FC2ブログ

メセン色づく


 resize5414.jpg
    some are turning red in early spring
 


 早春のころ、多肉植物温室では、メセンたちの紅葉が始まります。まだ、外を歩くにはコートが必要な季節でも、晴れた日のガラス室のなかは、汗ばむくらい暖かくなって、すっかり春です。アフリカ南西部原産の多肉植物は、その多くが秋から春にかけての季節に動く。なかでもコノフィツム(Conophytum)属に代表されるメセン類(Aizoaceae)は、夏に休み、冬に動くという、明確な成長-休眠サイクルを示すものが大半です。秋口から元気に開花、成長してきたコノフィツムは、日に日に強くなる陽射しを敏感に感じ取って休眠の準備を始めます。




resize5417.jpg
     Conophytum burgeri and Conohtyum moughanii   



 その変化を顕著に示すのが、色彩。マウガニー、ラツム、ブルゲリなどの透明窓系のコノフィツムの中には、成長期の終盤に紅葉するものがあります。これらの種でも、成長期の初めに旧皮の下から出てきた新球は、ほぼすべて瑞々しいグリーン。マウガニーなどの一部は、秋のうちから肌を赤く染めるものもありますが、多くは年明け、陽射しが強くなってきてから色づきはじめます。




resize5380.jpg
     Conohtyum moughanii 'Witsand'
resize5376.jpg
     Conohtyum moughanii ssp..armeniacum 'Augrabies'



 もっとも赤色が強く出やすいのがマウガニーです。産地ごとに色づき方が異るので、そこもコレクションでは面白いところ。写真上の透明感ある赤は、古くから有名なWitsand産。これは、次第に赤くなっていくタイプ。Harras産のアルメニアクム型(C.maughanii ssp.armeniacum)は、脱皮して陽射しを浴びるとすぐに赤くなりますが、典型的なアルメニアクムは、Harrasよりもてっぺんがつぶれた形に育ち、写真のAugrabies産タイプのように、濁ったオレンジ色に染まるものが多い。ラツム型(C.maughanii ssp.latum)にも、真っ赤に染まるタイプがあります。かつては、赤くなるマウガニーが大雑把にルフェスケンス(rufescens)と呼ばれていましたが、実際にその名で流通している株は色合いもまちまちで、産地も定かでないことが多いです。




resize5392.jpg

resize5402.jpg
     Conohtyum moughanii 'Eksteenfontein'



 変わっているのは、このEksteenfontein産で、種をまくと、赤い個体と緑の個体が半々くらいで出現します。中間の色は出ません。自生地にも、赤と緑が交じって生えているそうです。この産地の赤は、Harras産に匹敵する濃赤色で、脱皮直後から色づくので、とても美しいものです。さらに、春先のこの時期にはブドウのような赤紫色に熟して、およそ生きている、これから先も生き続ける植物とは思えない色彩を呈します。




resize5361.jpg

resize5371.jpg
     Conophytum burgeri



 マウガニー以外で、強く色づくのはブルゲリ(Conophytum burgeri)です。産地がそもそも一か所しかなく、色づきの個体差もあまりありません。春先にはだいたい赤くなります。ただし、野生下同様に乾いた旧皮をそのままにしていると、うっすらと色づく程度で、これをツルツルに剥いてよく陽に当てると、かなり色濃く染まります。しかし、ブルゲリと同じボディの形でもハメリ(C.hammeri)は真っ赤になることはなく、だいたいグリーンのままです。一方で、同じく近縁のRラツム(C.rartum・・・C.maughanii ssp.latumとは別種)も、よく陽に当てると休眠間際には赤くなります。




resize5364.jpg
     Conohtyum moughanii 'Smorenskadu'
resize5411.jpg




 いったい彼ら、彼女らは、なぜ赤く色づくのか。明確な理由はわかっていません。メセン類やサボテン科など、ナデシコ目の多くの植物は、ベタレイン色素を合成します。これは野菜のビートの赤と同じ色素です。おそらく、ブルゲリやマウガニーの赤も、このベタレインによって染まったものと思われます。しかし、多くの植物に含まれるアントシアニン系の色素に比べて研究実績も少ないようで、ベタレイン色素が、コノフィツムにとって、どういった生理機能を有するのかは、定かではないようです。先に紹介した、Eksteenfontein産の個体群のように、緑と赤が半々で交じって生えている例をみると、環境適応における決定的要素ではないとも考えられます。一方で、生育期の終盤に色素が濃くなること、強い日光にあてることで合成が促進されることなどから、紫外線から細胞を保護する、とくに植物体内で形成される新葉を守るなど、一定の役割があることも想像できます。
 理屈はともかく、メセンたちが紅葉すると、栽培棚は秋の開花期と同じくらい、とても華やかになります。梅が咲き、桜がほころび、日本の野山に春に彩られるころ、コノフィツムたちは、その身を赤く染めながら、眠りにつくのです。また秋まで、ゆっくりお休み。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる