春の第1便。

                                                      
さて、今回は先日栽培場で撮影した、やや早咲きの花たちのスケッチ。
春の便りその1です。




resize0997.jpg

resize0999.jpg

resize1001.jpg

resize1002.jpg
                    Turbinicarpus subterraneus ssp.booleanus Nuevo Leon



ツルビニは、まだ春とは言えないくらい寒い時期から次々と花を咲かせますが、
このブーレアヌス(Turbinicarpus subterraneus ssp.booleanus)は
その中ではちょっと開花時期が遅い方かも知れません。3月の半ば頃、満開でした。
長短の刺が密生した球体は、地際でくびれるように細くなり、地中には地上部と
同じくらいのサイズの塊根が隠れています。
有名な難物サボテン、美針玉(T.mandragora ssp.mandragora)とよく似ていますが、
花色はこちらの方が派手で、栽培もずっと易しい。
美針玉はすぐに腐るうえに成長も著しく遅いですが、こちらは実生2-3年で開花します。
基本種のサブテラネウス(T.subterraneu ssp.subterraneus)は、
塊根と球体をつなぐ"首"の部分がひょろひょろとろくろ首のようになるので、
始末におえないところがありますが、ブーレアヌスは両者のバランス、形ともによく、
コケシ状に育ちます。本当は少し塊根を見せるように植えたら楽しいですね。
塊根と球体が一対となっているため、1頭仕立てが基本形で、こじんまりした姿を楽しむのが
基本だと思われますが、花はとても艶やか。今年は二株が同時開花したので、種子がとれることを期待!




resize0984.jpg

resize0985.jpg

resize1006.jpg
                    Parodia chrysacanthion OF60/70 Thermas de Reyes,Jujuy



パロジア・錦翁玉(Parodia chrysacanthion OF60/70 Thermas de Reyes,Jujuy)。
黄色い花を咲かせる美しいパロジアとして、昔はどの本にも載っていたし、
大変有名なサボテンと思っていたのですが、今回、ネットでその和名を検索すると
国内サイトのヒット数はとても少ない。ネット時代が到来する以前に廃れてしまったのか。
しかし、密生する金色の刺と輝くレモンイエローの花は実に鮮烈で、自生地の姿などをみると、
いつか是非とも会いに行ってやるぞ、という気持ちになってきます。
この写真の苗たちは、欧州愛好家の自生地採取種の実生で、ここまでストレスなく早いペースで
育ってきました。しかし、成長早く肉質が柔らかい分、大きくなると形が崩れやすい気がします。
世代交代させつつ、楽しむべきものですね。
ところで、開花した姿をみて思いついたのは、この輝くような金色の刺は、頂部で密生すると、
同じ色合いの花を包んで一層目立たせる効果を生むのでは、ということ。
ちょうどブーゲンビリアの色づく苞が送粉者を誘引するようにです。そんな様子に見えませんか。




resize0989.jpg

resize0995.jpg

resize0994.jpg
                    Mammillaria tlalocii FO223 Rio Salado, Oaxaca       



つづいては地味なマミラリアの、ほっこりした花です。
トラロキー(Mammillaria tlalocii FO223 Rio Salado)は、
この属のなかでは比較的マニア受けもよい?クルシゲラ(Mammillaria crucigera )の
亜種として扱われるサボテンで、実際に性質もよく似ています。
肉質がとても固く、成長もゆっくり。基本種のクルシゲラは子吹きではなく分頭によって
株立ちになっていくことが多いのですが、うちの栽培株を見る限り、トラロキーの方は
子吹きによって群生する傾向が強いようです。そしてクルシゲラよりも小型に見えます。
花は径1cmほどと実に控えめですが、点々と、白く稠密な刺によく映えて綺麗です。
栽培場に置いてあることも、ふだんは忘れてしまうような地味なサボテンですが、
春のひととき、小さな花で存在を主張していました。




resize0974.jpg

resize0977.jpg

resize0978.jpg
                    Lophophora alberto-vojtechii SLP from Koehres seed



こちらは花が咲いてなるほど納得のロフォフォラ新種。
アルベルト・ヴォイテフィ(Lophophora alberto-vojtechii SLP)。片仮名読みこれでいいのか?
この写真の株、実際は花の径が2cmくらいで球体直径は1cmほどしかかありません。
もっとも根部が長大なので、ダイコンのように地中に刺さっている部分はそれなりに大きいのですが。
この属では最近、銀冠玉(Lophophora fricii)が大変人気があり、ネットオークションなどでも、
え?と驚くような値段がついていますが、こちらアルベルト・・・は、かつて日本でも大変人気があった
羽毛の美しい翆冠玉(Lophophora diffusa)に近いものらしい。しかしいまのところ羽毛は出ていない。
最大の特徴はこのごく小さなサイズ感。ほかのロフォフォラはこのサイズではまず開花しません。
花は翆冠に近いですが、花弁には微妙なストライプが入っています。このサボテンは干上がった
田んぼのような粘土質の平原にほぼ埋まるように映えていて、最初雑誌で紹介されたときには、
その自生風景がとても印象深かった。この特異な環境に適応して、ネオテニー化した翆冠玉なのかも
知れません。写真の株たちはケーレス園(この園はロフォフォラに強い)から購入した種子の実生苗で、
原記載のサンルイスポトシ州産のタイプとのこと。
栽培下でこの先どう育っていくのか、どこまで大きくなるのか、群生してくるのか、興味深いところ。
もっとも大きくなったらただの翆冠、だったらちょっとガッカリですが^^;。




resize1005.jpg

resize0972.jpg

resize1007.jpg
                    Pediocactus & Sclerocatus "ready to flower"



最後は北米難物、ペディオ&スクレロの蕾たち。
ほかの方のところでは、既に開花しはじめているようですが、今年は最初の水やりタイミングが
遅れたためか、私のところではちょっと遅れ気味です。
次の週末くらいには、結構咲いてるんじゃないかな、と期待しています。

これらについてはまた後日・・・。





テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

こんにちは
パロディアってこんなに綺麗なのか!パロディアって探しても確かに全然ヒットしないですよね…
あ、ネジラミ、やられてました…
しかも般若にまで移ってて2株…
早く撲滅したいです

可愛い実生品が開花する様、どれも素敵ですね。
特にパロジア・錦翁玉とロフォフォラ新種は、土に潜るようにこれだけ扁平な姿で作られるとは、凄い!

subterraneus系はツルビニに編入されたのでしょうか?
うちにもギムノカクタス属としてSuccSeedから入手した種の実生で、subterraneus P362とsubterraneus v. zaragosae SB1437が居ますが、subterraneus P362はろくろ首状態でなかなか成長してくれません(w)。

難物たちの花ももう直ぐですね。
うちの月の童子にも蕾が上がって来ました。

こんにちは

花、花、花、いずれも綺麗です。
それも実生からの沢山の開花苗、お見事です。

ブーレアヌス、花が綺麗。初めて拝見しました。
旧ギムノカクタス系は密生刺にピンク花。それに
塊根。昔、蒐集していた懐かしいサボテンたちを
久し振りに拝見。これも渋いサボテンですよね。

アルゼンチンでは天平丸、新天地の自生地を訪ね
ました。高地です。
錦翁玉の自生地風景。灰色の岩にレモン色のサボ
テンが映えて素晴らしい景色ですね。


こんにちは。
いよいよ花のシーズンの到来ですね!

錦翁玉はいままでのイメージが変わり、
マミ・トラロキーの一つ一つの愛らしい花に見とれ、
ロフォフォラ新種の自生地の様子も知り、
サボテンの魅力と面白さがまた広がりました。

ペディオ、スクレロも楽しみにしています。

確かに頂部の濃い金色の刺で、花を際立てている様に見えます!
それにしても、キレイな花と刺ですね、見とれてしまいました!

トラロキー渋いですね!
マミラリアは、渋い球体にほっこりした花が似合う気がします!

Shabomaniac!さん、こんばんは。
たくさんの種を栽培されているShabomaniac!さんの画像で
はじめて見るものも多くたいへんに興味深いです。
Lophophora alberto-vojtechii 自生地の画像は驚きの環境
ですね、Pediocactus sileri の自生地を連想させてくれる
感じがします。もし雨が降ったらぬかるんでたいへんな所で
はないのでしょうか?
厳しい環境であることはまちがいがありませんね。
とんでもない環境でがんばっている彼らを見るとなんか
心に来るものがありますね!
今後、Pedio.&Sclero.の開花状況も拝見したく思っています。

こんばんは。

錦翁玉、偶然にも同じフィールドナンバーの種子を播いていました!
実に綺麗な花で、今年は種子を採ろうと考えています。
金色の絨毯・・・妄想は膨らみます。

それにしても、ペディオ、スクレロの類は何度播いても
上手く発芽させられません。
課題はいくつもありますが、白虹山を発芽させるのが目標のひとつです(^_^;)。

新年度でバタバタして・・・お返事遅くてスミマセン。

>TouiYukiさん
パロジア(最近はノトカクタスも吸収)はたしかにマイナーサボになりましたね。でも、温故知新の魅力があります。ネジラミ、出ると厄介です。難物サボでは致命的になるので、難物温室は相当に神経を使っています。アクテリックがよく効きますよ。

>アイハルさん
ギムノカクタスは、最近は新カクタスレキシコンなどもツルビニに含める考え方のようです。サブテラvarサブテラは、自生地でも紐でぶらさがるみたいな姿の写真がありますから、あれで良いのでしょうが、栽培場ではちょっと収まりがわるいですね。

>Doremifaさん
むかしのギムノカクタス系も渋くて良いサボテンが多いですね。黒槍丸など、子どもの頃から大好きです。アルゼンチン旅行、素晴らしいですね。天平は私にとっては難物に入るのですが、自生地での様子など是非この目でみたいものです。ブログ報告楽しみにしています。

>masutusさん
うちでも難物咲き始めました。週末は晴れ間があったので何枚か写真が撮れました。いくつかは種が採れそうなので、それも楽しみです。メサガーデンがなくなったら、あとはフリッツ氏のところしか難物サボテンのソースはなくなってしまいそう。マスタス園の開花標本はとても貴重です!

>maritimaさん
トラロキーは、実はどういうサボテンかわからずにあてずっぽうで種を頼んだものです。結構、そんな頼み方をします。とりあえず値段が高い(といっても数百円レベル)ものは珍しかろう、ということで蒔いたもので、綺麗な種類だと嬉しいですね(期待外れも多々)。

>Yuccaさん
このロフォの自生地、ツルビニのロフォフォロイデスの産地とも似ています。おそらく雨期には水没することもあるのでは、と思います。北米難物では、天狼もですが、月想曲やウインクレリなどもこんな粘土の場所に生えています。ただ、もう少し傾斜があり水はけが良さそうです。

>noriaさん
おお!このパロジアを蒔いて育てておられる奇特な方が他にもおられたとは。でも、パロ屈指の美刺種なのだから、当然といえば当然ですね。自生地株のように、サイズが出ても扁平を維持したいものです。スクレロは発芽率をあげるには、針で種皮のごく一部を削り取るのがかなり有効のようです。私は不器用なので厳しいですが、接ぎ木名人のnoriaさんなら、きっとうまくいくのでは^^。


プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる