アリゾナの夜の女王(大和魂)、開花。

            
今年はあまり花にめぐまれないシーズンです。
スクレロカクタスは例年の半分くらいしか咲きませんでしたし、
去年、雌株開花で小躍りした奇想天外(Welwitschia mirabilis)もまったく音なし。
アロエ・ハエマンティフォリア(Aloe haemanthifolia)は去年と別の株が咲きましたが、
去年咲いた株は咲かず、種は採れずじまい。

そんななか、心揺さぶられたのが、このサボテンの開花!




resize0080.jpg
          Peniocereus greggii ssp.transmontanus SB266 Agua Prieta,Sonora,Mex.




ペニオケレウス・大和魂。
(Peniocereus greggii ssp.transmontanus SB266 Agua Prieta,Sonora,Mex.)
産地では、アリゾナの夜の女王、とも呼ばれます。私にはこっちの方がしっくりくる。
セレニケレウス属(Selenicereus)の夜の女王は、中南米熱帯の比較的湿潤な環境に生えていますが、
こちらはソノラ沙漠、チワワ沙漠の荒涼とした平原が故郷です。パロヴェルデ(Parkinsonia)の
根元などに生えていることが多い。地上部はひょろひょろとした枝を伸ばすだけですが、
地下に巨大な塊根を生じる。幾度か自生地とされる場所を訪ねましたが、灌木やブッシュに紛れているらしく
発見出来ずじまい。もちろん、花も見たことはありません。

この春、実生から長年育ててきた株に蕾があがってきました。
最初は新しいシュートかと思いましたが、このくらいのサイズになれば見まちがうことはないですね。




resize0061.jpg

resize0062.jpg




大和魂は、間違いなく難物サボテンのひとつと言えるでしょう。
輸入種子はしばしばリストに載るので、蒔かれたことがある方もおられると思います。
少年時代に読んだ龍胆寺翁の本に、人の頭くらいもある大和魂のモノクロ写真が載っており、
当時はこれが塊根とは思わずに、刺のない球体?と思ったものでした。
栽培するうえではこの塊根が曲者です。根が太るサボテンは、過湿による根腐れに注意が必要ですが、
大和魂の塊根はとりわけ腐りやすいのです。ちょっと油断すると地中の芋がとろけてしまうので、
なかなか大きく育たない。今回開花した株は、実生から十年ほど経った株で地下の芋は大人の拳くらい。
地上部は高さ1mくらいの株立ちです。

さて、出蕾から3週間ほど。蕾はゆっくりと育ち、開花の夜を迎えました。




resize0083_201407051719590eb.jpg

resize0066.jpg

resize0064.jpg




仕事を終えてクタクタの身体で、家にたどり着いた深夜の2時過ぎ。
真っ暗のガラス温室のなかに、ぼんやりと白い影のようなものが映っていました。
あわてて階段をかけのぼり引き戸を開けると、ふわっと果物の熟したような香りを感じたような。

純白の花は、直径15cm足らず。夜咲きの大輪種のなかでは、おとなしい部類です。
香りはとても仄かなもので、ディスコカクタスなどのように強烈な芳香ではありません。
しかし、長年待った私にとっては、格別の花でした。
いつか咲かせてみたい、と願いつつ十数年が過ぎ、株もそれなりのサイズに育っていました。
そこまでの間に、十数本あった大和魂も、ひとつまたひとつと駄目になり、2株を残すのみに。
もしかして、栽培下では咲かせられないのではないかと、半ば諦めかけていたのです。
うっとりと、時間が経つのも忘れて眺めていたら、いつのまにか空が白んでいました。




resize0085.jpg

resize0076.jpg




難物サボテン、大和魂を長年栽培して、多少なりとも会得した栽培のコツのようなもの。
開花した株は9号鉢植えで、枝は高さ1mくらい。基部は大変固くなっていますが、折れないように気を使う。
塊根はボールのように形が良いので、鉢から出して眺めたくなりますが、直射日光に晒すと焼けます。
なので、鉢内に埋めて育てるのが安心です。先に述べたように、塊根はとても腐りやすいので、
水は年に5-6回しか与えません。兜や牡丹類などと異なり、鉢内が長時間高温になる時期に水をやると、
「芋が茹って」すぐに腐ってしまうので、夏場の過灌水は危険です。これで何株駄目にしたことか。
もちろん休眠期の冬も水を切りますし、なかなか乾かない秋も気をつける。なので、水やり年5-6回に。
芋が腐ってから慌てて枝ざしをしても、なかなか発根しない。挿し木がうまくいかないので、種からやり直し。
また、塊根の肥大成長時に、鉢内で押されることも苦手のようで、鉢土に石などが混じっていると、
押された部分から腐ることがよくあります。なので、ややゆとりのあるサイズの素焼き鉢に、柔らかめで、
かつ排水のよい土で植えてやります。以上は鑑賞できない塊根をしっかり育てる正木栽培の場合で、
接ぎ木をうまく利用すればもう少し容易に開花させられるかも知れません。




resize0087_2014070517182279f.jpg




花は当然のごとく一夜限り。翌日の昼間にはすっかり萎れてしまいました。
いまは、闇に浮かんだ白い羽のような姿が、幻のように記憶に焼きついています。





テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

こんにちは。
開花おめでとうございます!
こんな細い植物体自分なら絶対折ってしまいそうです…
安定してるのが不思議です
そして、何故年五回の灌水で育つのでしょう…すごい植物です

最近、うっかりサボテンを天然の雨に打たせてしまったのですが、何故かよく吸水して機嫌がいいのです(特に鸞鳳玉が目に見えて膨らみました)
やはりサボテンは酸性の土が好きなのでしょうか…?
近々台風が来るので、お気をつけて

お見事です

Shabomaniac!さん 今晩は

大和魂の花を初めて拝見しました。
温室の電灯の下、大輪の白花が映えたことでし
ょう。本当に、アリゾナの夜の女王に相応しい
美しさですね。

ましてや、長年栽培されて、困難を乗り越えて
きた株の花ですから、感慨深い夜を過ごされた
ことでしょうね。
実生苗の開花は待ち遠しくもあり、楽しみでも
ありますね。

夜咲きと言えばディスコ、塊根と言えば銀紐、
珠毛柱が身近です。大和魂は珍しいですね。


Shabomaniac!さん、こんばんは。

大和魂の開花!初めて見ました。

奇遇にも、今年種子を手に入れ、実生苗が生えそろったばかり。
数年前にも種子を播きましたが、その時は発芽せず失敗…。
なので、リベンジの意味でも今年は失敗したくないと思っていた矢先です。
ちなみに、今回の種子はアリゾナ州ツーソン産。前回はメキシコ産でした。

すでに芽先が5mmほど伸び始めたので、そろそろプラグトレイの実生床から卒業させねば。
披露された栽培のコツはタイムリーでありがたく、たいへん参考になります。
さっそく大きめの鉢に植えてやることにしました。

>TouiYukiさん
エンピツくらいの茎ですが、根本はかなり固くて割り箸なみです。自生地では乾燥すると地上部が枯れて塊根だけになることもあるそうですが、栽培下では秋~春まで断水してもなんとか残ります。乾燥すると夏場でも枝の上部から枯れこむこともあります。サボテンは天然の雨好きですね。兜の腰折れしたのとか、夏場雨ざらしにすると回復したり、なかなか出ない種が発芽したり、露地栽培のメリットはいろいろありますね。

>Doremifaさん
大和魂、むかしは輸入株が入ったそうですが、私の少年時代にはすでに見かけませんでした。珠毛柱も、栽培には気を使うサボテンですが、茎節のたよりない感じと花の鮮やかさが素敵なサボテンですね。ペニオケレウス属にはほかにもいろいろあって、赤花の viperinus なども魅力的ですが、なかなか見かけませんね。今回、真夜中の温室で写真を撮るのためにストロボをぱしゃぱしゃ光らせていたので、ご近所は何やってるんだろう?と思ったかもしれません^^;。

>noriaさん
大和魂の実生苗は、ウイング上のふたばの間から柱の部分が出てきて、なかなか可愛らしいですよね。順調に育てれば4-5年で開花サイズにもなるのかも知れませんが、とにかく腐らせるのが怖くて・・・。noriaさんなら、名人芸のキリン接ぎで来年の開花も実現できるように思います。塊根は魅力的ですが、栽培するうえでは眺めることもできないですからね。ちなみにこのおイモは食べることもできるそうです。茎は折れても芋の養分でぐんぐん伸びてきますから、栄養たっぷりなんだと思います^^。

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる