脱帽。

         
我が家の一点モノ、きょうは番外編?です。



resize1048.jpg
                    Melocactus bahiensis ssp.bahiensis about 20years from seed



メロカクタス・涼雲(Melocactus bahiensis ssp.bahiensis )の古株。ハウスの棚の真ん中に
所在なげに置かれているのは、このあたりがいちばん温度が保たれるからです。
メロのなかでは寒さに強い部類ですが、かれこれ20年ちかく育てている株なので、大事にされているという訳。

でも、ここだと絵にならないから、外に連れ出してみました。



resize1050.jpg

resize1032_20140426212646b24.jpg



花座がここまでデカいと、なかなか貫禄があります。
メロは最近あまり人気がありませんが、一年中カラフルな花座を眺めることが出来るのは捨てがたい魅力。
この涼雲は、もともと30年以上前に、某Y園から購入した輸入株らしき苗がルーツです。
すでに物故したその株に稔った種を実生して育てたものです。メロゆえに自家受粉で、雑種ではないと思いますが、
そもそも元親には産地データはおろか学名もついておらず、ただ「涼雲」と記された札だけが立っていました。
念のため検索してみると、bahiensis はおおむねこの株と似たような顔をしていますね。

この株、花座が出始めたのはすでに十数年まえのことで、いわゆる“トルコ帽”状に大きく高く伸びてきた。
しかし、2-3年前からは途中にくびれが生じ、腰折れというか、段が出来てしまいました。
でも、それもまた古株の風情、などと思っていたわけです。ところが、ハウスから運び出してしげしげ眺めると、
ある異変に気がつきました。

花座の上部だけが、グラグラと揺れているではないか! 

ん?まてよ。



resize1041.jpg

resize1042.jpg

resize1043.jpg



衝撃の事実でした。
なんと、花座の上半分は、ただ乗っかっているだけ、だったのです。
で、ポッコリと上半分を外してみると、かつてと同じ、くびれのない花座の姿に戻りました。
現れた新しい花座には、ちゃんと上面があり、ここから花が咲き実もなるようです。
で、外した上半分はなんつうか、赤い座布団?饅頭?テニスボール?
裏面は巾着を裏返したみたいな様子で、こちらもかつて下半分と繋がっていた名残りとか、
切断面ふうの痕跡などはない。実に不思議です。



resize1049.jpg

resize1037.jpg

resize1039.jpg

resize1051.jpg



地べたに転がせば、赤いテニスボールかなにかのようで、どう考えてサボテンの一部には見えません。
手に持った感じもテニスボール風ですが、もっと軽い。花座はそこから出雷開花、結実するわけで、
ただの綿毛の塊ではないはず・・・ですが、この上半分については、綿毛の塊にしか見えません。
一方で、これだけを鉢に置いてみたりなんかすると、赤刺が密生したマミラリアみたいにも思えてきます。
いつから分離独立したのか不明ですが、まったく色も褪せていないので、これはこれで綺麗です。
本当は、切断して中の構造が見てみたいとも思うのですが、なんだか勿体なくて、結局元どおりに
二段重ねにしてハウスに戻すことに・・・。



resize1052.jpg



こうしたことが、メロカクタスではしばしば起こるのか?調べてみても類例が見つかりませんでしたが、
花座が子吹きしたり、分頭したりするのは時折り目にします。しかし、こんなやり口もあったとは。
まさに脱帽の技でした。





コメント

非公開コメント

うわ~っなんでなんで~花座って取れちゃうんですね~\(~o~)/20年もお世話していると花座の抜け殻赤い饅頭ボールが手に入るのですね~\(^o^)/イヤ~良い仕事してますね~茶巾ひねり~♪初めから最後までとっても臨場感ある楽しいサボ話でした♪横向きに載っけて遊んでいる様子が妙に楽しそうで面白かったで~す♪

いやはや驚きで声も出ません!
こういうことが起こり得るんですね。

うちのメロは朱雲(マタンザナス)だけなのですが、2年前から花座が現れています。
後二十年くらい育てるとこういう超常現象?が見られるのでしょうか?
そこまでは頑張って生きてみようという気になりました(w)。

よく出来たひと月後れのエイプリルフールネタかと読んでいましたが、実際のことなんですか? まだ信じられません。
メロには花座の中に生長点があるようで、花座から仔吹きしているものを見たことがあります。ひょっとしたらその仔が再度花座に変化したのかも。
ぜひ、内部が見てみたいです。

これは面白い。
枯れたと思っていた植物が実は生きていたとか、捨てようと思っていた葉から根が出たとか、
そのような場合とはまた違った驚きです。
分離した球状部分に水が入っている感じはありますか?
本体の花座と比べても遜色のない、妙にきれいな姿を維持していて、
そこが不思議ですね。

サボテンって不思議なところが多いですけど、こんなことまであるんですか!
花座を自ら分離するなんて…!
すごい発見だと思います!どこかでサボテンの研究進まないかな~

ハットトリック

びっくり!
上下のつながりもなく、本当に不思議ですね。

このさき、上半分がどのように変化するのか見たいです。


こんにちは

花座そのものが不思議な存在ですが
脱帽、脱皮もあるとは驚きです。

てっきり花座の先端が生長点と思って
いましたが、??となりました。

輸入の親木の子孫を20年も育てられ
たとのこと、そのことにも感動!

>takoyashikiさん
くびれが出来た時は、なんか雪だるまみたいでかっちょ悪くなっちゃったなー、と思ったのですが、着脱式花座?になるとはビックリでした。でも、そういえば一昨年くらいから、例のピンクの実がによきっと出てこないなぁ、と不思議に思っていました。花座ボールは得難い逸品です^^。

>アイハルさん
マタンザヌスは、小さいうちから、オレンジの綺麗な花座が出る素敵なサボテンですよね。うちに花座が出て7-8年の古い株がありまあすが、花座がかなりの高さになっています。いまのところくびれは生じていませんが、もしかしていつか・・・でも今度は騙されませんよ。

>queiitiさん
まるっきりホントの話です。こんな不思議な毛玉みたいなもの、細工できませんよ。少し前から上部は血が通っていない状態になり、下の方にあたらしく花座が形成されたのではないかと思っています。まだもったいなくて解剖する気になれないのですが、中の様子はいつか見てみたいですね。

>Portさん
分離した上半分はとても軽いです。かつては花も咲いていましたから、維管束に繋がっていたと思われますが、大分昔に切り離され、水気を失っているようです。すでに下には新しい花座上面が形成されていましたから。ただ、色褪せがまったくなかったのでこれまで気づかなかったんですね。

>TouiYukiさん
ヘンなサボテンはいっぱい育ててきましたが、今度の振る舞いにはかなり驚きました。アロハドアなんかは、てっぺんに花座ができて、しばらくするとそこをつきやぶってまた通常の成長に戻ったりしますが、上半分を切り離しちゃうというのはどういう意味があるのだろう?謎ですね。

>masutusさん
花座の上半分はちょうどドライフラワーみたいな感じで、スカスカな毛玉になっています。ただ、色は赤くて綺麗なので、切ったり捨てたりはちょっともったいない感じ。本体は花座が小さくなり貫禄がなくなりましたが、これでまた開花結実が復活するのではないかと見ています。

>Doremifaさん
昔は○○雲、××雲、と色々なメロカクタスが輸入され結構な人気だったと思いますが、区別が難しいこともあって、数種を除いて見かけなくなりましたね。アウレウスや鶯鳴雲、雷電雲など人気でしたが、高価で買えず、この涼雲の元親を手に入れました。花座がないと実に地味ですが、長く育てると愛着が湧くものですね。

にょ~~?!(@@)
面白くて素敵なものを収穫しましたね~♪
ってまた戻したみたいですがw
色あせたりしてないし
外に持ち出さなかったらまだしばらく気付かなかったかもしれないですよね。
そのままにしてたらのその後が楽しみですね!
カラカラになって保存できたらいいのに。

>l-marshさん
ビックリしましたねー。この花座はすでにドライフラワーみたいに、軽くて水気がありません。なのでしばらくは色褪せなく楽しめそうです。でも、上に乗っけておくと、下の生きてる花座が咲かないかも知れないので、そこが悩みどころです。

初めまして!(*^^*)

初めまして、こんにちは!突然のコメント、失礼いたします。

実は先日実験植物園にてこの「涼雲」を見て、
気になって調べていたところ、こちらの記事へたどり着きました。

私はサボテンについてはあまり詳しくないのですが、
今回この記事を拝見して、
この赤い上の部分(花座?)が取れることに衝撃を受けました!!

この驚きをぜひ共有したいと思い、私のブログでこちらの記事にリンクを貼らせて頂きたいと思ったのですが、いかがでしょうか。どうぞよろしくお願いします!
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる