月の童子

Shabomaniac!という、同じ名前のホームページを長いことやっているのですが、
まとまった更新が出来ずに放置状態になっていました。
なので、ブログなら、脈絡なく散発的に書けそうという甘いもくろみで、はじめてみる次第・・・。



最初に何を書こうか、と思って、やっぱりこの植物からにしました。
「月の童子」 学名は Toumeya papyracantha


papy-flS.jpg


アメリカ南西部原産の小さなサボテンで、この写真がだいたい×3くらいのサイズです。
枯れ草のような痛くない刺のあいだから、春、溶けちゃいそうな白い花をたくさん咲かせます。
ですが、栽培が難しいと思われていることもあってサボテン屋さんではあまり売られていないし、
地味なので、品評会にも出ません。

私は子どもの頃、サボテン本でこの不思議な名前と姿を知ってから、いつか、会いに行ってやろうと思っていました。
それで、原産地のニューメキシコを訪ねたのが、10年ちょっと前のことです。


papy-belenhabitatS.jpg


ここが、「月の童子」の自生地です。

乾燥しているうえに、冬は氷点下10度以下まで冷え込む地域です。あたりにサボテンらしいものは、
ひとつも見あたりません。いったい、どこにあるんだろう?

教えてくれた人は、この茫漠とした草原に、散らばるように生えていると、言いました。
ただ、この見渡す範囲で数コロニーしかないだろう、とも。
ふつう、サボテンは岩山とか、崖とか、なにかしら探す手がかりのある場所に生えるのですが、
月の童子に限っては、そうではない。

この平原全体に、数個体から十数個体からなるコロニーが、いくつか散らばっている訳ですが、
東京ドーム10個分の面積を探しても、ない場所にはない、ということになります。
しかも、ありそうな場所、というのも特にない。
探すと言っても、なすすべない。

でもまあこの時は、同行の“先生”が「あのあたり、お探し」と指さしてくれたわけです。


papy2S.jpg


「月の童子」
むかしの人はいい名前つけます。

草丈20cmくらいの草原を、落としたコンタクトでも探すような感じで長い間歩き回って、
やっと出会えました。

ちょっと逆光で神々しい感じを演出して撮ってみました。
大きく見えますが、直径1cmくらいしかありません。雨の恵みのあとだったらしく、瑞々しく膨らんでいます。



papy1S.jpg


実際には、こんな感じで生えているわけです。枯れ草みたいな刺は、枯れ草に紛れるためのもので、というか、
枯れ草そのものにしか見えません。
しかも、必ずこうしたイネ科の草本の根方に生えてます。
よーく、よーく目を凝らさないと、というか、目を凝らしても判別できません。教えてもらわないと。
枯れ草と、月の童子の刺の区別がつきますか?

私の指がつまんでいるのは、果実です。このなかに、黒くてツヤツヤした丸い種子が詰まっています。


papy-cultjpgS.jpg

これは私のところの栽培株です。

種を蒔いてから10年ちょっと経っていますが、最初の5年くらいからあとは、大きさあまり変わりません。
なので植え替えもしていません。
冬場は、こんなふうに球体が縮んで刺が密になり、枯れ草っぽさが倍増します。
それがなんともいえず、良い味です。触っても痛くなくて、モシャモシャした感じ。

このサボテンは接ぎ木すると、間延びして雰囲気が台無しになります。成長期は3-5月のみ、と割り切って、
その期間も水は乾いたらやる程度で、あとの9か月は水をやらずに寝かせておけば、そう簡単には枯れません。
寒さにはやたら強いので、雨よけのあるベランダでも通年育てられると思います。


テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

新しいブログの創立を祝賀して、あなたの分かち合うことにも感謝します。

ブログ開設、おめでとうございます。
HPとあわせて、楽しみが増えました。ありがとうございます。
ブログでは、属別解説もされるとのこと。出来ますれば団扇サボテン全般について解説願えればと思います。
最近の分類ではテフロカクタスまでが、オプンチアに統合されているようなのですが、これは少々乱暴ではないかと思います.
遺伝子段階ではどうなっているのか判りませんが、産地と形態、特徴が違えばそれぞれが独立した属を構成して当たり前のような気がします。
栽培する時にも、またカタログで探すときにも余程便利ではないでしょうか。
Corynopuntia, Grusonia, Airampoa, Tunilla, Tacinga の各属が団扇に関係してるようですが、その関係などもお教え願えればと思います。

コメントありがとうございます。

>CCさん
開設早々、海外から見に来て下さる方がおられるとは、驚きです。
そういえば、某メサ園主が、いまは中国、台湾などいちばんお客さんが多いよ、と話していたのを思い出しました。こんごとも宜しく。
>queiitiさん
ブログは初心者なので、いろいろお教え下さい。
オプンチアの仲間は、分類も込み入ってて諸説ありますし、なかなか難しいですね。私も文献知識のみの種類が大半ですが、頑張ってみます。
私は団扇類もですが、「木の葉サボテン類」にも惹かれるんですが、種も苗も入手がじつに難しいです。

月の童子、ステキですね

はじめまして、こんばんは^^。

サボ暦も、ブログ暦も初心者で、何もわかってない私がコメントするのは恐縮なんですが.......。

月の童子の写真を見て、自生してる場所に行って見たいです。

モシャモシャの草の様なトゲが、すごくいいです^^。
自然の中にはえているのを見つけたときはその風景に感動するというか、これはサボに限らず他の植物も、同じだと思いますが....。
愛しさを感じます~。

かわいいです!!モシャモシャ!ナチュラルな感じがすきです。

コメントありがとうございます。こちらも始めたばっかりですが、励みになります。どんな植物でも、もともとの自生地で見る姿は素敵です。サボテンや多肉は、どちらかといえば原種そのままの姿を楽しむ園芸ですが、それぞれの姿に、ふるさとの環境を生き抜くためにその姿になったんだなぁ、というストーリーがあります。自生地を訪ねられなくても、鉢のなかにちょこんと座っている姿の背景に、アンデスの高原沙漠や南アフリカのお花畑なんかを想像して楽しんでいます。

カッコイイ

はじめまして。サボテン愛好2年目です。
自分の持ってるサボテンの特徴や育て方を検索してるといつもこのブログにたどり着きます。
そんなチョイチョイな読み方をしてきたのでこの一番最初の日記を今日初めて読みました。
逆光の写真、かっこいいです。
その生き方というかわが道を行く姿がいいと思いました。

斑鳩を検索して知った月の童子 こういう所でも一期一会を感じます。ありがとうございました。

No title

私が最近多肉界に感じる変化は実生の話を聞かなくなったことです
お年寄りはしょうがないとしても若者が実生しないのは犯罪です
若者なら実生してもまだ人生があるから生きてるうちに標本株ができるのに
珍奇植物ブームのせいで山取りや輸入転売の完成株を買って終わる人ばかりです
なぜ次世代へ繋ごうと思わないのか 若者が消費的なのが問題です
若者はなにもないんだからどんどん生んでいかなきゃならないのに

No title

古い記事を読んでいただき、コメントまでいただき感謝です。

>じゅんちゃさん
私はとにかくなんでもかんでも、サボテン多肉以外まで手を出すような興味散漫な性格なので、それゆえ、色々な植物の育て方にくわしくなりました。もちろん答えられないこともあると思いますが、わかる範囲でなんでも解説したいと思っています。自生地の月の童子はかなり素敵でした。また何でもお尋ねください。

>レトロスペクティブさん
そうですね。とくに多肉に関しては、輸入山木をカッコいい鉢にうえて、そのままリビングに飾る、みたいな植物には気の毒なパターンも増えていそうですね。サボテンも多肉も成長が遅くて先の長い道楽なので、若い人ほど、実生してもらいたいと思いますね。


はじめまして

はじめまして。インスタグラムかこちらに見に来ました。色々な植物とそれを育てている背景、実生のことなど、読んでいて勉強になる内容ばかりで最初から順を追って読んでいこうと思いました。
よろしくお願いいたします。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる