
resize1738.jpg
                         ②ユッカ・エラータ(Yucca elata
resize1724.jpg
                         ③グラスツリー(Xanthorrhoea sp.
resize1723.jpg
                         ④プヤ・ミラビリス(Puya mirabilis) 
resize1735.jpg
                         ⑤マクロザミア・リーデリ(Macrozamia riedlei
resize1739.jpg
                         ⑥アガベ・コロラータ(Agave colorata




6種類のサボテンと多肉植物。上の写真は、去年の12月に撮影したものです。
一年間元気に育って、生き生きしていますが、このあと待ち受けているのは、里山の地獄の寒さ。

①サボテン・鬼面角(Cereus peruvianus??)
②ユッカ・エラータ(Yucca elata)
③グラスツリー(Xanthorrhoea sp.)
④プヤ・ミラビリス(Puya mirabilis)
⑤マクロザミア・リーデリ(Macrozamia riedlei)
⑥アガベ・コロラータ(Agave colorata)

①の鬼面角は、日本各地で露地栽培されている種類で、これも実際に東京・町田市で数メートルに育っていて
越冬の実績あるクローンからカキ子してきたもの。
②のユッカは、ニューメキシコで種を採取して育てたもので、自生地はおそらく最低温度氷点下10度以下になる。
ただし、乾燥地なので降霜や地面の凍結はめったにないでしょう。
③札落ちさせてしまったグラスツリーは、頂いた種を実生したもの。自生地不詳ですが、同じく氷点下の冷え込みに
耐えられると推察。とても成長が遅いのですが、地植えすると勢いがつくようです。
④プヤのなかでは比較的海岸よりに分布するとみられ、これらの中では寒さに弱そう。草勢は旺盛。
⑤豪州産のソテツで、グラスツリーと同じ程度の耐寒性を期待。鉢植えだとぜんぜん育ってくれないので、
地植えの力で大きく育てたいという狙いもあります。
⑥比較的、寒さに強そうなリュウゼツランです。以前、同じ場所でアガベ華厳(Agave americana variegata)が
ダメになったことがあります。はたしてこいつはどうか。

さて、この中でもっとも寒さに弱かったのはどれだと思いますか?




resize1747.jpg

resize1748.jpg
                       去年4月に撮影。鬼面角やプヤには痛々しい凍害の痕跡が



ここ何年かの越冬で、必ず大きなダメージを受けてきたのが、①柱サボテンの鬼面角と④プヤ・ミラビリスでした。
上の写真は去年の春先に撮影したものです。厳冬期を過ごしてダメージを受けているのがわかると思います。

①は冬が来るたび若い枝幹が溶けてしまい、株元の太い幹以外はなくなってその年に成長したすべてを失います。
この写真では腐った若枝を切り落としたために、小さくなっています。これでは花も咲きません。
④はロゼット外側の葉がほとんど茶色く枯れます。しかし、大変成長旺盛なので、この時点で中のほうには緑の
新葉が覗いています。このあと一気に盛り返し、夏前には元通りの姿になります。
余談ですがこの植物はトゲが大変恐ろしいので、野の獣たちも近寄りません。

③グラスツリーと④ユッカは、あまりダメージを受けないようです。寒い時期に雨が降ったり、積雪もある。
厳冬期は成長こそしませんが、枯れ野にあって青々としています。
⑤の豪州ソテツは葉が枯れますが、日本ソテツでも若い苗は葉が枯れるので、そんなものかと思われる。
これはおととし植えて、去年の秋にイノシシに掘り返されました。なので、今年の冬は少しだけ心配です。
⑥冬場、下葉が枯れこみますが、枯れる事はない。さすがはアガベです。ただ、強烈な刺にもかかわらず、
2本植えてあった1本は去年イノシシに食べられてしまいました。美味しいんですかね?




resize1714.jpg




①~⑥のサボテン・多肉植物のなかで最も越冬能力が足りないと思われるのは、サボテンの鬼面角でした。
自然状態では越冬できないということで、今冬、鬼面角にはビニールのプチプチを巻いてみました。
これで若い枝の凍結腐死を防ぐことができるか。
ちなみに、この囲いの外に団扇サボテンのフィカス・インディカ(Opuntia ficus-indica)もありますが、
こちらはなんの問題もなく越冬します。
また、これまでにアロエ・鬼切丸(Aloe marlothii)、サボテン・金盛丸(Echinopsis calochlora)なども
トライしましたが、前者は最初の霜でとろけて終了。後者は梅雨の長雨で溺死してしまいました。

実際、サボテン・多肉の露地栽培では、冬だけが問題なのではなくて、むしろ春から秋の方が大変。
冬は雑草が枯れるので、こちらとしてはすることがない。寒さに耐えるのは植物まかせですからね。
ところが、春以降は、あっというまに背の低いサボテン・多肉は雑草のかげに埋もれてしまいます。
雨の多い地域なのでなおさらなんですが、隔週で念入りな草取りが必要になり、こいつはなかなか手間です。
ゆくゆくは刺ものはじめ、玉型のサボテンも育ててみたいところですが、土湿の問題は解決がむずかしい。
粘土を砂や礫に入れ替えるのは大工事だし、そもそも雨量が多いのはどうしようもない。




resize1726.jpg




埴沙萠さんが、その昔雨除けなしの露天サボテン園を作ったのは、降水が少なく温暖な瀬戸内海の島でした。
でもその後どうなったのか。手を入れ続けなければ雑草雑木に埋もれて疑似沙漠も日本の野山に戻ってしまう。
その後の便りを聞かないけど、たずねたら金鯱とかリュウゼツランくらいは残っているかも知れませんね。
そうだといいなぁ。










テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

はじめまして

はじめまして、肉盆魚と申します。
わたくしは金魚や盆栽などをやっている40代の東京在住者です。
サボテンで検索、管理人さまのホームページにたどり着き、あちこちと拝読させて頂いたあと、このブログ本記事の一個前の年始の挨拶記事を読んでコメントさせて頂きました。
また、本ブログの過去記事にて
「私の栽培場には、元々のホームページにもことわっているとおりで、高価な“銘品”はありません。
愛好会の競りでサボテンに1万円以上出したことはいっぺんもないし、品評会に出品したこともない…
タネも海外からしか買わないし…「透明な存在」です^^;。」
…と、いう管理人さまのコメントを見つけ、なんとなく親近感を得たのも事実です。
わたくしも盆栽や金魚など銘品や一級といわれるものが存在し、品評会や協会の取り組みが盛んな世界において、門外漢のごとく孤独に自分が好きなものだけ育てております。集ってあれやこれや切磋琢磨しながら競い合い進歩してゆく世界も良いのですが、他人に見せるためのもの/評価してもらうためのものより、自分で好きに気に入って育てることに醍醐味があるように思いまして…。(^◇^;)

もともと動植物が好きで、熱帯魚から爬虫類、盆栽、アグラオネマなどを趣味でやっておりますが、本当につい最近から多肉植物の栽培を始めました。
最初は何気なくプレゼント用にエケベリアやセダムの寄せ植えを自ら製作したのがキッカケで、そこから急速に多肉への興味が湧き、ハオルチアやメセンを始め、ユーフォルビアやサボテンに手を出し始めました。
今は特にサボテンが気に入っています。
サボテンは、精巧丸、大疣菊水、白檀、武蔵野、牡丹玉、兜丸、弧竜丸などを栽培中です。
この道40年の大ベテランであられる管理人さまにこのようなコメントや以下の質問などして失礼に値するかもしれませんが、この多肉との出会いを皮切りに彼らと長く付き合うためにもどうかいろいろと相談にのってくださると幸いです。

まだ、サボテンのサの字も知らないほどのペーぺーの素人ですが、サボテン全体を見回して自分に合った/好みの種は上に挙げたような種です。
特に弧竜丸と菊水を気に入っております。
どちらも成長が遅いために型崩れしにくい種であり、渋く、上品さが漂う種です。
これらとは別にタフで、垂れ下がる姿が美しく、花が綺麗(らしい)白檀や、奇異な容姿の武蔵野も好きなのですが、探しているのはテフロカクタス・ゲオメトリクスです。
どちらかというと、針が多くなく、または柔らかいものが好みのようです。

質問なのですが、所有する弧竜丸は直径8cmほどのもので、売られていた時は鉢から出され、根を根元から切り、里芋のような形で置かれておりました。
どのようにこれから育てるのが良いのがいいか訊きたかったのですが、あいにく詳しい(らしい)店長さんが不在で、店員に訊いてそのままサボテン用の用土と共に鉢に腰まで埋めて管理しております。
これでしばらくして発根して生育してゆくのか不安です。
このようなケースで売られていた場合はまずは発根を確認してから埋めるべきなのでしょうか?
それとも、そのまま埋めて自然と発根するものなのでしょうか?
また、この弧竜丸は腰まで埋めているとあまり目立たないのですが、陽を求めてかこれまで傾いたまま生育したのか、やや湾曲して育っております。
つまり、肩口の高さもやや違い、腰から下はアール状に曲がっております。
たとえるなら土から上はアボカドに似、土中はバナナみたく不恰好です。
いろんなサイトを見るにつけ、まっすぐ丸く育つものもあれば、傾いたまま育ったり、水を与え過ぎて徒長したものがありますね。我が家のものだけではないようです。
土の中でどのように育とうと良いのですが、少しでもバランスを保つために土上の見た目を良くし、肩口の高さを合わせるよう斜め気味に埋めている次第です。
また、発達が均等になるかなと思い、低い方の肩口により日光に当たるように鉢を置いております。
成長が遅く、一度成長した形がバランス良い形に整形できるのかわかりませんが、素人ながらやっております。
根腐れしたり、整形するために用いるサボテンの胴切りがもっとも大胆で、効果的なのかもしれませんが、肩口の高さを均等にするほどの位置はかなり高い部分なので不安ですし、弧竜丸が胴切り出来る種なのかわかりません。
まだ一度もやったことない上、今は成長が遅い本種をこのままゆっくりと育て、少しでも綺麗なシルエットにするか考え中です。

このように素人にショボショボの棘が生えたほどのわたくしですが、どうかご助言頂けたら幸いです。
今後ともよろしくお願い致します。m(_ _)m
最後に、管理人さまはファームにて栽培と販売をされてらっしゃるそうで、一般でも訪れることが可能なのでしょうか?
長文失礼致しました。








No title

里山越冬隊とは素敵なネーミングですね。我が家でも色々と露地植えにしていますがMacrozamia riedleiはなんとか育っています。ソテツの仲間ではEncephalartos friderici-guilelmiやCycas debaoensisは元気ですね。多肉ではBeschorneriaやDasylirionの仲間を植えています。
グラスツリーも魅力的ですね。種子を蒔いてみたくなってしまいました。これからも色々な情報をよろしくお願いします。

No title

粘土を砂や礫に入れ替えるのは無理だとしても、
せめて高畝にしたり暗渠を作ったりして排水を良くすることはできないでしょうか?
ネギ類でも腐る環境はやっぱりサボテンにも厳しいのではないかと思うのですが。

No title

サボテン栽培再開から15年間で、屋上で密閉→通風→半露天・露天と様子を見て来ましたが、うちのユッカも露天越冬2年目に入り、Schabomaniac!さんのレポートにより併せてアガベも心配なく露天越冬できます。
弁慶柱も覆いなしの露天越冬に入っています。

No title

去年暮れまでの暖冬が一変、強烈な寒波の到来で関東も凍える寒さです。露地植えのサボテン・多肉たちが、はたして無事にいるのか、遠くで祈るほかありません。

>肉盆魚さま
ようこそ! 私も植物はなんでも好きでサボテン多肉に限らず興味を惹かれます。魚や両生類なんかも。
テフロ・ゲオメトリクスは最近は苗も出回っていますし、種も売られています。種リストには刺が長い、短いなどタイプも書かれていることが多いので参考にしてみてください。punoidesなどと呼ばれるタイプは殆ど無刺です。
コピ孤竜丸ですが、曲がっているなどのことから、おそらく原産地球?と推察します。植えこまないと発根しないので、完全に枯れた根は切り取って、鉢に植えて温室などに放っておきます。発根するまで水はやりません。自生地の写真など検索してもわかりますが、孤竜丸は太陽のほうに傾いで生えていますが、鉢には私は(可能な範囲で)まっすぐ植えています。肉質が硬いのでもとにもどることはないと思いますが、盆栽的に風情を楽しむのが良いかと。発根しても、夏前か、秋口に一度灌水するくらいで、あとは霧吹きくらいに留めないと徒長して形が悪くなります。うちに20年くらい住んでいる古い孤竜丸は、年1回の水やりで開花もします。また何かあればお尋ねください^^。


>宮崎さん
マ・リーデリーは越冬しますか。たしか中京地区の、比較的寒い場所でいらっしゃいましたよね。エンセも露地に植えたら大きくなるのが早そう。でも勇気が要りますね。うちには(おそらく)Cycas multipinnataの子どもの頭くらいのがあるのですが、葉っぱは冬に枯れます。なので、地植えする勇気がなく。
あとはリュウビンタイを木陰に植えていますが、これも冬には葉っぱが全部なくなります。でも枯れずに翌春出葉します。グラスツリーは鉢では一向に育たなかったのですが、露地に植えたら元気になりました。ただ、いちど化成肥料を(定量)根方に蒔いたら葉っぱが全部枯れました。液肥も嫌いますね。

>おきでんんさん
仰る通り、畝をたててやった方がいいでしょうね。肥培目的で畑植えにしているユッカなどもあるのですが、こちらは畝を少し立てています。こんかい取り上げた種類は、ネギでも腐るような環境を生き抜いているとびきりタフな連中です。あと、とっても丈夫なのは南ア産のクリナムですね。田んぼみたいな場所に地植えして放置していたら、球根がバレーボールくらい大きくなっています。ちなみに、日本のハマユウはうまく育ちません。

>masutusさん
露地栽培はトゲや球体の形など、圧倒的にワイルドに仕上がるようですね。スクレロの場合は丈が伸びるのが最大の難点なので、屋上フレームの半露天環境は最高だと思います。弁慶柱もなかなかクセがあるサボテンですが、確かに寒さには強そうなので、水はけのよい鉢植えなら露地がいいかも知れませんね。むかし沖縄のサボテン園で露地に植えたら、多湿で駄目になったそうです。多くのサボテンには低温よりも多湿のほうが障害になるのかも知れません。それにしても、今般の寒波はすさまじいので、ちょっと心配ですが・・・。

No title

ご親切に丁寧な返信、ありがとうございます。
水草から熱帯雨林の植物、盆栽をやっていますが、サボテンを含む多肉植物らの生態を知るにつけ、その特異性や異形さ、美しさ、健気さなどに惹かれてゆく一方です。(^-^)
弧竜丸についてのアドバイス、感謝致します。

>>曲がっているなどのことから、おそらく原産地球?と推察します。

きっとそうです。我が家の弧竜丸は現地のものと同じく肌が白くべったりと粉ぶいており、まだ直径8cmほどにすぎないのに古木感が漂っております。
どこかでこういう特徴は実生だと無理であり、原産地球特有だと書いてありました。また、お値段もそこそこしたので渡来物なのかなと思います。
原産地球だから曲がっているのですね?
当初は曲がってることが若干気に入らなかったのですが、管理人さまのお言葉で野生株と分かり、胴体を埋めれば曲がりが隠せるので安心しております。
肩口の高さの違いは原産地球ならではのデザインとして、観て楽しもうと思います。
ただ、陽の方向に傾くならば、時に鉢を回しながら満遍なく陽が当たるようにしてあげたいものです。

>>植えこまないと発根しないので、完全に枯れた根は切り取って、鉢に植えて温室などに放っておきます。

購入して早速鉢に植えております。
購入当初、里芋のように根なしのつるんとした状態でしたので、そのまま埋めております。
ただ、都内マンションにて温室の完備はなく、日中陽の出る日だけベランダに出し、夜間は室内に取り込んでいます。(もちろん、外に出す際は屋根付きのところで雨や雪などがかからないようにしております。また、霜に関してはこちら都内の中心地でコンクリートジャングルのせいか、霜自体を経験したことがありません)
寒い季節ですが、春まで発根はしないだろうなと思います。
質問ですが、弧竜丸の耐寒性はいかほどなのでしょうか?
また、春を待ち発根したかどうか確認するにはその都度鉢から抜いて見てみるしかないのでしょうか?

>>発根するまで水はやりません。

季節的にも真冬ということもあり、休眠期と考え、購入後一度も水やりはしておりません。

>>うちに20年くらい住んでいる古い孤竜丸は、年1回の水やりで開花もします。

原産地の環境を自分なりに検索し把握しましたが、我が国で年間一度の水やりとは想像以上の過酷な環境に耐えるサボテンなんですね!
知るところによると、わずかな水蒸気を吸って生きながらえているとか。
わたくしが育てているサボテンの中で一番水分を必要としないので、このルールを守り、育ててみたいと思います。
ところで、年一度の水やりはそちらでは一年のいつあたりにされてらっしゃるのでしょうか?

…最後に

>>テフロ・ゲオメトリクスは最近は苗も出回っていますし、種も売られています。

そうなんですね。どこに売られているのかわかりませんが、種も苗も成長するのにかなり時間がかかりそうです。
なんとか2つ3つ数珠つなぎになってる個体があれば探してみたいです。
サボテンは種から育てたことがないので、経験的に育てても良いかな~なんて思ったりもしますが。

毎度、長文にて失礼致します。
身近にサボテンのスペシャリストがいないため、管理人さまのような経験豊富な方のご助言は大変助かります。感謝致します。m(_ _)m

No title

> 肉盆魚さん
多少なりお役にたてれば幸いです。
この数年、コピアポアのチリ輸入球が入ってきていますね。直径7-8cmでも数十年かかっているという分析もあります。荒々しい外見はその間の風雪(降らないけど)が刻んだものなんでしょうね。サボテンの多くは、発根・成長時に高温(40度近く)を必要とするものがあります。ベランダでも小さいビニールケージのような外気より温度があがる環境があると良いかも知れません。もっとも、コピアポアは例外的に高温がいらない方だと思います。これは温度一定の海岸沙漠に生えているためです。内陸沙漠のサボテンは、昼夜間の激しい温度差(昼間40度、夜間10度)のときに美しく育ちます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

匿名コメント、ここにしかお返事書けないのでこちらに・・・。
埴さんの園がどうなったか、ご本人のブログをみつけたので、聞いてみようかとも思うのですが、一方でロマンはロマンのままのそっとしておいた方が良いのかも、と思ったり。エリオシケはナピナやテネブリカ、オックルッタなどはうまく育てると見事に地平線より下にもぐります。面白いですよ。

No title

失礼いたしました>匿名

ご返信ありがとうございます。
エリオシケ、とくにオックルッタに惹かれております…
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる