ダイヤモンドリリー。

と、呼ばれているけれど、どのくらいキラキラするのかと言うと、言葉でいうほどあからさまなものじゃない。
よく晴れた初冬の日。斜めに差し込む陽射しに、花弁に小さな光の粒を散らしたように輝くのです。
その微妙な美しさは、なかなか写真に再現するのが難しい。



IMG_9990S.jpg

IMG_9994S.jpg

IMG_9946S.jpg
                           Nerine sarniensis hyb.


うーん・・・あのキラキラ、やっぱり写ってないなぁ。なんでだろ。
これらはネリネ・サルニエンシス(Nerine sarniensis)を元に改良されたもので、このブログが縁で、
さる育種家の方からから頂いたもの。私のサボテン流ズボラ栽培でも、季節になれば見事に開花してくれる。
自生地は険しい岩山のような場所らしく、そんな場所でこの可憐な花に咲いている姿を想像すると、
いつか会いにいきたくなります。



IMG_9980S.jpg

IMG_9989S.jpg



とはいえ、現実の人生は相変わらず仕事漬けで、それ以外のことが放ったらかしの日々です。

そういえばもうすぐクリスマス。おとなになって暫くは、特べつ感慨もなく過ごす日だったのですが、
この数年は、子どもたちがツリーを飾り立てたり、サンタはまだか、とうきうき過ごしているのを見ていると、
こちらも少しは気持ちが浮き立つような。
このネリネも、色あいからか、子どもたちはクリスマスのおはなー、と呼んでいます。
本来は秋の花なので、今年は開花が遅れているようですが、この季節に眺めるのも素敵ですね。
吐く息が白い、冷え込んだ朝。ダイヤモンドの輝きがひときわ輝いて見えます。






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

御無沙汰しております。

こんな球根もお持ちなのですね。少し以外でした。
二色揃って咲いてるといいですね。

お忙しいそうです。年末年始はゆっくりお休みください…。

写真で見ても十分な美しさですが、ダイヤモンドが見えたらさぞかし魅力的な花なのでしょうね。
こちらではアマゾンリリー(ユーチャリス)が咲いてくれました。

>zillionさん
幼稚園時代のヒヤシンス水栽培が園芸の出発点?だから、球根植物は好きですね。サボテン多肉と同様、多少無精な管理でも元気でいてくれる、ということもあります。ネリネは頂き物ですが、美しいだけでなく、丈夫で栽培しやすいところも良いですね。年末年始、ゆっくりしたいです^^。

>cooパパさん
ファインダー覗いたときには、花びらのキラキラ感、見えてたんですよ。でも改めて液晶モニターで見てみると・・・消えてる。不思議なものです。ネットで検索しても、キラキラ感がちゃんと写っている写真はほとんどない。となると、あの輝きが一層ありがたいものに思えてきます。

ダイヤモンドリリー、私もその輝きに魅了された一人です。
花色や個体によって輝き方が微妙に異なり、それがまた深入りしてしまう理由。
彼女たちのキラキラの撮影はなかなか思うようにいかず、天候や太陽の傾き具合、デフューザーを使った軽い散乱光下などなど、いくら工夫しても仕上がりはバラバラ。
以前「プロでも難しいから...」と言われたので、写真の出来はカメラマンの腕ではなく、彼女たちの気分次第なんだと思うようにしています。

>noria さん
そうなんです。ネリネの花のダイヤモンドの輝きは他にあまりない美しさですね。太陽光線が斜めに射しこむ具合のときにいちばん輝いて見えます。ちょっと光の加減が変わると消えてしまう輝き。なんというか、蜃気楼とかオーロラみたいな、幻想的なところがありますね。彼女たちに気に入られるように頑張って、来年また良い写真を撮ってみたいと思います。

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる