【急報】牡丹が腐る。

     
週末にハウスを訪ねて、衝撃の光景を目の当たりにしました。
2週間前に訪ねたときには満開の美花で楽しませてくれた牡丹類が、いくつも腐っている。
これも、これも、これも・・・。あまりのショックに、その時は写真も撮れませんでした。

というわけで、今回は楽しい話ではありません。
ですが、栽培体験のひとつとして共有しておくことで、同じようなトラブルを回避できるかも…と
考えて、苦い思いを綴ってみます。




resize0407_20141205022200f98.jpg
                    こんな元気に開花していたのに・・・




腐ってしまったアリオカルプス(Ariocarpus)は、ハウスのあちこちに置いてあり、特定のエリアある植物が
集中してダメになったけではなく、被害は散在しています。寄せ植えでも、すべてが駄目になる訳ではなく、
腐った株に囲まれていても、大丈夫なものは大丈夫。
やられた株はひと目でわかります。球体が気分の悪いくすんだ色に変わり、きもち膨らんでいる。触ると、ぶよぶよ。
成長点からずぼっと指がめりこむくらい、なかはドロドロです。



昇天した株は、11月29日の時点で、

亀甲牡丹  古い輸入株×2
同     実生開花株×3
黒牡丹   実生開花株×6
同     古い輸入株×1
姫牡丹   実生開花株×2
アガベ牡丹 実生開花株×4



ぜんぶで何本だ?20本近いですね。とくに亀甲や黒の輸入株は、30年近く育てているもので、
これまでなんの故障もなかった株。突然のことにショックで立ち尽くしてしまいました。
いったい何が起こったのか?いわゆる赤腐れのように、ジワジワ逝く感じではなくて、
数日のうちにグシャっと腐ったように見えます。水をやり過ぎた覚えはないけど、根腐れか?

抜きあげてみると、太い蕪根の下の方は組織も固いままで、切っても腐りの痕跡はなし。
どの株も同じです。どうも腐りは上から来たようにみえる。
そこで閃く。駄目になったのはすべて開花株。しかも、この秋に花を咲かせた株ばかりです。
開花したあとの、いわゆる花ガラにカビがつくか、細菌がつくかして、それがそのまま成長点から
球体内に侵入したように思えます。




resize0408_201412050226055fd.jpg

resize0409_20141205022626076.jpg
                   アガベ牡丹に亀甲牡丹。腐敗は花のあと、頂部から侵入した模様。




思えば、過去にも同じような牡丹類の腐敗をこの季節に体験したことがあります。
しかし、シーズンに1本、2本といった数なので、あまり鮮烈な記憶は残っていませんでした。
では、なぜ今年に限ってこんなに数多くの犠牲が出たのか?
よほど、病害の出やすい条件が揃っていたのか?

で、今年の11月の、私のハウス付近の気象データをあらってみました。
月の日照時間は130時間と、平年の145時間を下回っていますが、雨量は65ミリと、平年の半分ほど。
しかし、花の咲いたあとの時期、この2週間ほど(11/16~11/29)でみると、雨降りの日が6日あり、
日照ゼロの日が3日ありました。一方気温は、平年だと最高温度17度程度が平年の値ですが、この期間は
18度以上の日が6日でした。また、今朝もそうでしたが私のハウスは谷あいにあるため、朝方は霧に包まれます。
11月としては、比較的、多湿で蒸した環境が続いたとはいえるかも知れません。




DSC_0063a.jpg

DSC_0066a.jpg

DSC_0069a.jpg




こちらは後日、ダメになったアガベ牡丹を記録用に撮影したもの。
花が咲き続けてるとなりには、ダメになった株があります。切ってみると、やっぱり根腐れではない。
いわゆる赤腐れでもなさそう。成長点付近に、カビのようなもの侵されたような痕跡があります。
そこを中心に、球体全体がゆるっと、熟しすぎた果物のようにとろけている。悪臭はありません。
しかしなぜ、こんなことが多発したのか。今のハウスで栽培をはじめて、ことしで8年目になりますが、
同じ程度、ムシムシした秋はあったようにも思えますが、こんな経験ははじめてです。
以前、出展は失念しましたが、ネット上で牡丹類の花後腐敗が増えている、という記述を拝見しました。
ここ数年で「牡丹頭腐り病」が蔓延しはじめた・・・とは思いませんが、異常気象続きの気候トレンドで、
ハウス内が病害を招きやすい環境に変わっているのかも…?などと被害妄想的な気分にもなりそうです。
まあ、実際は花後の通風不足と、たまたま雨が続いたことが原因なのでしょう。

ともあれ、遠隔地の栽培場ゆえ、こまめに花ガラを摘み取ってやることなどできませんから、この腐りを防ぐのは、
かなり難しい。来年は、牡丹の花ガラが完全に乾くまで、サイドの巻き上げも全開にして通風を最優先にするのが
まず第一。それでも心配なので、たまたま目にした花は、スパッと切り取って腐る部分をなくしてやる。
・・・うーん、でも、それはそれでなんとも切ない対策ですね。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

惨状に驚いています。
大きな黒牡丹は腐りやすいと聞いていましたが、小さなものまで多数とは驚きました。
湿度が高いと花の上にも水滴が落ちやすく、晴れて気温が上がれば乾いてしまい問題ないようですが、曇りや雨の日が続くと黴が生え腐れが中に入り込むと聞いています。
昨日の埼玉サボテンの例会で、有る先輩は「カビキラー」は必需品とおっしゃっていました。
実生苗にも使用しているそうです。

Shabomaniac!さん 今晩は

大切なサボテンを一度に失われたご心痛、お察し
申し上げます。

私も先日、三十年栽培していた輸入・花籠の群生
球を腐らせました。長年楽しませてくれたサボテ
ンでした。

牡丹類も数本腐らせたことがあります。
原因は、冬~春にビニール(トンネル)で覆うの
ですが、水滴が落下。運悪く、生長点附近に落ち
たのが滞留。蒸されて腐ったものと思われます。
以来、牡丹類の生長点が凹んだものや、疣が起つ
ものには要注意しております。同じ事象で、ブラ
ボアナスを腐らせた話はよく聴くところです。

春~夏に、カイガラムシ対策の薬剤を生長点の綿
毛がだぶだぶに濡れるほどスプレーしますが、こ
の時期は乾きもよく、何ら異常は起こりません。

今年は、カイガラムシが牡丹類に多く発生。虫が
囓った傷口から雑菌が入り、腐ったのもあります。

情報提供、有り難うございました。今後も気を付
けて観察してみようと思いました。

黒牡丹、亀甲牡丹にアガベ牡丹、地面にへばりつく姿は本当に自生地風ですね。
多くの実生開花球を失くされお気の毒でした。

半分の断面から原因がよくわかります。
数は少ないですが、うちでは小苗が乾燥しすぎで数本枯れたくらいで、ご考察通り屋上で通風がよいので花後に枯れたものはなかったです。

>coosaboさん
枯れたのは、小さいものも開花した株だけでした。花ガラからやられたのはほぼ間違いないかなと。カビキラー、塩素じゃなくて、アルコールタイプですよね。刺サボの刺座カビ防止に使ったことがあります。刺サボは効果いまひとつでしたが、短期の防カビには有効に思えるので来年牡丹開花の後に使ってみます。

>Doremifaさん
長く育てた植物が枯れると落ち込みますね。でも、最近こちらも歳を取り、それこそ三十数年来の古木級のサボテンが枯れたりすると、よくここまで頑張ったね、という気持ちにもなります。
今年の牡丹腐れは、開花直後の数日間の天候条件が極端に悪かったためかな、と思います。花が萎んだ後の数日、日射のない高湿度の日が続き、花ガラが乾燥せずに湿ったまま腐敗したのだろうと思います。

>masutusさん
牡丹の実生はそれなりの数がありますが、こんなサイズでも15~20年かかっているので、そういう意味ではやり直すのは大変です。置いてあった田舎のハウスは、都内自宅に置けなくなった植物を置くために山の中の耕作放棄地に作ったのですが、最初見に行った日は晴れていて、こんなに多湿な場所とは思わず…。でも、牡丹はこれまでは順調でした。霧が多く地湿もあがってくるので、刺モノは数か月で真っ黒ですが、コピやエリオシケはよくできます。難物は生存できません。

こんばんは。
たくさんの牡丹類、残念でしたね。
ボクのところも昨年来いくつもの株が突然くさりました。一つの前兆がこの記事、

http://cactus219.blog92.fc2.com/blog-entry-806.html

です。頭から白い液を吐いていました。この秋にも亀甲やゴジラでこのようなことになりました。その時はどうしてか分かりませんでしたが、明らかに傷がまず存在するのだと思います。腐敗菌がはいるのは、そのあとではないかと。

秋にグランカクタスさんでも多くの事例がある事を知り記事にしておきました。
http://cactus219.blog92.fc2.com/blog-entry-893.html

先月、この件で興味のある方と電話でお話したのですが、もしかすると花に蛾かなにかが卵を産み付け、イモムシが花の下部からアレオレの基部を齧りそれが原因でくさるのではないかと、話をしました。

うちではマミラリア時々何かのイモムシに食われ、体の一部が腐ることが散見されていました。

確証はもてないものの、単なる花ガラからの腐りというには、あまりにも多すぎるような気がするのです。

情報の交換をこれからもよろしくお願いいたします。

>さぼちゃんだいすきさん
そうです。拝見したのはこの記事でした。牡丹類はふだん丈夫なだけにショックが大きいですね。私のところでは2~3週に一度しか植物の様子が見られないので、いない間に何があったのかはわかりません。白い樹液の噴出があったのか、虫の食害があったのか・・・春先にはクワゴマダラヒトリの幼虫がサボテンを齧りますが、この時期だとい何が現れるのか・・・。何にしても、来年からは花あとの養生、これまで以上に気を使ってやろうと思います。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる