今年も蒔くのか。


温室の中も外も花盛り。むせ返るような生気に溢れる季節になりましたが、
そんな今になって、過酷な冬を乗り越えられなかった植物たちがバタバタと倒れてゆきます。
正確に言えば、すでに息絶えていたことに、私が気づいていなかっただけですが、熱帯産の塊茎多肉など、
暖かくなっても動きがないことを不審に思ってよくよく観察すると芯から腐っているものなど多々。あ~あ。
凍害はいったいどこまで拡がるのか。これ、寒さは与件とは言え、栽培する植物を増やしすぎたために、
置き場所選びなど全ての鉢に細心の心配りが出来ていたとは言えないせいもあり、省みるべきところ大。
という舌の根も乾かぬうちから、また種まきの季節がやってて、さらに植物を増やそうとしている自分に呆れてます^^;。



IMG_2841S.jpg



私にしては例年より早く、種まきの準備をしました。
お馴染みの黒プラ角鉢に市販の種まき用土(野菜苗などの播種育成用で、ピートモス主体の配合用土もの)を入れ、
衣装ケースにならべただけです。とりあえずふたケース分で70種ほど蒔ける。たぶん今年もあちこちから買い入れた種は、
そのくらいにはなる筈です。やれやれ。去年入手したテープライターで、すでに名札も用意しました。
種まきは、ここまでの作業がタイヘンでいつも遅くなるのですが、これで連休頃には蒔く作業にかかれるはず。



IMG_3013bbS.jpg

IMG_3020S.jpg



いつも山採りの新しい種がリリースされるチェコの業者に、今年はあまりめぼしいものがなかったので、
このさき、種の入手が難しくなりそうな(栽培下での採種が難しい)種類を中心に発注しました。
おもなところだと、難物系で
*Sclerocactus nyensis SB1460 central Nye Co Nv
*Sclerocactus mesae-verdae RP111 Chimney Rock,'with hooks'
*Sclerocactus balainei 'schleseri' RP136, E Panaca brown sp
*Sclerocactus wrightiae SB1747,Emory Co Ut squat flat stems
*Sclerocactus parviflorus 'contortus' RP29,SanJuan Co Ut twisted sp etc...
ナイエンシス、この産地では十数年前、たくさんの開花株を見ましたが、その後何度か訪ねた折りには影も形もなし。
せめて栽培株だけでも代を継いでゆければと。月想曲(メザエベルダエ)のこの産地は珍しいカギ刺タイプとのことですが、
実はいままで蒔いたことがありません。自生地とおぼしき場所も訪ねましたが、ついに見られずでした。
シュレセリーのパナカ産はボヤっとして絶やしてしまったので、種からやりなおしです。
これらは、お馴染みのメサガーデンから。今年は注文殺到でさばきが大変だったようです。

また去年につづいてオプンチア系もいろいろ。今年もこれがメインかな?その一部をカタログ名で羅列。
興味のない方には文字化けみたいなもので申し訳ない。

*Opuntia 'quimilo' LARGE CLUSTERING STEM,orange till bright red flower
*Opuntia sulphurea 15 CM TILL 20 CM LONG VERY STRONG CURVED NICE SPINED FORM
*Nopalea cochenillifera PSCA50 growing nearly road,Texas USA,
*Opuntia erinacea v ursina Meadview,AZ, 20 cm sp, apricot fl
*Opuntia robusta DJF1535 Oscar Soto Maynes
*Opuntia viridiflora SB957 Santa Fe, NM, orange fl., RARE!
*Opuntia basilaris v brachyclada (No Locality data) etc...

まずはいわゆる団扇サボ(仙界的には、最駄モノ?)ですが、スルフレアは最近のISIJ誌の表紙にもなってて吃驚。
去年は10産地×10粒くらい蒔いたんですが、発芽はたったの2本でした。懲りずに今年もチャレンジ。
ノパレアはコチニール貝殻虫を発生させて染め物を試みるためです(ムリですな)。まぁ、しょうもないウチワの代表格。
姿も特に面白いもんでもない。テキサスの道端に生えていたと記されてるけど、移入株の子孫?なんでこんなの蒔くかね。
他もさらに一般的な北米団扇で、こやつら大きくなったらどこに置くんだい?なんて疑問は消しゴムで脳裡から消去。
また、これらよりはやや価値が高いと目されるゲンコツ型の南米ウチワでは、

*Maihueniopsis boliviana 、darwinii PLATYACANTHUS
*Maihueniopsis ovata (various localities)
*Maihueniopsis mandragora (Puna) NICE VERY FLAT CLUSTERING MOUNTAIN FORM
*Tephrocactus aoracanthus f.longspines JN55 (long hard spines 30cm),Pozuelos,Arg.
*Tephrocactus molinensis KFF1299 El Obelisco,ORANGE SPINED NICE FORM  etc...

ボリビアナやオヴァータは、去年に引き続き各産地タイプを蒔いてみる。発芽したらラッキーくらいの期待感。
マンドラゴラ去年はなかった?こいつは姿も花も魅力的なので是非とも育って欲しい。
30cm刺のアオラカンツスが実際に出現したら素晴らしいんですが、そのまえに芽が出てくれるかどうかが問題。
南米ウチワなども蒔くのは自分くらいかと思ってましたが、実はそうでもないようで、人気が出てきたみたい。

このほか、コピアポア(Copiapoa)の硬い系統のものや、去年につづいてレブチア系、目下5連敗中(たぶん)の
発芽困難種(Eriosyce umadeave)も性懲りなく蒔く予定。これはうちでは本当にまったく出ないです。
過去に2度ほど出たのは、育ててみたら違う種類でした。
他には夜の女王の仲間(Selenicereus)もいくつか取り寄せています。花を見られるのは何年先か・・・
などなど書き出してゆくとキリがないですが、並べるほどに私の天の邪鬼度合いが露呈するようで憚られます。

今度はちょっと画像を並べてみましょう。一昨年の春夏に蒔いた難物サボたちの2年後の姿です。
成長が遅い植物だから、先は長いね。気長にいこう。



IMG_1453SS.jpg
                 2years seedlings of Pediocactus&Sclerocactus
IMG_2019SS.jpg
                 Pediocactus simsonii ssp. nigrispina
IMG_1462SS.jpg
                 Sclerocactus mease-verdae VZD861 'tiny form'
IMG_2521SS.jpg
                 Echinomastus intertextus ssp.intertextus VZD695 Santa Gertrudis,Chih.                


最近は無精して、発芽直後の植え替えをしてやっていないので、各鉢をみると発芽状況がわかります。
少なくとも1種10粒以上は蒔いているので、歩留まり良くないことは明らか(ここにはないけど発芽ゼロの鉢も当然ある)。
2枚目のニグリスピナ(Pediocactus simsonii ssp. nigrispina)は一昨年の秋まきで、よく芽が出た方でした。
ちなみにこの種の実生苗が去年初開花しましたが、10年くらいかかっています。
3枚目は月想曲(Sclerocactus mease-verdae VZD861)の実生2年苗。very tiny form ということ触れ込みで、難物サボには珍しくチェコの人の種子です。
その下の桜丸(Echinomastus intertextus 'minimus'VZD695)は、刺がよく揃って色も冴えていて、
このくらいのサイズがいちばん綺麗かも知れません。若苗ならではの美しさを楽しめるのも実生の楽しみです。

続いては去年蒔いたもので今こんな感じ。これも蒔きっぱなし放置なので、成長はあまりはかばかしくない。



IMG_2538SS.jpg
                 1 year seedlings of Lobivia&rebutia
IMG_2526SS.jpg
                  Melocactus glaucescens HU219
IMG_2534SS.jpg
                  1 year seedlings of Heliocereus&Rhipsalis             


ロビビア、レブチア系は、いつもの角鉢より小さい播種バッドに蒔いたので、すでにギッチリになっています。
早く植え替えろ~と叫んでますが、飼い主は耳を塞いで次の子を育てようとしているのだから、何をかいわんや。
去年、探しものみっけ!と勇んで100粒も蒔いた青肌のメロ厳雲(Melocactus glaucescens HU219)も、
発芽率ほぼ100%でこんな状態。手に入らないときは激しく貴重に思えたのに、このサイズでは真偽も不明で
尋常メロにしか見えません。こちらも早く大きくしたいなら、とっとと植え替えてやらないといけませんな。
そして寒さに弱そうな熱帯ヒョロサボたち、ヘリオケレウス(Heliocereus)なども厳冬を生き延びました。



IMG_2597SS.jpg
                 Gymnocalycium denudatum GF332 S of Cacapava do Sul,Brazil
IMG_2532SS.jpg
                 Eriosyce napina ssp. tenebrica JA07 W of Domeyko                
IMG_2610SS.jpg 
                 Copiapoa Cinerea ssp. cinerea JA959 Taltal                 


さらにさらに、つやつや肌のギムノや、砂糖菓子みたいなエリオシケの実生苗、1歳足らずでも不敵な面構えのコピアポア・・・
と、こうして一年後の結果を検分するうちに、すっかり種蒔きモードになってきてしまいます。作業時間がとれる
休みが待ち遠しいですが、今しばらくはネット上で皆さんの種蒔き記録を拝見して楽しむことになりそうです。
最近は、いわゆる銘品系サボに留まらず、難物珍物駄物あれこれ蒔いておられる方も沢山いるので、
播種テクや育成法も進捗著しい。私もずいぶん勉強させてもらってます。






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

The season of sowing

Shabomaniac!さん、こんばんは。
私の所も毎年この時期に種まきをしています。
Yucca や Agave は少し前に蒔きましたので発芽してきた
ものもあります。
Cactusは今のところU.S.A.産ばかりを栽培していますので
買った種は15種類程度です。
大量には蒔きませんので難発芽種などでは、0といった事も
あります。
買った種の出身地の景色を思いながら、明日あたり蒔きたいなと
思ってます。
それから、種をゆっくり探す旅・・・・・いつかしたいですね!

何て言われようが。

タイトルを見てドキッ、自分自身呆れています。でも実生抜きにしたらうちにとって楽しみの半分以上は無くなったも同然、。小さい命が目覚める……(^^)、楽しいですよね。今年も難物系は既に播き終え、それ以外もそろそろ播こうかなっと思っています。

チェコの種でparviflorus v.? RS 2094 、?が気になりますがどんな顔になるんだろう?、その前にチェコのパルビ発芽するのか……、楽しみです。

Opuntia系以外の団扇サボに填まってます、発芽率も難物級。花はメジャー級以上に綺麗な種類が多いですね。でもうちには咲かすことが至難の業です。

発芽困難種(Eriosyce umadeave)、うちでは発芽してます。反対に月の童子は発芽率が悪い。所変われば発芽率も変わるんですね。

実生\(~o~)/

私は昨冬にかなりの実生苗をダメにしてしまい(寒さで?)、今年はサボテンはOpuntia basilarisしか蒔かなかったのですが、
触発されてしまってさきほどメサに発注かけてしまいましたよ。
Tephrocactus molinensisの実生苗もダメにしてしまったのでリトライしたい所です。
Eriosyce napina ssp. tenebricaの苗可愛いですね。

>置き場所選びなど・・・のくだり、私のことかと思いました。
それに続くフレーズも、大いに思い当たる節あり。
病膏盲とはこの事ですね。

l-marsh

わぁ~~~~!!!!
すごい数の実生鉢ですね~!

楽園ですね!
うぅ~~~ん、すっごい羨ましいです。
ハウスいいなぁ~。いいなぁ~。いいなぁ
~。(←うるさい)

私は今年は細々とロフォフォラと雪晃の種まきして我慢しています(--;

置き場所のお話、耳が痛いですw
狭い狭いベランダに置いてるので
もう場所を選べないので
遮光の強・弱をつけてあるのと通風の具合を変えるとかしかできず・・・。
せめてもの抗いでフレームの中で置く場所変えてみたりもしてますが、
何せハウスではない・・・。
自分が入れないので様子見もマメにできない
、(もはや自分がベランダに出るのすら困難な状況の為w)管理がおろそかに・・・。
我が家でもダメになってしまったコもいます。
私が実生して大きくしたわけでもないですが
、それでも好きで集めた子達なので
辛いです。。。
このサボちゃん実生したの誰だろう、、、とかそういうことも考えると
さらに痛い。


・・・それでもいろいろ欲しくて
ダメにしてしまってはまた買ってしまうのですが。

ところで、実生に使ってる黒い四角の鉢、
これはどちらで購入されているんですか?
置き場所、整理を考えると四角の鉢って
いいですよね。
良かったら教えてください。

皆さま業ですね~。無間地獄というか天国というか。Opuntia sulphurea 、あそこまで何年かかるでしょうかね。おととし買った種子とかもまだまけないのがたくさんあるので今年は買いませんでした。寝かせたほうが出るのもあるさと言い訳しながらやってます。

今年はいろいろ予定もあって種の輸入できませんでしたが、家にある種を本日播きました。家も栽培場所の問題は頭を痛める問題です。種蒔きは楽しいですね。

昨年末から順繰りに各ナーセリーへ注文したのですが、相変わらずチェコの某業者は忘れたころに届くし、スエーデンは何度も更新をかける反則技(!?)を使うし…。
で、いざタネ袋を並べると恐ろしい結果。 煩悩は尽きることがありません。

それにしても、発芽しないものは何度播いても発芽しないものですね。
環境でしょうか、苦手な種類が各人違っているのが面白い(…自分は悔しい)です。

いやー楽しそうです。
70種ですか、後先を考えていたら蒔けない数ですねw。

二年生のサボたちも色々あって、何かな何かなと楽しく拝見しています。
確かにこのくらいの実生苗たちって生き生きしていて見飽きません。
置き場所の問題もありますが、立派な大玉を育てる自信がない私には、Shabomaniac!が提唱される多種少数の実生に共感を覚えること大ですね。

夏実生用の小型フレームを作ろうかと思っていましたが、Shabomaniac!さんに倣って衣装ケースを活用することにします。
経験も規模も違いますが、後先考えずに蒔きましょうww。

連休も祝日の休みはないの植物も放置が続いてます。朝、蕾をながめて家を出る・・・無粋な仕事場で無人の花園に想いをはせる寂しさよ。

>Yuccaさん
たくさん蒔けば良いってもんじゃないのは百も承知なのですが、あれもこれもと増え、いつのまにか種の
在庫が膨らんでしまう・・・商売やったらぜったいうまくいかない性質です^^;。ユッカなども、実生から立派な標本育てたいですね。サボテン以上に時間がかかりそうですが。

>sileriさん
チェコ産パルビ、去年ひとパケ蒔きましたが、2本出ましたよ。一緒に買った白紅山は出ませんでしたが・・・。月の童子は、芽が出たあとはわりと丈夫ですが、うちでもあまり発芽してくれません。
E.umadeaveが出るのは、やっぱり気象条件の違いでしょうか?成長記録、期待してます^^。

>roka79さん
Opuntia basilarisは、ベストオブ北米団扇だと思います。青肌は刺がなくて映えるし(ほんとは微少な
チクチクが危険ですが)、花も実にゴージャスでよく咲く。うちでは実生5年くらいの5寸鉢植えくらい
から咲き始めています。自生地の姿も実にカッコいいサボテンですよね。

>queiitiさん
まさに病膏盲です^^;。今年も蒔くのか、という言葉のあとには「はぁ~」という自嘲気味なため息が
くっつきます^^;。でも、実生をやらなかったら、こんなにハマることもなかったな、とも。小さな種
から、これほど多様な姿が立ち現れてくる凄さ、毎年感動します。

>l-marshさん
ロフォも実生苗もとっても可愛いですよね。刺がないせいか、うちではよくナメゴンにやられちゃってますが。黒プラ鉢ですが、ひとつずつ独立してるのは山城愛仙園で売ってる「プラ角鉢」です。連なっているのは農業用の播種トレイで、ホムセンで。実生苗増えすぎてつくったハウスですが、家から2時間かかるので世話が出来るは月イチ+αくらいです。

>ふるんさん
もうイイ歳なので枯れてきても良いのですが、種まきの業だけは深まるばかりでホトホト困ってます^^;。Opuntia sulphurea 、とりあえず去年蒔いたのは現在高さ2cmです。でも、団扇は3年めくらいからメキメキ大きくなりますからね。ISIJ誌表紙みたいな、うねり刺のクローンだと嬉しいのですが。

>guritogureさん
いまの時期は種蒔きにはいちばん良いですね。昼間は暖まるし、夜温は適度に下がる。私は毎年時期を逃して梅雨期間中に蒔くことが多くて、うまくいかないことも多いです。今年はなんとか、今週末(日曜だけは休めそうなので)にトライしようと思っています。

>noriaさん
そうそう、タネ袋をまえに、名札をつくる作業の膨大さだけで挫折しそうになったりしますね。それから、マーフィーの法則じゃないですけど、発芽しにくいものほど、面白いサボテンだったり、育ててみたいサボテンである気がしませんか?それって私がないものねだりの性分だからなのかなぁ・・・。

>アイハルさん
海外からサボ種の小包が届くたびに、どんどん植物が増えていくことが、最近は家内にもバレてしまいました。最近は「また来てる!この先どうするの?」と怒られています。芽が出ない育たないの難物サボに傾倒しているのは、多少なりとも自己防衛本能が働いているおかげかもしれません^^;。


こんにちは,
連休前半に実生苗の移植が終わり,ホッとしました.
それにしても膨大な実生数ですね.これはとてもみんないしょくしてられませんねー.
いまさらですが,連休で時間があったのでブログいじりまして,リンク張らせていただきました.

鉢情報、ありがとうございました(^人^)

準備に3日ほどかかるので、仕事の区切りがつかないうちは播種の気分にならず、恥ずかしながら去年に続き今年も未だです。
みなさんに触発され、去年の丸残り種のラベルの準備に取り掛かろうと思います。
うちでは難物も7月でも案外発芽します。

>さぼちゃんだいすき さん
そうなんです、あまりに蒔きすぎて、いよいよどうにもならなくなりました。場所がなくなって田舎にハウスを造ったのまではいいものの、月イチ通いなので世話の方が追いつきません。これではサボがかわいそうなので、今後はもうちょっと計画的に蒔かないといけないな、と。
リンク、ありがとうございます。

>masutusさん
私は今日、ようやく今年第一弾の種まきを実行しました。途中で夕立が降ってくるも構わず続行、ずぶ濡れになりながら、なんとか今年の予定分の半分、終わりました。実はそのうちの半分くらいが去年からの持ち越し分ですが^^;。相変わらずウチワに難物サボと、芽が出ない種類ばっかりです。masutus名人の実生の結果、また教えて下さい。

>l-marsh さん
お役に立てれば幸いです^^。

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる