エキノケレウス、花いろいろ。


初夏の陽気が続く頃になると、もう梅雨入りは間近です。
サボテンのベストシーズンは、長くは続かないですね。貴重な晴れ間、時間が出来ると長年にわたって
植え替えていなかった鉢と格闘していますが、頑張っても頑張ってもなかなか追いつきません。
さて、きょうは、久しぶりにエビサボテン(Echinocereus)の花をいくつか。



resize1087.jpg

resize1086.jpg

resize1084.jpg
           Echinocereus viereckii ssp. morricalii SB940 Monterrey, Nuevo Leon,Mexico



まずは刺もなく青々と、まるで野菜のような蝦サボ。園芸種の桃太郎と似ていますが、こちらは原種です。
モリカリ(Echinocereus viereckii ssp. morricalii SB940 Monterrey, Nuevo Leon,Mexico)は、
肉質がやわらかく、痛くないのでサボテン苦手な人でもつきあえそうですが、栽培すると案外気難しい。
大変な肥料喰いなので、はじめ、砂石中心のサボ土で育てていた頃は、なんとなく色が薄くて元気なく、
花つきも悪かった。最近は「野菜の土」の赤玉割り、みたいなものに植えて液肥もたっぷり与えていたら、
緑色も濃くなり、よく咲くようになりました。花はピンクの大輪で派手ですが、なんとなく粗雑な印象もあり、
花の綺麗なおヤサイ、という風情。



resize1074.jpg

resize1072.jpg

resize1071.jpg
                 Echinocereus russanthus SB1476 Sierra del Carmen,Coahuila



こちらは造作は丁寧ですが、大変渋い花です。
白紅司ルサンタスnova(Echinocereus russanthus SB1476 Sierra del Carmen,Coahuila)。
この類の蝦サボは、北米ロッキー山脈の背骨に沿って、北から南へ、青花蝦~白紅司~ルサンタスと
移り変わっていきますが、この新タイプはテキサスのビッグベンド公園からさらに東南方向へ国境を越えて
メキシコのカルメン山脈に分布する最も南のタイプ。刺がごく短いので、太陽、御旗などと一見似ています。
ルサンタスでは、テキサスにはネオカピラス(neocapillus)と呼ばれるタイプがありますが、このSB1476は、
これと同様に幼苗時はふわふわの白い毛が密生し、全然違う植物のようで可愛らしい。
今年は複数個体が同時に開花したので種が採れました。もう一度実生から育ててみようと思います。



resize1076.jpg

resize1078.jpg

resize1079.jpg
                   Echinocereus poselgeri 'MZ50' Zapotitlan,Puebla



地中の塊根(見えないけど)から細い枝を伸ばす変わった姿ですが、これもエビサボです。
銀紐(Echinocereus poselgeri MZ50 Zapotitlan,Puebla)。
かつてはウィルコクシア属(Wilcoxia)に入っていましたが、刺だらけの花筒、緑の柱頭がよく目立つ花、
蝦サボテンそのものです。実はこの株は輸入種子の実生で、MZ50というフィールドナンバーは、
Peniocereus viperinus という別属のサボテンの名前で手に入れたものですが、蒔いてみたら銀紐そのもの。
viperinusは同じ塊根+細枝のサボテンですが、月宮殿のような真紅の花を咲かせ、まったく異なります。
珍しいサボテンなので期待して花を待ったのですが、咲いてみてら典型的な銀紐でした。
でもこれはこれで、綺麗ですね。



resize1066.jpg

resize1069.jpg

resize1068.jpg
                    Echinocereus cv. daysacanthus×bonkerae



最後は園芸種。というか、じぶん家で交配作出?したエビサボテンです。
御旗×凡家来(E.cv. daysacanthus×bonkerae)。
生えた実生苗は色の薄い元気がないようなものが多く、ちゃんと育ったのはこのひと株だけでしたが、
狙いどおり?御旗の黄色と凡家来の紫ピンクがうまく混じり合った、トロピカルな色合いの花が咲きました。
球体は母株の御旗によく似ていて、花も形とスロートのグリーンは母株似です。ただ、全体にうすく桃色が
乗ったところが凡家来のテイストでしょうか。
エビサボの花改良は、日本では美花閣をベースにした交配種がいくつか作られていますが、太陽系、御旗系、
また武勇丸系の交配も面白いものが色々作れそうです。

なんて、原種サボだけでも場所も手間も手一杯なのに、このうえ育種までは無謀すぎますね。






コメント

非公開コメント

>モリカリ

野菜の土の赤玉割りですか(@@)
随分極端なサボちゃんですね。
購入しようかなぁとネットで観てたので
タイミングのイイ情報でした♪ありがとうございます(^^)

>銀紐

サボが好きすぎてとうとう
生け花やったのかとびっくりしましたよw


モリカリ、小さなカキコしか持ってませんが、
屋外の寒暖にも耐えることがわかりました。
しかし成長がとても遅いと感じていましたが、
肥料不足だったのかもしれませんね。

モリカリの用土について野菜の土の赤玉割りと書かれてましたが、
先日某所で篝火の花の咲かせ方を訊いたところ、やはり似たような
「野菜の土に堆肥とか入れて多肥で育てるといい」というレスを貰いました。
蝦はそこまで肥料食いなんですね。以前Shabomaniac!さんから冬に虐めた方が
いいですよって言われたのでそれは実践していましたけど。
来年から用土大きく変えてみようと思います。
ルサンタスの説明も興味深かったです。ウチには白刺のルサンタスと
赤刺のSB420 Brewster County, Texasがあるのですが、ぜんぜん見た目が
違うんで気になってました。ネオカピルスは別種扱いになったのでは…?
作出された交配種は何とも言えない花色でステキですね。蝦サボ大好きなので
とてもうれしい記事でした。

わが家のサボ用土は、もっぱら「草花培養土の赤玉割」が主流です。
これで大半のサボテンは機嫌よく育っています。
「難物サボ」を全く置いてない(あっても台付き)ので当然です…(^^)ゞ

昨年から「コンクリ用砕石」を混ぜる試みもしていますが、
柱モノやウチワ類は、走り根がまっすぐ伸びられないせいか、
以前よりガッシリ育つような気がしてます。
背が高いサボもフラつかず、鉢が重いぶん安定感もあります。
南米物につきものの「南米病」も少なくなりました。

「草花用土をロックで!」騙されたと思って試してみてください。
今年はさらに過激に「砕石の草花用土割」なんてのにも挑戦…やりすぎですかね。

銀紐がエビサボテンだったとは知りませんでした。
姿形にとらわれず花だけ見れば納得です。

>l-marshさん
草花、野菜用土、私は手近で安価なホムセンメイドを使ってますが、ときによりかび臭い匂いがしたり、あとは雑草種子が多量に混じっていること、ありますね。あとは、とても安いものを買ったら、草花の古根が大量にまじっていて、使用済み再生土?、というのもありました。なので、そこそこ吟味はした方がよいかも知れません。

>おきでんんさん
モリカリや美花角系のエビは、とくに肥料喰いなので、ふつうのサボ用土だと毎年の植え替えは必須です。あとは液肥をまめに与えると目に見えて色つやよくなりますね。むかしカリカリの土に植え付けていたときとは、成長速度がぜんぜん違います。自生地ではどんな状態なのか、見てみたいものです。

>roka79さん
エビは肥料足りないとすぐ色が薄くなります。で、あわてて植え替えたり追肥したり。ネオカピラスはいまは別扱いでしたか。たしかに幼苗は全然違う顔です。いわゆるルーサンタスは、ふわふわ毛は出しません。エビと、ロビは、横っちょから大きな花が咲くので、どっちも好きなのですが、エビの方が育てやすいかな。

>noriaさん
草花用土の赤玉砕石割り、これも良さそうですね。草花の土はモノによって見た目もかなり違いますが、組成がなんなのかいまいち不明なところがあります。私が使っているのは、ピートモスっぽいものが主体ですが、なにかふつうに売られてい軽い黒土、もしかしたら下水汚泥?が入っているようにも思えます。概念的には悪くないと思いますが、ちょっと気になることもありますね。といいつつ、うちでもこれがメインになりつつあります。

>cooパパさん
銀紐のエビはなんとか納得できるとしても、むかしからある珠毛柱などはフニャフニャで、どうみてもエビっぽくないです。あとは銀紐の仲間で、白花のタイプや黄花もあって、これらもなかなか魅力的です。今年は実生の大和魂に蕾がついて、初開花に期待しています。

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる