やっと、種まき。

                
resize1101.jpg
                    Sclerocactus cloveriae 'brackii' SB1011
resize1102.jpg
                    Sclerocactus glaucus KY0203 Mesa co. COL
resize1103.jpg
                    Sclerocatus wrightiae SB516 Wayne Co, Ut




晴れると半袖シャツでも汗ばむような初夏の陽気。
ペディオ、スクレロなどの、北米高地サボテンたちは、すでに成長期も最終盤です。
まだ、美しい新刺を伸ばしている株もありますが、成長は鈍ってきました。
きのう、今季最後の水やりをすませたので、あとは徐々に夏の休眠に入っていきます。
運よく授粉機会にめぐまれた株は、種の収穫時期。自分のところで種がとれるものは、
種の保存に努めます。




resize1088.jpg

resize1084_20150524203434063.jpg




さて、週末に休める+週末に晴れる、という幸運なめぐりあわせが実現したきょう、
ようやく今年の実生を敢行しました。ここしばらく、皆さんの種まき報告を拝見しながら、
焦りばかり募る日々だったのです。
実生の適期はひと月ほど前なのでしょうが、サボテンの種まきは毎年続けてる行事なので、
済ませないとどうも落ち着かない。まだ入梅までは暫くあるだろう、ということで、
きょうはこれまでに蒔き残していたものや、自家採取の難物サボテンを中心に実生しました。
ペディオ・天狼(Pediocactus.sileri)、ブラディ(P.bradyi)、ウィンクレリ(P.winkleri)、
トウメヤ・月の童子(Toumeya papyracantha)、ナバホア飛鳥(Nabajoa peeblesianus)、
スクレロ・黒虹山(Sclerocactus spinosior)、月想曲(S.-mesae-verdae)、白虹(S.whipplei)...。
天狼は最後のストックですが、メサガーデンのリストからも消えたのでラストチャンスになるかも。




resize1090.jpg

resize1091.jpg

resize1092.jpg




ご存じのとおり、ペディオもスクレロも、たいへん発芽しにくい性質をもっています。
大半のサボテンが、水と温度さえあたえればどんどん生えるのとは、かなり違う。
去年はひと粒ひと粒、種の表皮を針で傷つける(小さく破く)方法で、そこそこの成績を得ました。
しかし、今年はその作業をする時間がない。ただ蒔いても面白くないので、覆土することに。
上の写真のように、蒔き土(園芸センターの種まき土と赤玉をミックスしたもの)に播種した後、
ふるいで粒を揃えておいた小粒赤玉を種がすっかり隠れるくらいかぶせてみました。




resize1095.jpg

resize1096.jpg




厚さにして、1cm弱。写真は蒔き終わった鉢ですが、種がまったく見えないのでヘンな感じ。
うまく地中から芽を出してくれれば、根っこが表土を這いまわるのを多少なり防ぐことが出来るのでは・・・
というのが覆土の狙いです。実は、去年は発芽率は高かったものの、その後の管理不良、つまり根が表土を
這いまわり、地中に入っていかない・・・を作業時間がとれずに放っておいたため、苗があまり残らなかったのです。
この方法、既に試してうまくいっている方もおられるし、私もオプンチア、テフロなどではうまくいきました。
赤玉なので土がつぶれやすいのがちょっと心配ですが、自生地もカピカピの粘土平原だったりするしね。

土をおしのけて、瑞々しい芽が顔を出す場面を思い描いてみる・・・。
いやー、何年種蒔きを続けていても、心が躍るなぁ。ちょっとくらいは発芽してほしいよね。
皆さんのところでは、もうかわいい実生苗が小さな刺を伸ばしている頃でしょうか。






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

発芽は感動

土を被せる方法、経験有ります。発芽すると表土が乾き土が盛り上がるんですよね。うちの場合、ただ種の数が確認できないので発芽率が分からない。今思えば書いときゃ良かった。

サボ栽培では初めての花も嬉しいですが播種から発芽迄の課程が1番好きです。超マイナーな種が発芽したときは感激。今年はプテロカクタス ゴンジャニーが一粒発芽しました。

ご無沙汰してしまいましてすいません。
小粒赤玉土で覆土するというのは、種子が大きいものには良いでしょうね。
参考になりました。試してみます。
ウチはアレキサンデリは割と順調なんですが、バシラリスがまだほとんど発芽しません。
覆土してみようと思います。

>sileriさん
蒔いて一週間、何本か発芽してきましたが、うまくいっているものもある一方、覆土を押しのけて根が這いまわっているものも。薄かったのかな。プテロの実生苗は稀少です。栽培はしやすい植物なので、この先が楽しみですね。

>roka79さん
小粒赤玉、時間がたつと崩れてただの粘土になるのが心配ですが、ほかに材料がなかったもので・・・。バシラリスはとりまきでよく生えるので、時間が経つと生えにくいのかも。覆土したとくは、うまい具合に行きました。でも、蒔いてだいぶ時間がたってから、雨ざらしにしたら一斉に出たと思います。


プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる