さあ実生だ!


最近、週末ごとに雪が降ったり、そうでなければ仕事が入ったりで、植物たちは放ったらかし。
こんな管理では、サボテン・多肉以外の植物だったらまずダメになってしまうでしょう。
甫場に行けない休日は、目前に迫った種まきに備えて、名札書きなどに精を出しています。
サボ人にとって一年で最大のイベント?実生シーズンはもうすぐそこです。



resize0943.jpg
                    Notocactus uebelmannianus without locality data



去年はウルトラ駄モノ?花屋サボの定番、ノトカクタスの種まきに力を入れました。
上の写真のスミレ丸(Notocactus uebelmannianus)は、実際に花屋さん出身なのですが、
扁平な球体、スベスベの肌に艶やかな花と、駄モノ界最美種(なんのこっちゃ)と思っています。

で、貴重な産地データつきの種子を去年は色々蒔いてみたわけですが・・・



resize0947.jpg
                    N.uebelmannianus WG123 Guaritas,Rio Grande do Sul,Brazil
resize0955.jpg
                 N.uebelmannianus ssp.nilsonii FS137 SE of Camaqua,Rio Grande do Sul
resize0961.jpg
                    N.allosiphon FS320 Santana do Livramento
resize0964.jpg
                    N.calvescens LB249 Paso de los Libres Arg



うーむ、まだ小さすぎてどれも似たり寄ったり。亜種どころか種のあいだの違いもよくわからん。
そうしたあたり、小さいながらも駄モノオーラがいい感じで出てます。早く花が咲かないかな♪♪
まず典型型と思われるスミレ丸(N.uebelmannianus WG123 Guaritas,Rio Grande do Sul,Brazil)。
1シーズン育ったところではこんな顔ですが、はたして花屋サボに匹敵する優美な姿に育つか。
下のニルソニー(N.uebelmannianus ssp.nilsonii FS137 SE of Camaqua,Rio Grande do Sul)は、
刺がモサモサする多稜タイプのようで、より野草っぽい顔らしい。駄モノ系珍種という扱いですね。
ノトカクタスは他にも蒔いていて、アロシフォン(N.allosiphon FS320 Santana do Livramento)、
カルベスケンス(N.calvescens LB249 Paso de los Libres Arg)など。早く大きくならんかな♪♪
残念だったのは花屋サボ古典中の古典、雪晃(N.haselbergii )の産地データ種子も蒔いたのですが、
こちらは発芽しなかった。いつかまたトライしたい。

種まきワンシーズンの苗をもう少し。



resize0957.jpg
                    Opuntia basilaris Bunkerville,Nevada
resize0959.jpg
                    Opuntia galapageia
resize0967.jpg
                    Cylindropuntia viridiflora SB957
resize0953.jpg
                    Copiapoa griseoviolacea JN812
resize0951.jpg
                    Copiapoa melanohystrix PV239



まずはオプンチア類です。これもここ数年色々蒔いている。
去年は、テフロやプテロなどではなく、いわゆるおしゃもじ型のオプンチアが主でした。
上からバシラリス(Opuntia basilaris Bunkerville,Nevada)、山どり種実生株からの採種。
象ガメの餌ガラパゲイア(Opuntia galapageia)。1歳にも満たないのに既に極めて凶悪な顔つき。植え替え要注意。
そしてキリンドロプンチア・ビリディフロラ(Cylindropuntia viridiflora SB957 Santa Fe,New Mexico)。
おしゃもじウチワとはちょっと雰囲気が違いますね。
コピアポアでは新記載のグリセオビオラセア(Copiapoa griseoviolacea)など数種。
この属は切れ目なく毎年少しずつ蒔いています。


さて今度は、この春蒔くタネですが、今年はチェコの業者には頼みそびれて、
メサガーデンとピルツ、それにケーレスに多肉を少しだけ頼みました。今年のケーレスにはエケベリアの
産地データ種子がたくさん出ています。おととしかな?カンテを蒔いたらどうやら本物だったので
今回はサブリギダを2産地取りました。

メサへの発注はメセンが中心なのでサボテンは少しだけです。注文票をコピペすると・・・


Echinomastus
333-dasyacanthus `carrizalensis' SB725 Luna Co, NM
Mammillaria,
962.5-zephyranthoides Calera, Gto, very fat stem, huge white fl
Pediocactus
#1147.86-despainii SB1947 w Emery Co, Ut, white sp, white wool
Sclerocactus, /4,6,9,11,16-18/ colorful plants, spiny
1219.89-havasupaiensis RP131 Supai, white-pink-purple fl
#1219.92-mesae-verdae RP111 Chimney Rock, CO, all plants with hooks
#1239.57-pubispinus SB1908 Millard Co, UT, yellow-peach-pink fl
1241-spinosior SB740 N. Sevier Co, Ut, low thick stems
1244-whipplei SB736 N. Navajo Co, Az, early yellow flowers
#1244.53-wrightiae SB1747 Emory Co, Ut, squat flat stems



resize0971.jpg

resize0970.jpg
                    Echinomastus dasyacanthus `carrizalensis' in habitat



マスタス・カリザレンシス(Echinomastus dasyacanthus `carrizalensis'SB725 Luna Co,NM)は、
しばらくリストに名前が載っていなかったのが復活したので注文しました。
英丸(桜丸)の刺のごく荒々しくなるタイプで、なかなかカッコいいサボテンなんです。
十年くらい前、こいつの自生地のアメリカ・メキシコ国境の山をうろついていたら、国境警備隊の
ヘリコプターが緊急着陸。手を挙げろ!となって肝を潰しました。そんな想い出深いサボテン。
ペディオ、スクレロは、我が家の標本株?たちが、実生十数年を経てそろそろ世代交代期に入りつつあるため、
いくつか選びました。しかし十数年前、最初に蒔いた時に比べると値段が2-3倍に上がりましたね。
それだけ人気が出たということなら、喜ぶべきなのかな。
あと、私は注文しそびれましたが、白マミの小型名品、五百丸(M.sp SB500)も復活しているとのこと。

続いてはピルツ発注分です。


BLOSSFELDIA
7237 liliputana - P 246, Cuesta Miranda 30 Korn 0,60
4571 spec. - KK 2012 30 Korn 0,60 1,80 ? 5,40 ?
COPIAPOA
5746 calderana - JN 823, Quebr. Del Morado, Atacama 10 Korn 1,20 8,50 ? 25,00 ?
7282 cinerea - PV 2411, Monte Perales, mountain form 10 Korn 1,20 9,00 ?
5380 columna-alba - JN 831, Tigrillo 10 Korn 1,20
ESCOBARIA
7132 grata;P-7132;new!deep red flower
FEROCACTUS
3758 digetii v.carmenensis;P-3758;Isla de carmen



resize0945.jpg
                    Escobaria abdita (grafted)



ピルツにはエスコバリアの新種グラータ(写真上・Escobaria grata)や、フェロのカルメン玉を発注。
後者はいつか自分で種を採ってくるつもりだったのに既に十数年が経過。買ってしまいました。
そして同じくピルツ発注で、去年のノト同様、どばっとマニアックに蒔いたのがこれ。

→後日訂正:上の写真はgrataではなくて、abditaでした。このabditaの顔を思い浮かべて、grataの種を
間違って購入してしまった次第。ちなみにgrataは去年も巻いていました^^;。



resize0935.jpg

resize0941.jpg
                    Rebutia pygmaea MK2639 'haagei ssp.orurensis'



レブチア・ピグマエア(Rebutia pygmaea MK2639 'haagei ssp.orurensis')。
うちにはこの仲間の開花株はこの1クローンだけですが、毎年咲くこの花にやられてしまいました。
なんとも言えぬ甘酸っぱい果物のような色合い。いくら見ていても飽きない。
きけばこの類には花いろ違いが山ほどあるという。しかもその彩りは複雑に綾をなすのだという。
これを蒔かずにいられるか!というわけで発注、発注。実は一昨年もサクシードの種を幾つか蒔いたのですが
今年はさらにピルツから。古い分類名のメディオロビビア(Mediolobivia)という括りでリストアップされています。
頼んだのは、


7069;MEDIOLOB atrovirens pseudoritteri;RH205;Abra de Sama3900m
4852;MEDIOLOB aureiflora eburnea;white flowering
2108;MEDIOLOB diersiana;KHM9433;Mal Paso
4899;MEDIOLOB eos;P513;Cuesta Toquero 3600m
7055;MEDIOLOB eos;RH 327;Yuraj Thuru 3700m
802 ;MEDIOLOB euanthema tilcarensis;OF80-80;orangerot
4933;MEDIOLOB haagei;AW12;Humahuaca 4000m
5539;MEDIOLOB malochii;KHM9840;noerdl Camargo,orangegelb
803 ;MEDIOLOB orurensis;EH8009;Oruro La Paz 3800m
4739;MEDIOLOB pygmaea;ES45;Tafna,selten!
5263;MEDIOLOB pygmaea gavazzii;WR493
1380;MEDIOLOB pygmaea tafnaensis; OF17-72;Tafna,orangerosa
4741;MEDIOLOB rovidana;R333B;Tafna,rosaweiss
3922;MEDIOLOB spec.'Poopo';EH10018



ずいぶんと色んな種類あるんだね、と思うかも知れませんが、この属はほとんどレブチア・ピグマエア1種と
思った方がよい。花いろなど変異が多いので色々な名前がついていますが、基本はほぼ同じ。
花いろがわりで色々集める感覚は雪割草(ミスミソウ)みたいな楽しみ方なんでしょうか。
サボ本体は刺が短くて痛くない、塊根のある白檀(Chamaecereus silvestrii)みたいなもの。
たいへんたいへん地味ですが、ゴムで出来た毛虫みたいな、むにょっと触感に訴えるものがあります。

今年はほかにスルコいくつか、ワインガルチアの新しい名前のものも蒔きました。


7431;SULCO atrospinosa;LH1572;new
5665;SULCO gemmae;JD337
7319;SULCO heliosoides;LH1544;new,spination similar R.heliosa
7022;SULCO horacekii;LH1256;Laguna Molinero
5602;SULCO lepida;WF54;Copachuncho
5429;SULCO tarabucoensis aureiflora;JK191;Sucre-Tarabuco,orange-gelb
5817;SULCO vargasii;WK995; new species

7101;WEIN fidaiana pygmaea;HTH029;Mal Paso 5100m
7309;WEIN frey-juckeri;HJ441;dull green body
5632;WEIN kargliana aff.;HTH106A;El Puente,K.olivbraun,
7371;WEIN pucarensis;HJ1201;nice new species


いやー、それにしても殖やしても売れにくいものばかりよくもこんな沢山。
とても業者は勤まらないですね。難物上等!だけじゃなくて、駄モノ上等!
てなことで。

皆さんはどんな種を蒔きますか?







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

こんばんわ。サボテンの実生いいですね。
こちらは花屋さん出身やサボ専門店出身で掛け合わせた雑種とか、
某オクとか、ほとんど産地データの無い種子を撒いています。
単にクレジットカードを持っていないだけなんですけど。

あかげさまで

アドバイスいただいた通り管理していたら、なんと無事発芽しました!アロエもパキポディウムもなかなかの結果です。腰水はそろそろやめたほうがいいですかね?

ちなみにcycasも8個中一つベロが出てきました。calcicolaです。いい季節の到来ですね。

こんばんは。

今年は、真面目に(!)実生に取り組むつもりで、
手始めに、ロクに手をかけてこなかった数年分の実生苗の植え替え&整理を優先しました。
根の無い苗や生長点の潰れた苗、抜け殻になった苗を見つけるたび、後悔の念が…。

こればっかだと心臓に悪いので、時々接ぎ苗の植え替えやカットなどもしながら、どうにか2/3ほどが終了。
でも、植え替えると場所が3倍には増えるです。

なので、今年はあんまり播けないなぁ~と思っていたのに…。

ついサクシードのHPを覗いたのが運のつき、血迷ってフライレア中心にオトナ買いしてしまいました。
だって、フライレアは種子寿命が短い⇒新ダネは貴重⇒見つけたら即買い、と誰かに教わったのです。

以前、チェコの業者から「フライレア種子お買い得20種類×各20粒セット」を買ったこともあるけれど、
ただの一粒も発芽せず、安物買いのナントカになった経験もあるし…チャンス時は迷っちゃいけないと。

…言い訳はさておき、一旦「買うスイッチ」が入ってしまうと、メサだ、ピルツだ、○○だ~と、
とめどなく暴走する欲望は、何とかならないモノでしょうかねぇ。困ったビョーキです。

今年もやっぱり、播きますよ~。

こんにちは
暖かくなってきましたが、うちの雪晃は60%色が落ちてる…大丈夫か!?
ですが、こういうのを見てるとまた買ってしまうと思います。
ノトカクタスの実生…小町や青王でも色んな顔が出るのかな?

駄モノも難物も分け隔てなく慈しむShabomaniac!さんの実生へのワクワク感がきっちり伝わって来ますね(w)。
一年もののサボたちの子ども子どもした健気な様子も素敵です。
Shabomaniac!さんの情熱に背中を押されて、実生を始めて三年あまり経ちました。
一つも発芽しなかったり、途中で脱落し全滅してしまった種類も多々ありますが、私も今年も懲りずに播いてます(ww)。
Opuntia galapageia、こんな小さな時から植え替え要注意なんですか!?

こんにちは

多くの属に品種。実生への熱い思いが伝わって
きました。

Opuntiaの発芽苗を初めて拝見。
側根の様なのが伸びて、逞しい感じですね。

実生繁殖のスペースが無くて、温室内のサボテ
ンを交配して、毎年、少しずつ蒔いています。
今年も、英冠、月華玉は開花したので交配しま
した。紅廉玉なども採種予定です。

年を重ねてくると、これから実生をして花が見
れるやらと、思うことがあります。
それでも、実生は楽しいからやめられませんね。

以前、九十歳になる静岡の園主さんが、その親苗
は譲れない、交配して春に実生するのでとおっし
ゃった。実生が一番の醍醐味かも知れませんね。

こんばんは。

Escobaria grata、球体に沿う白刺に赤紫花が好いですね。

今年は一年間冷凍しておいたメサのペディオ、スクレロ、マスタスを蒔く予定です。
忙しくてなかなかですが、まずは蒔かないと、あとの楽しみはありませんものね。

こんにちは。

今冬は育苗機で実生してました。アウストロカクタス・太平丸・大龍冠・コピアポア等。
アウストロやエキノカクタスは既にサボハウスに移し最低気温2℃以上で管理してます。真夏と比較し調子良いみたい。


北米高山種とオプンティア系は育苗機の発芽が難しいのでもう少し待ってサボハウス内で播種します。

こんばんは。
サボテンの実生を始めた頃はどうしても発芽させる事に力を入れて、発芽しないともうそのことばかり毎日気になって、、という有様でした。
この頃では蒔いて幾つか元気に出てきたらそれでめっけもの!くらいに気楽に考えられるようにようやく慣れてきました。
今年もまた懲りずに蒔いてみます。それでもどれか育ってくれると思って、それが楽しみです。

field number

Shabomaniac!さん、こんばんは。
植物が好きな人間には、嬉しくまた忙しい時期ですね。
field number の景色を想像しながら、今年も種をまこうかなと
考えています。 昨年自ら採種したものもありますが、それらを
うまく発芽させたいなと、色々考えているのですが、
これがなかなかうまくいかないです。


ご無沙汰してます

実生苗、みんな可愛いですね。やっぱり実生はいいな~。
昨年は忙しさにかまけて種蒔きをお休みしてしまったので、今年はちゃんと蒔きたいです。冬にちょろっとだけ室内で蒔いて、その子達の行き場が既に無いんですけどね…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今週末も良い天気。まだ今年の水遣りをはじめていなかったサボテンにも
やっとぜんぶ灌水できました。

さて、このエントリーに私が接ぎ木苗の写真をアップした新種のエスコバリア、ご指摘もあったとおり、Escobaria grataではなくて、Esc abditaでした。どうもカタログでgrataみつけた時にgrataと勘違いしていました。
で、実はgrataは去年も蒔いていて、きょうその苗をハウスで発見しました。喜び勇んで同じものを二回蒔く、の巻でした。abditaの顔をイメージして種子を買ったのですが、こっちはまだ種あまり出回っていないようですね。


>おきでんんさん
種データのあるなしはオマケみたいなもので、まずはゴマ粒ほどの種から多種多様な、刺、花、育つことそれ自体が実生の最大の楽しみです。自分で蒔いた苗が開花すると嬉しいですよ。

>宮丸さん
アロエも、パキポも、いま発芽すれば成長期がたっぷりとれるので、秋冬の休眠前に充実した小苗になりますね。パキポなんかは小さいと冬の断水で枯れるので、早蒔きは良策。ソテツも先々長く楽しめますね。

>noriaさん
私も同じです。種まきの前にすることだるだろ!とギッシリの鉢から声がきこえてきます・・・。なかなか整理処分が苦手で全部植えたりするので、場所がいくらあっても足りません。フライレアも魅力的なグループですね。刺モシャの毛虫みたいなタイプも好きです。

>TouiYukiさん
雪晃の色落ち…?黄色っぽくなる感じでしょうか。肥料きれ、肥料やけでなることがありますね。小町や青王もいろんなタイプがあるので、実生は面白いと思いますよ。赤花青王なんてのも元はノーマル型の変異で出たものだと思います。

>アイハルさん
難物は心折れそうになることも多いんで、放置しても元気に育ってくれるラクチン駄もの?も実生には欠かせません。オプンチア、小さくても例のチクチク刺があるので、ズボンにささって後で痛痒くなったりしますよ。バシラリスとか大好きですが、植え替え後は必ずそうなります。

>Doremifaさん
英冠、月華、それに紅簾まで、自家採取は素晴らしいですね。サボテンはゆっくり育つので、実生すると十年、二十年先を思い描きますね。いま、一番古い自分の実生が、35年生くらい。私も齢九十になっても種まきを続けたいです。

>masutusさん
Escobaria grata、ご指摘のとおり、白刺に赤紫花が好いサボテンですが、
Esc abditaはミズーリエンシス系の白花ですね。
冷凍種子のPed&Scl、発芽率が上がるとよいですね。こないだ話をきいた先輩は、やっぱりこの類は種皮の一部を小さく剥ぎ取るのが有効、とのことでした。今年はまたそれもやってみようか、と思っています。

>sileriさん
育苗機、つまり加温蒔き床みたいなものでしょうか。太平などが発芽するのなら、高温が必要なサボも大丈夫ですね。幼苗は生育期間が長くとれるので、このまま次の冬まで休ませず育てると効率が良いですね。私も来冬はやってみようかな…。

>saeさん
何年蒔いていても、出る時は出る、出ない種類は出ない、みたいなところがあり、最近はそういうものと思うようになりました。難しいと言われるものも、実生幼苗からつきあっていると、なんとなく性格がわかってきて、付き合えるようなったり…なんてところも実生の魅力ですね。


>Yuccaさん
毎年今年は早めに蒔こう、と思っていても、気付くとGW連休終わってる、という感じです。名札を3月中に書いて、来月半ばくらいまでに蒔きたいです。自分で採取した種の実生はまた格別ですね。自生地のPed&Sclも、そろそろ成長期、マーブルキャニオンのペディオ・ブラディあたりは咲いている頃じゃないでしょうか。


>きくぞうさん
サボテンの種はだいたい寿命が長いので、私も買ったのに忙しくて蒔けず、数年持ち越している種がけっこうあります。置き場所の問題は、なかなか解決できないものですが…。私が、なかなか育たない難物に傾倒したのも、そのあたりに原点があります^^;。エスコの写真、ご指摘多謝です。



>十年くらい前、こいつの自生地のアメリカ・メキシコ国境の山をうろついていたら、国境警備隊の
ヘリコプターが緊急着陸。手を挙げろ!となって肝を潰しました


すごい経験ですね(@@;)


>駄モノ界最美種

なんか笑ってはいけないのですが笑ってしまいましたw
駄ものって言い方他にないのでしょうかw


>l-marshさん
駄モノ、っていう言い方は、花屋さん取り扱い=サボテン専門園扱わない種類なんだと思いますが、花屋さん扱う=花もきれいで育てやすい→是非とも栽培すべきサボテン、と理解してます。
メキシコ国境は今はさらに治安悪化し警備も厳しいようです。魅力的なサボの多い場所ですが行きにくいですねー。

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる