我が家の一点モノ③菊水


IMG_8066S.jpg
                 Strombocactus disciformis  imported more than 30 years ago


菊水(Strombocactus disciformis)です。もう30年あまり我が家で過ごしている、古い古い原産地球。
まだ少年だった私が、逗子の高台にあった平尾博さんの「シャボテン社」を訪ねたおりに求めたものです。
「シャボテン社」からは、それ以前にも通信販売で何度か植物を購入していましたが、実際に圃場を訪ねたのは
この時が初めてでした。急な階段をのぼり、蒸し暑い夏のガラス温室(当時はビニルハウスはまだ主流では
ありませんでした)に入りました。「ゆっくり見て行って下さい」と言われて、何だかかえって緊張したのを覚えています。
そこには鮮やかな刺、立派な球体の輸入シャボテンがずらり並んでいて、目に飛び込んでくる植物すべてが
キラキラ輝いて見えました。その中で、どうしてこれを選んだのか。ほかにどんな種類を求めたのか・・・。
ともかく、この日連れ帰った植物で今も手元に残っているのはこの菊水だけです。丈夫なんですね。



IMG_8068S.jpg

IMG_8091S.jpg

IMG_8084S.jpg



硬く、乾いた風貌。頑丈でもの静かな植物です。
生成りのハンカチみたいな色の花が毎年たくさん咲きます。ゆっくりではありますが、初夏の頃には新刺をあげて
成長もします。来たときは学名どおり円盤のよう平べったく、実に端正な姿でした。将来、見事な大球になるかな、
それとも綴化するかな、と期待しましたが、30年を経てその大きさはほとんど変わりません。
かわりに高さが少し伸びました。正確に言うと、新しく育った分だけ、過去の成長部分が球体の下の方に
たくし込まれるような具合になって、僅かずつ高さが増して、きのこのような不思議な形になりました。



IMG_8076S.jpg
                    Plant on the right is grown from seed IMG_8061S.jpg



隣にならべたもうひとつの菊水は、先のシャボテン社菊水から20年ほど遅れてやって来た実生の株です。
ちょうど花が咲いていたので撮ってみました。古い方の株も、ほぼ同じ花を咲かせます。両者のタイプは極く近い。
後から来た株は最初3cmくらいしかありませんでしたが、扁平なまま毎年直径を増やし今では追い抜いた様子です。
してみると、古いキノコ型菊水の径がまるで増えないのは、育て方というよりこの個体の個性なんでしょうね。
年月を重ねたぶんだけ、貫禄を増すサボテンばかりではないのですが、このキノコ菊水には、扁平でハンサムな
後輩を寄せ付けない風格がある気がするのは、私の思い込みでしょうか。



IMG_8098S.jpg

IMG_8100S.jpg
                      3 years old seedling of S.disciformis


この菊水、インターネットで調べれば自生地の写真がたくさん出てきますが、メキシコ・イタルゴ州などの、
粘土の崖みたいな場所にへばりつくように生えています。硬質で乾いた外見とは裏腹に意外に水は好きです。
ただし、扁平さを維持するには強い光線と乾き気味の栽培が必要。
特筆すべきは粉末のように微細な種子で、それゆえ昔は実生が不可能みたいに言われており、私も長年にわたり
種が出来ても放置していました。ようやっと実生にチャレンジしたのが数年前のことです。
ピートモスと微粒赤玉(芝目土)の混合用土に播種し、水を切らさないように数年間辛抱します。
写真の実生苗はまだ4-5mm程度しかありませんが、実生3年目の今年ようやく植え替えサイズに達しました。



IMG_9159S.jpg



こちらはその同じ実生苗をキリンウチワに接いでみたもの。上手な人は播種数ヶ月の1-2mmの苗を接ぐそうですが、
私の技量では3年経ってようやくです。でも、それから数ヶ月で開花しました。これはこれでかわいらしい。
菊水と良く似た環境に生える花籠(Aztekium ritteri)や南米の松露玉(Blossfeldia liliputana)なども
同様な微細種子ですが、いずれも自生地の崖面にうまいことくっつくのに適しているのでしょう。
細かい土に蒔き、しばらく辛抱、それから実生接ぎ、というやり方なら誰でも種からの栽培が楽しめそうです。



IMG_4261S_20121020203556.jpg
                  S.disciformis ssp. esperanza × Turbinicarpus alonsoi


長らく一属一種だった菊水ですが、最近になって赤花菊水(S.disciformis ssp. esperanza)が記載されました。
これは大きくなりにくい性質があるようですが、姿は菊水そのもので、濃いピンク色の花を咲かせます。
同じ場所にツルビニカクタスのアロンソイ(Turbinicarpus alonsoi)が生えており、よく似た花です。
ちなみにこの2種は容易に交雑可能で、その種子からは見かけ上ほぼ赤花菊水に見える株が育ちます。
上の写真がその交配種で、さる名人からの頂き物。肌に微妙なシワが入るところ以外、目立った違いはありません。
ほかにも、最近の自生地探訪者が、刺の長いタイプや小型のタイプなど、産地ごとに色々な名前をつけて
流通させていますが、赤花菊水ほど顕著な違いがあるわけではなさそうです。
ともあれ、我が家の菊水は、ある意味かわりばえしない、いちばん古典的なタイプだと思います。



IMG_8067S.jpg



30年前といえば、ずいぶんな昔。いったい自分は日々何を考え、どんな目つきで世間を見回して暮らしていたのか。
あの頃、一緒にいた人や眺めていた風景は、遠い彼方へと過ぎ去って朧ろな記憶の片らが残るばかりです。
変わらない姿のこの菊水には、たぶん全然違うペースで時が流れていたんでしょう。この先さらに30年が過ぎても、
やっぱり大きくもならず、立派にもならず、春がくれば地味な花をほっこり咲かせるだけなのかな。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

素晴らしい

こんばんは

この菊水、Shabomaniac!さんには、大切な思い出の一品ですね。
記事を拝読して、私も30年前を思い出しました。

シャボテン社も懐かしいです。訪問はしておりませんが、カタログで注文しておりました。

30年前は、業者さんを訪ねて、くしゃくしゃの新聞紙に包まれた輸入球を物色するのが楽しみでした。

長い間付き合ったサボテンには、言い知れぬ愛着が湧いてくることでしょうね。栽培の苦楽を共にしてきた相手ですから。

実は、私も同じ時期に、大阪Y園から菊水を購入しました。輸入したばかりの径11㎝、高さ3㎝程度のぺしゃんこの菊水でした。30年付き合って、径は出ませんが、上に伸びて、そのうち綴化しました。現在、幅7~8㎝、綴化面20数㎝です。

菊水は、本当に丈夫ですね。それと、生長遅鈍の様に見えて、長いスパーンで見れば大きく育っていますね。

大切に育てられた菊水、素晴らしいです。感動しました。

こんばんは

中断したのでうちには12年以上の苗はありませんが、中断していなかったとしても
この力強く端正な二つの菊水のようには育てられていないと思います。
現に、うちの10年ほどの菊水は、無遮光でもこのように扁平ではありません。
Shabomaniac!さんにしてもDoremifaさんにしても、焦らずゆっくりと
丁寧に育てられているのがわかります。
サボテン栽培の真髄を教えられたようです。
ことし初めてこの微粒の種まきに成功してしまいましたが、
30年は無理としても、扁平な姿の実生苗に育てたいです。

実生3年目で4~5ミリ・・・。

一年で1ミリ・・・。
衝撃的です。

私も頑張ります(^^)

ピートモスと微粒赤玉(芝目土)の混合用土に播種し、水を切らさないように数年間辛抱。
こんなふうに詳しく実生での要点を教えていただくとそれでは試しに私もまいてみようかなとそんな気になります。
それからこれはつまらないことでちょっとお尋ねするのが気がひけたのですが、見るとこの菊水は巻きかた?が成長点から左巻き、右巻きと両方あるようですね。
これはどうして一様でなくそうなるんでしょうか?(笑)他のサボテンでもよくあることですか?

>Doremifaさん
ブログで、素晴らしい綴化菊水、拝見しました。その昔の本にも菊水の綴れは載っていて、あこがれました。うちのも、同じくらいの年月がたっていますが、姿があまり変わらないのはそういう性質なんでしょうね。地味な個性ですが、それはそれで大事にしてやろうと。こういう動きの遅い植物のほうが私にはあっているようで、長く居ついてくれます。

>masutusさん
サボテンの刺や形や、花つきなど、個体による差はけっこうあります。実生するとよくわかりますよね。masutusさんのところなら、ペタンコのかっこいい菊水が仕上がると思います。同じ微細種子でいえば、菊水を蒔いたのも最近ですが、花かごは未だ蒔いたことがありません。ヒントニーは、10余年前に、高価な種を輸入して蒔いたものが、やっと5cmくらいで咲くようになりました。

>l-marshさん
菊水も上手な人なら1年目で5ミリくらいまで行くのでは・・・。それで接ぎ木すればその年のうちに開花まで^^。
でも、私の場合は栽培場がすぐにいっぱいになってしまうので、成長の遅い植物の方が好都合だったりもします。小さい種は、目の粗い用土だと乾いてしまうので、ピートモスや芝目土を使い、水やりも鉢底から。いつも湿りがちにしているので、コケが生えやすいのが難点ですが。

>saeさん
なるほど…菊水のクルクル渦巻きに右回りと左回りですか…いままで気づきませんでしたが面白い発見ですね!
渦巻きといえば、アロエのポリフィラのロゼットなども有名ですが、これも右巻きと左巻きと両方あるそうです。うちの実生菊水は件の新旧2株のかけあわせですから、ここからどっち巻きがたくさん出てくるのか…あたらしい興味がわいてきました。

Shabomaniac! さま今晩は。
風格ある菊水ですね。根際の老化が風格あって見事です。
sae様の発見すごい!
明日いろいろ観察するのが楽しみになりました。

>遍路さん
根際の老化、風格と評価してくれる方がいて菊水も喜んでいると思います^^。サボテンは一生の友ですね。螺旋のとらえ方ですが、なんというか疣と疣の美妙なズレが螺旋を浮かび上がられせるのですね。実生苗をいろいろ検分すると、螺旋が浮き上がらない株もありました。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる