2013年1月1日。


IMG_087777702S.jpg
                  Sclerocactus parviflorus   N of San Ysidro,NM


明けましておめでとうございます。

アメリカ・ニューメキシコの北のほう、コロラドとの州境に近いあたり。
どこまでも真っ白な雪の草原で、ぽつんと、鮮やかな色彩が目に飛び込んできました。
それが何なのかは瞬間的にわかったから、思わず声をあげて駆け寄ったのを憶えています。
サボテンが生きる風景、それまでさまざま見てきたなかでも、もっとも素敵なシーンでした。

スクレロカクタス 彩虹山(Sclerocactus parviflorus)。
麦藁色の刺はあたりの枯れ草に紛れるが、この花のピンクのような色は見渡す限り雪原のどこにもない。
実は花の季節の旅だったのですが、彼ら彼女らの故郷では5月に雪が積もることは珍しくないのです。
きっと真冬の今ごろは、深い深い雪が降り積もり、あたりすべてが真っ白になることもあるでしょう。

今年の冬も、こちら日本ではまたいちだんと厳しく凍える季節になるみたいです。
寒いのは苦手だけど、子どもたちが大はしゃぎで雪遊びに興ずる気持ちは、今でもまだわかる。
頬がちりちり痛くて吐く息が白く浮かぶ、空気の澄んだ朝には、外に飛び出して歩き回りたい。
でもスクレロカクタスは、私みたいに余分な言葉を発することもなく、静かに雪のしたにうずくまっている。
黙る力がある。刺と刺の隙間に、微かな蕾を温めながら。

春、遠からじ。


Shabomaniac!

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

明けましておめでとうございます。

冬の間に辛抱強く蕾をつける植物の姿はいつも自分に元気を与えてくれます。
今年も寒い冬ですが春の素晴らしい花、鮮やかな新刺が楽しみで仕方ありません。

今年もサボタニが元気でありますように

明けましておめでとうございます。

Shabomaniac!さん。明けましておめでとうございます。

雪中で蕾を付ける彩虹山、まさに新春と言った感じですね。

しかしながら、寒さはこれから本格的になりますのでShabomaniac!さんも
風邪など召さないよう、気を付けて下さい。

そう言えばMesaのリストも1月に更新されますね。
風邪など惹いていられないか(笑)

新年おめでとうございます♪

Shabomaniac!さん・・・とっても~とっても~ロマンチスト~ですね( ^▽^)
雪中で蕾をあげる彩虹山~今年の目標に・・・しなくっちゃ~♪あ゛~
黙る力・・・身に染みます・・・

今年も楽しくどうぞよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます。
元旦から素晴らしい写真に見とれてしまいました。

Season's greetings

Shabomaniac!さん、ここに集う皆様、
明けましておめでとうございます。

すがすがしい"parviflorus"の姿に、心をうばわれます。

  本年もよろしくお願いします。

この景色、雪解けの景色に見えました。
日本で言えば、雪の中から顔を出す福寿草か水芭蕉にも見えて、春が遠くないことを物語っているようです。
それにしても、サボテンを含め生物の生育限界の広さを想います。

本年も、よろしく御付き合いをお願いします。

Shabomaniac!さん、みなさん、あけましておめでとうございます。

なにかこう、淡い希望が覗いている...そんな夢のある光景ですね。
今年はささやかでも自分にできるものは何か、もう一度考える年になりそうです。
新しい年がこの星で暮らす人々にとって、幸多いものでありますように。

本年もよろしくお願いいたします。

目の覚める風景です

明けましておめでとうございます。

コロラドの雪に埋もれたサボテン
初めて見る風景で感慨深いです。

この雪の中で、寒風の中で、花を咲かせているのが
驚きです。スクレロカクタスの生命力に感動です。

自生地を訪ねてみたいです。

本年も宜しくお願いいたします。

明けまして3日です!(^0^)
今年もよろしくお願いします♪

にょっ~~~~!?
すっごい絵ですね、これは!
まだまだ勉強不足で、
雪の降るところに生えているさぼちゃんがいるってことに驚きです!!
絶景ですね~。これはすごいです~~~。
熱い中や岩に生えてるサボちゃんを見て
サボの生命力ってすばらしいって思うのですが、
なんだかこっちの方が(雪)もっとそれを感じます!
なんでこんなに過酷なところにいるのでしょうね~。

何処までもまっしろな雪が続く・・・、
と書いてあるから雪だらけなのでしょうに
サボがいるところはちゃんと根っこの周りが土見えてるんですね。
命は温かいですね~(^^)

皆さま、改めまして今年もよろしくお願いいたします。
サボテンはもとより、面白い植物ネタなんでもありで、もりあげてくださいまし。

>ytokさん
冬のサボテンは、じっと身を縮めて春を待つ感じに、透明な美しさがあります。
まだまだ寒い日は続きますが、これからは日一日とひるまの時間も長くなるので、
春―夏成長種でも、気の早いサボテンたちは2月下旬には新刺あげはじめますね。

>New comerさん
新春ぽい写真だなーと思って使ったのですが、じつは5月の写真。1月の今頃は
ふぶいたりもするそうです。もうすぐメサのリストもアップされますね。今年は
なにか面白い種類が登場するかな・・・。

>takoyashikiさん
この写真撮った同じ日、同じNMの別のスクレロ産地では雪が50cm以上つもって
探索不可能でした。日本の安曇野あたりよりも寒い気候だと思います。寒さにも
暑さにも渇きにも耐えて、実に頭の下がります。←と、いちいち黙り力がない私。

>cooパパ さん
もともと無精で年賀状などもお返事ベースになってしまうのですが、一年の計は
なんとか…と言いますから、綺麗な写真を飾っておきたいなと。でも一般のひとは
サボテンが雪のなかに生えているって、けっこう違和感があるかも知れないですね。

>Yuccaさん
このあたりもよく旅されているYuccaさんはよくご存知だと思いますが、冬場はユタ、
コロラド、アリゾナ北部などは積雪、氷結でハイウェイも通行止めになりますよね。
オレゴンやワシントン州あたりの月華玉の産地など、冬はどんな景色だろうと憧れます。

>queiitiさん
お正月の飾り物、フクジュソウが雪からつぼみをあげる風景も、なんとなく心のなかに
あって、こういう写真をアップしたくなったんだと思います。ペディオ・スクレロが
東京あたりの冬ではなんだか物足りなそうな顔をしているのも当然かもしれませんね。

>noriaさん
自分が生まれたころと、今とで、世界はよくなったのか、それともその反対なのか・・・
子どもたちの顔を見ながら考えしまうこともあります。おっしゃるとおり、淡い希望
であってもしっかり胸に抱いて、自分のできることをやっていきたいですね。

>Doremifa さん
これらのサボテンの生えている地域は、全体に生物の密度が低めで、メキシコやテキサス
南部みたいに、何種類もサボテンが生えていたりはしないのですが、その分、ひとつの種
を一日かけて探す楽しみもあります。ぜひ北米高地のサボテンにも会いに行ってみて下さい。

>l-marshさん
この場所はスクレロカクタスの自生地とししてはさほど北でもなく、標高も中くらいです。
一年のうち9か月は雪があるような場所にもあります。その分、彼らは蒸し暑さとかは苦手で、
それゆえ日本に持ってくると「難物」なんて呼ばれてしまうんですよね。


ともあれ、今年もご一緒に植物を楽しみたいと思います。よろしくお願いします。

後れ馳せながら、明けましておめでとうございます。

5月の雪に埋もれたparviの写真、初めて見ました。
ニューメキシコの雨量は冬に多いようですが、夏も少なくないことを見せていただきました。
世界的にもトップクラスのShabomaniac!さんの自生地の写真、今年も楽しみにしています。

>masutusさん
今年もよろしくお願いします!難物栽培最強名人&屋上屋外栽培先駆者として今年もいろいろアドバイスを頼みます。このパルビの生えるあたりも、冬はしばしば道路が封鎖(吹雪や氷結で)されるところだそうです。この日は5月ですが、フリース+ヤッケが必要な寒さでした。しかし翌日は30度超えました。

明けましておめでとうございます

雪とサボテンの花。
サボテンの力強さ、底力感じる写真ですね。

サボテン…乾燥にも暑さ寒さにも耐え鮮やかな花咲かせるる植物。昔の「Life」誌見て好きになりました。

本年もよろしくお願いいたします。

後れ馳せながら、明けましておめでとうございます。

自生地の様々な環境を知ると、つくづく感慨深い生き物ですよね。

ニューメキシコは、サボテンや植物以外にも面白そうな物がたくさんありそうなので、自生地に行くときは最初に訪ねてみたい州です。

本年も宜しくお願いいたします。

>遍路さん
いまはネットで自生地の写真もすぐに見ることが出来ますが、少年時代、国会図書館まで通ってcacatus&succulent journalの写真を見て感激したことを思い出します。サボテンが生えている様子そのものが奇跡に見えましたね。

>maritimaさん
ニューメキシコは野の花もとても綺麗ですし、ネイティブアメリカンの遺跡などなど、ふつうの旅行者が楽しめるポイントもたくさんありますね(といって、連れを口説いたのですが)。ぜひ訪ねてみて下さい。

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる