FC2ブログ

赤い花のパキプスとその血脈。

   

 resize1182_20200621211235ede.jpg
   Operculicarya pachypus (mother and son)




 世がパキパキ時代などと呼ばれるよりだいぶ昔、私のところ来た何本かのパキプス。いまも残る3本のうち1本は雌木で、毎年赤い実をつけます。残る2本が雄木。そして、上の写真、右側の木は山採りではなく私が播種育成したもの。左がその母木です。去年、このブログでも紹介しました。
 そして今年、この子どもの方の木が初めて開花しました。実生のオペルが咲いただけで十分嬉しいのですが、それに加えてちょっと驚いたことがあったのです。




resize1190.jpg
   Flower of the right side plant, odd red flower for the species.




 あれ?と思った方、結構いると思います。これはデカリーの花なんじゃないか?そう、パキプスの花は黄緑色、デカリーの花はえび茶、と色々な本にも書いてありますね。私も赤花のパキプスは見たことがない。ともかくこの花は、かなりデカリー寄りの色に見えます。一方で、植物本体の感じは、丈低い樹形とボコボコした幹肌、ジグザグの枝ぶりと、典型的なパキプスのよう。ここでは、仮に「赤花パキプス」、と呼んでおきましょう。ちなみにこれは雄花ですね。




resize1192.jpg
   right side plant is a typical O.decaryi, red flowered Oper.




 「赤花パキプス」を、同じくらいの樹齢の典型的なデカリーと並べてみたのが上の写真。比べるとかなり違いがあります。デカリーの方は幹もすんなりして棒状で、枝もわりとまっすぐ。葉の色艶もかなり異なります。いま、デカリーとして流通しているのは、だいだいこんな株ですよね。デカリーはこういう木だと思っているから、問題の「赤花パキプス」も、これまではパキプスそのものだと思っていました。




resize1185.jpg
    Flowers of mother plant, typical yellow flower for O.pachypus




 上の写真は赤花パキの母株の花です。パキプスらしい典型的な黄花。雌花なので、子房がありますね。一方で父木も、母木より前に入手した山木で、名前も見た目もパキプスでした。花色も黄緑だったように思います。色が異なれば記憶に残りますよね。ただ既に手放してしまったので、確かめられない。もし記憶が正しければ、パキプスに一定程度花色違いが出現するのか。そうでなければ、赤花のコロニーやデカリーとの中間的なコロニーがあるのか、という考えに行き着きます。いずれにせよ、父木の方は只者ではないパキプスだったのではないかと。




resize1195.jpg
   uncle on the paternal side of 'red flowerred pachypus',it may be an intermediate form between pachypus and decaryi.




 赤花パキの父木はもうありませんが、実はその兄弟が押し入れのなかに眠っていました。同じ時に同じ便で入手したもので、発根しないで枯れた木を、あまりに惜しくてとっておいたのです。それが上の写真。カラカラに干からびて痩せていることを割り引いても、典型的なパキプスより少しスリムに見えます。一方で、幹のボコボコ感は、いま入ってくるパキプスの平均よりも激しいくらい。枝もかなりジグザグしています。パキプスで入荷した株ですが、いま入ってくるパキたちとはちょっと違って、デカリー寄りの個性も感じませんか。
 我が家の実生「赤花パキプス」には、この株と同じ血が流れている可能性があります。




resize1179.jpg




 そこで思い至ったのが、当時までのオペルをめぐる環境です。実は、昭和の頃に入ったオペルクリカリアは、ほぼ一様にデカリーと呼ばれていました。それもそのはずで、パキプスという名前がEggli氏によって正式に記載されたのは1995年のこと。しかし、それ以前に今で言うパキプス型の植物が見つかっていなかったかというと、そうではない。パキプスの基準標本自体は1995年よりずっと前に採取されたものだし、昭和のカタログにもパキプスそのものの写真がデカリーの名前で載っていました。デカリーの名はPerrier氏によって1944年には記載されているのです。つまり、パキプスはかつてデカリーに含まれ、その一型だったと言うことになります。そして両者の間には中間的なタイプがあることも想像されます。




resize1186.jpg

resize1181_202006212126584f3.jpg




 推論をさらに進めると、やはり、我が家の「赤花パキプス」の父親は、最近あまり見かけないデカリー寄りのパキプスだったのではないかと思えてきます。あるいはパキプス寄りのデカリーと言ってもよいかも知れません(もちろん、単にパキプスの実生から出た花色違いかも知れませんが)。近年大量に入っているパキプスのなかに、赤花の個体があるのかないのか、わかりません。うちで枯れ木になっている株のような、中間的な顔つきの個体もあまり見かけない気がします。もっとも、自生地にはスリムなパキプスも沢山あって、太いのを選んで輸入してるんだ、という話も聞いたことがありますが。
 実は、わが家でも、父木母木の組み合わせが、これと同じ株は他にありません。最近、パキプスを沢山蒔いていますが、父も母も太胴で典型的な黄花のパキプスなので、大きくなってもこれと同じ赤い花を咲かせて驚かせてくれることはなさそうです。たった1本だけ、赤花の血をひいた実生のパキプス。そう思うと愛着もひとしおです。今年はプラ鉢から、ちょっと良い鉢に植え替えて、じっくり眺めてやろうと思います。






















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる