FC2ブログ

秋の芽吹き。

  
この季節に、萌芽を楽しめるのは、秋冬型植物が沢山ある多肉園芸ならでは。
メセンも、球根も、オトンナやチレコドンも、その多くが秋に萌え、冬から春まで栽培場を彩ってくれます。ことしの関東は雨降りが続く一方で、気温があまり下がらなかったからか、動きだしは例年より遅い。つい先日まで枯れ野にしかみえなかった棚で、ぼちぼち芽吹きがはじまっています。




resize6312.jpg

resize6313.jpg
   Tylecodon wallichii



チレコドン・ワリチー(Tylecodon wallichii 奇峰錦)。
この属を代表する魅力的な種で、まっすぐ上に伸びる主幹には、葉の脱落した痕が突起状に残り奇観を呈します。輸入個体を見ることが多いですが、この株は実生苗で、種からまだ3年(4年目)。肌色のブルーも美しく、山木と遜色ありません。寒さにも強く、秋から春まで、日光によくあてて、適度に灌水すれば、10年待たずに良標本が得られそうです。




resize6300.jpg

resize6299.jpg
   Tylecodon leucothrix



チレコ・レウコスリクス(Tylecodon leucothrix)。
こちらはややマイナーな小型種で、丈低く灌木状に育ちます。特色は微毛に覆われた葉。とくに、萌芽したばかりのときはとても美しくて、この植物を手元で眺められる幸福を感じます。これも種子から育てた株で、最初3年くらいは地下が塊茎状に肥大し、そのあと茎が立ち上がってくるようです。強い日射で管理して、なるべく低く育てたいですね。




resize6305.jpg

resize6304.jpg
   Pelargonium caroli-henrici



カロリヘンリキ(Pelargonium caroli-henrici)。
最近ペラルゴの人気種になっていますね。去年の枯葉の中から、フキノトウみたいに新葉が出てきました。比較的新しい種ですが、ひところ種子がかなり出回ったし、実生でよく育つので、普及はすぐに進むでしょう。もちろん、普及に値する魅力ある植物です。整った形のロゼットは、白毛に包まれたようで、大変美しい。前年迄の枯れた葉が重なり残っている風情も悪くない。地下に円筒状の塊茎(塊根)が生じます。これで実生5年生くらい。春に咲く花もとても可愛らしく綺麗です。




resize6308.jpg

resize6309.jpg
   Pelargonium appendiculatum



アペンディクラツム(Pelargonium appendiculatum)。
微毛に包まれた葉が美しいペラルゴニウム。前述のカロリヘンリキと似ていますが、さらに大型にわさわさと葉を展開します。このくらいのサイズ(実生5年)のうちは塊根は地中ですが、大きくなると分岐して地上にも露出するようになります。そうなると、コーデックスとしても大変魅力的な姿になるので、そこまでしっかり育ててやりたいと思っています。










テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる