あれ蒔きこれ蒔き。


IMG_7280S.jpg
                      Uncarina grandidieri with 'fruit'


ようやく梅雨あけです。そして酷暑の季節。
栽培棚で、とげとげのウンカリーナ(Uncarina)の果実が風鈴よろしく夏を告げています。
サボテンたちにとって過酷な"空中プール"の季節が終わりましたが、去年はそのあとの炎熱地獄で斃れた植物も
多かった。ことしは冷夏、との予報もありますが、さてどうなることか。



IMG_7248S.jpg
                   2 months seedling of various cacti


さて、例によって例の如く、今年も先行きを考えないであれもこれもと種を蒔きましたが、
ふた月あまり経過し、発芽したものしないもの・・・と、だいたい答えが出揃って来ました。



IMG_7245S.jpg
                   Gymnocalycium spegazzinii IMG_7249S.jpg
                   Astrophytum caput-medusaeIMG_7247S.jpg
                   Eriosyce napina ssp. challensis


まずは成績の良かったもの。
ギムノカリキウム(Gymnocalycium)やエリオシケ(Eriosyce)などは、大変古いとか、
質の悪い種子でなければ、だいたい良く生えます。
最近は蒔き土(表面の土・・・鉢の下2/3はふつうの培養土)をピートモス主体のものにしていますが、
微少な種(苗)でも根がよく絡むようで、発芽後の立ち上がりが順調です。
南米ものにはとくに合う印象。ぜひお試しください。



IMG_7255S.jpg
                   Various Selenicereus seedling
IMG_7254S.jpg
                    Wittia amazonica


今年は、森林性サボテンもいろいろ蒔きました。何年先かわからないけれど開花が楽しみな
夜の女王の仲間(Selenicereus)、何度も蒔いては冬に失敗している青紫花!の着生サボ、
ウイッチア・アマゾニカ(Wittia amazonica)などなど。いずれも沢山発芽したので、今回は
寒がらせないようにして、生き延びさせてやりたいところ。



IMG_7238S.jpg
                   Fouquieria fasciculata
IMG_6985S.jpg
                   Pachypodium namaquanum


多肉も少ないながら数種類蒔いています。フォークイエリア(Fouquieria fasciculata)などは、
発芽2か月でこんなに育ち、既に鉢上げしました。パキポジウム光堂(Pachypodium namaquanum)は、
十数年前に蒔いて以来の実生。このとき蒔いたものは既に開花株に育っていますが、なかなか自家採種が
難しく、久々に5粒の種を購入。まずまずの発芽率です。

そして、お馴染みペディオ・スクレロ(Pediocacatus&Sclerocactus)などの難物種は、こんな状況。



IMG_7224S.jpg
                    2 months seedling of Pediocactus&Sclerocactus
IMG_7229S.jpg
                    Sclerocactus nyensis SB1460
IMG_7230S.jpg
                    Sclerocactu mesae-verdae SB1010
IMG_7228S.jpg
                    Pediocactus peeblesianus ssp. fickeisenii RP145


ここ数年、これらは今頃の時期に屋外で雨ざらしで蒔いていたのですが、発芽率はアップするものの、
その後の管理が行き届かずダメにすることが多かった。発芽したばかりの苗は豪雨に長時間曝されると
一瞬でダメになるのですが、仕事のある平日は放置するほかないので、残念な結果がしばしば。
なので、今年は早々に温室内で実生しました。ごらんの通り、発芽状況はポツポツといったところで、
オールスターには選ばれない打率・・・2割ちょっとといったところです。

この仲間は発芽したての苗の根が地面を這い回るものが多いので、芽を出すたび、いちいち串で鉢土に
穴をあけ、そっと植え直してやりました。発芽した苗は腰水状態に置くと痛むので、ある程度発芽したところで
腰水を外し、乾いたら灌水するスタイルに移行。なので、水浸けにしておけばもっと芽が出たかも知れません。
本来なら、発芽したものを別の鉢に移してやるべきところ、場所も手間もゆとりなく放置状態で申し訳なし。


そしてこちらはシーンと静まったままの蒔き鉢。



IMG_6800S.jpg
                   low germinating rate of Opuntioideae


去年に続いてことしも結構蒔いたオプンチア類ですが、やっぱり出ませんね。打率1割未満。
これじゃ即座に登録抹消です。この仲間の発芽はとても不思議で、数ヶ月、1年、あるいはそれ以上経過してから、
突然にゾロッと一斉に芽を出すことがあります。こちらも硬い種皮を傷つけるとか、酸で処理するとか、
ひと工夫ふた工夫の余地はあったのかも知れませんが、結局作業する時間がとれず、ふつうに蒔くだけで
手一杯でした。あれもこれもがイカンのですね・・・と反省すれど進歩なし。



IMG_7216S.jpg

IMG_7214S.jpg
                   Sowing seeds of Opuntioideae 'exposed to the rain'


で、あらためて梅雨明け時期の豪雨と熱暑のリピート効果に期待して、屋外雨ざらしで再チャレンジです。
栽培下では最稀少種ともいえる、ラゴプス、フロッコサなども入っています。これらは去年購入して蒔いた残り。
去年は発芽ゼロでしたが、今年になって発芽した、という方の話も聞き、いやでも期待していしまいます。
ラゴプスは最高に素晴らしい植物ですが、もっとも標高の高い場所(ほぼ5000m近い)に生えるだけあって、
栽培は至難。接ぎ木苗は稀に入手できますが、まず根下ろし出来ないので、実生から是非とも育ててみたいと
思っているのです。出ろ!デロデロ出ろ!


最後にこちら。



IMG_6778S.jpg
                   Agave utahensis ssp. eborispina


去年さんざん書いた、開花して枯死したアガヴェ・エボリスピナ(Agave utahensis ssp. eborispina )。
わずか十数粒だけ自家授粉で実った種を蒔いたものです。ちゃんと発芽してくれました。
ちなみに、下の写真は同じ枯れ株が脇から吹いた子を挿したもので、こちらもちゃんと活着しました。
とはいえ、これらの幼苗が、親とおなじ見事さに到達するまでには、すくなくとも十数年はかかるでしょう。



IMG_6775S.jpg
                  'The heir' of old dead ebolispina


園芸は未来に夢を繋ぐ道楽、と心得て気長に待つことにします。
しかし、こうして書き連ねると、いかにも脈絡なく、節操のない蒔き方をしているなぁ。
だから、栽培場も混沌雑然と足の踏み場もなくなっていくわけだなぁ。

さあ、暑い夏とくれば、
そろそろ秋の実生を準備する時期ですね!





テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

Shabomaniac!さん、こんにちは。

いや~いろいろと出てますねぇ。育ちも揃って順調そう・・・さすがですね。
播種用土は「タ○イ」の種まき土あたりでしょうか?
私はもっぱら赤玉土主体の「芝の目土」を使っていますが、発芽苗の育ちにばらつきが出るので要改善というところです。
以前これに調整ピートモスを3割くらい加えてみましたが、比重が違うせいか分離して結果はよくありませんでした。
こんどブレンド済の「種まき土」を試してみます。

ウチワ類の種子、私も性懲りもなくアレコレ取り寄せました。
3ダースほどの播き鉢を並べてあるものの、発芽した種類は1割がやっとです。

ただ嬉しいことに、3年前に播いたフロッコーサが何の前触れもなくいきなり発芽!
そして昨年播いて音沙汰なかったO.マクロケントラやG.白峰などが一つずつ発芽!
・・・これだから「ウチワ播き」は止められないのですね。

ギムノなんかは発芽しまくっていますね。やっぱりスクレロ、ペディオは発芽率低いですか。
ウチもFouquieria diguetiiを蒔いて、すでに鉢上げしています。なかなか好成績でした。
団扇では、Maihueniopsis coloreaが結構発芽してくれました。

団扇サボテンの特にゲンコツサボと呼ばれているものの双葉は出てくれると見た瞬間ドキっとしてしまいます。嬉しくてその後は何回もラベルを確かめたりしてしまいます。
でも私の所では一斉にとはなかなか発芽しません。
一・ニ本では私にはその後無事に残すのも難しいです。
先日思い切って発芽苗を移植して同じトレーを今度はShabomaniac!さんのように完全に雨曝しにしてみました。
それからアガヴェ・エボリスピナは先の楽しみに繋がってほんとに良かったですね!

アガヴェ・エボリスピナ、良かったですね。
>園芸は未来に夢を繋ぐ道楽
まことに至言ですね。

私のところの夏実生ももう直ぐ播種一ヶ月になりますが、発芽率はあまりかんばしくありません(涙)。
難物たちが気まぐれなのは仕方ないとしても、ギムノたちまで非常に景気が悪い状態です。
自家採種のものはボウボウになるくらい発芽しているので、取り寄せた種が古かったのか……。
発芽しなかったスクレロ・ペディオは盆過ぎにでももう一度腰水してみることにします。

偶然のなせる業で、たまたま私のところでラゴプスが発芽してしまいましたが、ご説明を聴き、うまく夏越しできるのかと心配です。
栽培名人のところで発芽してくれたら、日本のサボテン界にとっては良かったんでしょうが。

アガヴェ・エボリスピナの発芽と子苗の活着、この時期、なんかホッとさせられました。
「あれ蒔きこれ蒔き。」を読み終え、遅まきながら、昨日スクレロ、ペディオの古種と自家採種の英丸、直刺白宮殿を2リットルのペットボトル30個の下1/3を利用して播きました。
空調のある窓辺で、ですが、時期外れで古種の結果が出たら報告します。

Pediocactus結構根が暴れますね。
つまようじで挿して植えるんですが、結構骨でした。

Astrophytum caput-medusaeの幼苗は、何度見ても、あ 怪しい。

うちのベランダでは、なぜかWittia amazonicaがすこぶる成績がいいです。
初期に半分ほど消えた後は、脱落株が殆ど出ず、既にワカメが8mmまで延びてきました。
意外と成長早いんでしょうか。
まだ20以上残ってるので、今年は成功しそうな感じです。

播種床覗くときo(^-^)oワクワク 

やはり出ないのは出ない☆=>=>=>(+_+。)其れでも懲りずに種買っちゃうんですよね。ウーリッヒのsileri発芽率15%程、思ってたより良かったです。ブルノの南北難物種と団扇サボはほぼ全滅、今年のブルノにはがっかりです。
ADBLPSは思ってたより良かったです。
此方の発芽も北米難物種以外は終了です。

こんばんは

実生は楽し!ですね。
こんなに多種・大量の種蒔きには恐れ入りました。
私の想像以上の労力と根気を要することで、敬服
致します。

捲き土の下のピートモスは参考になりました。
これなら青カビが出ないことでしょう。

北米の種子、地面を這ったり、絡んだり、根腐れ
が出たりで面倒です。
拝読して、串で穴を開けて根を入れるなど、きめ
細かな対応をされているので、なるほどと反省。

秋の準備には、触発されました。
第2弾をもう一度、蒔いてみようと思いました。

さすがたくさん播かれてますね森林サボテン気になります。寒さに弱いなら家では冬越しが難しそうです。
今年は春はそんなに負けなかったのでこの秋すこし播きたいなあと思っています。いつも本当参考になります。

Agave eborispina発芽したんですね!

自分もAgave utahensisを初めて蒔いてみたのですが、かなり発芽してくれました。

あと、shabomaniac!さんのホームページを見て興味を持ったスクレロも蒔いてみましたが、こちらはまだうんともすんとも…

>noriaさん
お久しぶりです!蒔き土はご指摘どおり、タ○イの種まき土と、足りなくなったぶんコ○リの種まき土のミックスです。同じピートモス主体でも、パーライトなどの配合の塩梅か、自分で混ぜた時より、分離しにくく水通しも良いようです。ウチワの種はいつか出ると思うので何年も前のものも残しています。あのフロッコサもまだ諦めずに保存してあって、秋に雨に打たせるつもりです。

>roka79さん
ペディオ・スクレロはあまり出ないですね。ギムノやエリオシケなどで出ないものは、種がとても古いか、保管状態が悪かったんだと思います。ただし、Eriostce umadeaveだけはうちでは発芽しないですが。Maihueniopsis colorea、発芽嬉しいですね。この種は比較的コンパクトに群生するので、鉢植えで鑑賞するにはよい南米ウチワだと思います。

>saeさん
ウチワ類は、なかなか発芽してくれないので、双葉を見つけた時は嬉しいものですね。私のところでも一斉発芽は稀で、ただ、十数粒蒔いたもののうち3-4本が同時に、しかも随分経ってから出ることが多いです。ひとたび芽が出てくれれば、あとは比較的丈夫に育ってくれるし、大きくなれば葉挿し(カキ子)でも増えてくれるので数は多くなくても良いかなと^^;。

>アイハルさん
エボリの子は、実生、カキ子とも順調です。カキ子のほうは親の顔が判っているので、実生苗もカキ子と
顔を比べれば、先行きどんなタイプになるかも見当がつきそうです。長い目で楽しもうと思います。
実は雨ざらしチャレンジと同時に、一般サボの屋内蒔きも少しやったのですが、5月に蒔いたものに比べて成績悪し。夜温が下がらない酷暑期の実生はよくないのかも知れません。

>queiitiさん
ラゴプス、その後は元気にしていますか?今年の夏はやっぱり猛暑のようなので、高山植物そのものの、この種類にはなかなかしんどいかも知れません。でも、queiitiさんのところで発芽したということは、ラゴプスがqueiitiさんを選んだのだから、きっとうまく育つことと思います。うちには接ぎ木苗しかありませんが、夏は休み、よく動くのは秋口以降ですね。

>masutusさん
エボリの種、自家授粉で結実率も低く種数少なかったので、発芽率も悪いかな?と思ったのですが、意に反してほぼ100%の発芽率で、白子混じりもありませんでした(斑入りなら歓迎なんですが^^;)。真夏の実生は、空調のある窓辺、というのが良いかも知れません。温室内で真夏に蒔いたものは、あまり
発芽せず、鉢にコケばかりはびこってます><。

>さくさん
ペディオ、スクレロ、エキノマスタス、みんな根が這いまわるので手を焼きます。放っておくとダメになることも多いので、面倒ですが(あまり多く発芽するわけでもないので)、竹串などつかって植え直してやっています。Wittia amazonica、開花までどのくらいかかるんでしょうね。自分の蒔いた株が、あの青紫の花を咲かせてくれたら楽しいですね。

>sileriさん
天狼の発芽率が15%あれば上首尾だと思います。新しければ良いという訳でもなくて、山で実っている種を拾ってきても、ぜんぜん出ないこともありました。一方で冷蔵庫で5年くらい寝かせていたものがわりと発芽したり・・・どういう仕組みか皆目わかりません。ADBLPSは頼んだことがないのですが、リストには面白いものもありますね。来年は頼んでみようかと・・・。

>Doremifaさん
あれもこれも蒔いて、でも結局蒔きっぱなしで植え替えず放置したりして、植物たちには申し訳ないこともしています^^;。ピートモスは、ギムノやパロジア、菊水など、種の小さいものにはとくに良いです。青コケは、「ホーマイ」という殺菌剤を播種時と1週後、2週後に使いはじめたら、コケの増殖を抑制するらしく、腰水をひと月くらい続けていてもわりとなんとかなっています。

>グリトグレさん
森林サボも、すべてが寒さに弱いという訳でもなくて、リプサリスやセレニケレウスなどは去年の氷点下6度のハウスでも実生苗が越冬しました(アマゾニカ、アロハドアなどは×)。毎年種蒔きをするようになって20年くらい経ち、栽培場にある植物の9割くらいが自分の実生品になりましたが、それでも立派な標本と呼べるものはあまりないのです(涙)。

>maritimaさん
ユタエンシス、実生苗は丈夫なので、成長期は(春~初夏、初秋~初冬)はたっぷり水をあげると良いです。ただ、生長は遅くて、いちばん古い十年ものの実生でも、5寸鉢に収まっています。実生して5年くらいから、刺の特徴が出てきて、株ごとの個性というか、顔が見えてくるので、実生の楽しさを実感します。ペディオ・スクレロは、ひと月して出なかったらいったん乾かして、しばらく間をあけてから再び水と温度を与える、の繰り返しを試してみて下さい。気まぐれに発芽するやつがいるかも知れません^^。

>夜温が下がらない酷暑期の実生はよくないのかも知れません。

なるほど、確かにそんな感じしますね。
来年はもっと早く播いて、夏には実生接ぎが出来るよう準備します。
そう言っていても、たぶん泥縄になるんですが(w)。

夏の実生の結果

7月22日に窓辺で播いて10日ほどですが、意外に好調でした。
温度は最高35℃、最低25℃前後で、鉢の中の温度は蒸発潜熱でそれぞれ4℃ほど下がります。
CAM植物が活動する、夜間温度5℃から25℃であれば何とか、という思いで播きました。

今のところ、昨年のMESAの種は白紅山、シュレセリ、斑鳩、紅簾玉、英冠、アルバーソニィは10~20%といったところですが、スクレロ・ハバスパイエンシスが60%、パラディネイは40%ほど発芽しました。
今年採種した英丸、藤栄丸、テトランシストラ、黒王丸、菊水は80%以上発芽しています。
菊水を除き、赤玉細粒で厚さ5mmほどの覆土をする自生地仕様で、少し乾いたら夜間に水をやっています。覆土をすると、根が上に出てくることはまずありません。

続いて一昨年のMESAのスクレロ、ペディオを播いてみます。
売られる種の採種年月が表示されると良いですね。

>アイハルさん
毎年、来年は早くに種まきしよう、なんて思いながらついつい遅くなってしまうものですよね。今年は秋にメセンも蒔こうと思っているのですが、こちらも今くらいから準備しないと、播種の適期が短いので直ぐに過ぎてしまいます。
>masutusさん
北米難物サボは1割打者でも上出来ですよね。軽い覆土はうまくいきますか。以前、土をかけたら芽が出なかったことがあり、それ以来試していないのですが、そのときは覆土せずとも出なかっただけなのかも・・・根が這わないなら実に有効ですね。

覆土式は菊水、花籠以外で6年ほどやっていますが、問題ありません。
温度も上がり、土を軽々とはねて出てきます。
覆土がないと未発芽の種のためにカバーをし続けるので、発芽したものを移植しますが、覆土の場合はそのままで大丈夫です。 
また、カバーの隙間調整が不要で、過熱の心配がない、ずぼら物の発想です。

ハバスパイエンシスの写真を掲示板に貼らせていただきます。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる